雨漏りのトラブルに年中無休で対応!世田谷世田谷 雨漏り&外壁塗装 リフォーム隊

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

雨漏りの自分でできる補修方法を教えて

雨漏りしてる!自分でできる補修方法を教えて!

雨漏りは放置せずになるべく早く補修しなければいけません。業者に修理を頼むと仕上がりもきれいで楽ですが、費用がかかるうえにすぐに修理してもらえない可能性があります。

また、急な雨漏りには応急処置も必要です。自分でできる補修方法を知りたいけれど、まるで検討もつかないという人が多いのではないでしょうか。

雨漏りの原因となりやすい場所と、誰でもできる簡単な補修方法をお伝えします。

屋根からの雨漏りしている場合の補修方法

屋根からの雨漏りを応急処置するには、ブルーシートを被せてとりあえず水が入り込まないように守ります。
後日、雨があがり屋根に上っても危険でないときに屋根の状態をチェックしましょう。このとき、瓦やスレートの状態だけでなく、雨どいも必ず調べます。雨どいに枯れ葉が積もったり鳥が巣を作ったりしたことにより、雨水が流れなくなってあふれた水が雨漏りの原因になっていることがあるためです。雨どいの掃除だけで雨漏りが解決すればとても楽です。

雨漏りは屋根のどこかにできた隙間から発生しています。屋根の補修の基本は隙間を消していくことです。隙間を発見したらとにかく隙間を埋めていきましょう。隙間を埋めるには、防水補修シートや防水テープ、パテ、シーリング剤などを使います。それぞれ屋根の素材によって使える・使えないがあるため、材料を買う時には注意書きをよく読むようにしましょう。

どの補修材を使うときもそうですが、貼り付ける面の汚れを雑巾やハケで取り除き、きれいにしてから貼り合わせます。こうしないとすぐに補修材がはがれてしまうので、ひと手間を惜しまないことが大切です。

また、屋根の補修は高い場所に上らなくてはいけないため危険です。命綱をつけてヘルメットをかぶる、足袋や滑りにくい素材のシューズを履いて足元が滑らないように注意をするなど、事故を避ける工夫をしましょう。

外壁から雨漏りしている場合の補修方法

外壁から雨漏りがしている場合、まだ新しい住宅であれば施工不良の可能性があります。ブルーシートやタオルで応急処置したのち、施工業者へ連絡をしましょう。施工から10年以内は瑕疵保証制度が適用されるため、無償で雨漏り修理をしてもらえます。

古い住宅の場合は経年劣化により、外壁に隙間が出来て雨漏りしているケースがほとんどです。外壁をくまなくチェックし、シーリング部の剥がれ・割れ、外壁のひび割れを探しましょう。原因となっている箇所を見付けたらシーリングで隙間を埋め補修します。

補修する前の作業として、古いシーリングをカッターとペンチで剥がします。シーリングはできるだけ丁寧にそぎ落としたほうが、新たにシーリングを施した箇所が長持ちします。シーリングを剥がしたあとは雑巾やハケできれいに掃除し、下地剤を塗ります。
下地は塗らなくても良いのですが、塗ったほうが補修した箇所が長持ちします。できるだけ下地も使用し、丁寧に作業を行いましょう。

下地を塗った後はシーリング剤で隙間を埋めていきます。仕上がりをきれいにしたい場合はマスキングテープの使用をおすすめします。

外壁のひび割れも、シーリング剤で補修できます。シーリング材にはさまざまな種類があり、使用できる材質・できない材質がありますので、購入する際は外壁の素材に合ったシーリング材を選びましょう。

原因がわからない雨漏りは、外壁からの可能性大!

雨漏りしているのは確かだけれど、いったいどこから雨が入ってくるのかわからないという場合もあります。雨漏りの原因がわからなければ補修することもできません。

雨漏りは屋根からだと思ってしまいがちですが、屋根をしっかりチェックしても雨漏りの原因が見当たらない場合、外壁から雨漏りしている可能性があります。

外壁から雨漏りをする例はとても多く、公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターの「住宅相談と紛争処理の状況CHORD REPORT2011」によれば、一戸建て住宅で相談件数が多い内容の第3位が外壁からの雨漏りです。

外壁をチェックしヒビやシーリングの割れなどが発見できれば良いのですが、そういった原因も見つからない場合は、防水効果がある塗装で外壁全体を塗ってしまうのがおすすめです。普通の塗料ではなく、必ず防水効果がある塗料を選んで補修してください。

ちなみに塗料には透明のものと色がついているものがありますが、色が変わっても問題なければ、防水効果のある弾性塗料を使うのがおすすめです。弾性塗料は防水効果があるだけでなく、普通の塗料と比べて伸びるため、ヒビをしっかりとカバーしやすいという特徴があります。目視では気づかなかったヒビも塗料で埋めることができる可能性が高くなるのです。ただし弾性塗料はサイディングボードには使えません。外壁の素材を確認したうえで、塗料を選びましょう。

雨漏りには火災保険が適用できる場合もある

雨漏りをしっかりと補修したいけれど、費用が捻出(ねんしゅつ)できないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。雨漏りの補修を業者に頼むと、屋根に上って作業をするために足場を組んだりしなくてはいけないため、人件費、補修代金のほかに足場代もかかり、かなりの予算が必要です。

金額がネックになって雨漏りの補修をためらっている人にお伝えしたいのが、火災保険の特約です。万が一の場合に備えてほとんどの家庭で加入している火災保険には、複数の特約がついています。多くの保険では、その特約の中に「風災で受けた被害の補償」があります。

これは、台風や強風などにより住宅が破損した場合、その補修にかかる金額が保証されるという内容です。台風や強風で屋根や壁がダメージを受け、そのダメージが原因で雨漏りをした場合の修理にも、この特約は適用されます。

そもそも屋根をマメにチェックしている人は稀ですから、屋根がダメージを受けていたとしても、それが台風などの災害によるものなのかどうかわからないというケースがほとんどです。しかし毎年たくさんの台風が上陸している日本の住宅は、年間に何度も強風にあおられています。また、飛来物が飛んできて屋根や壁にぶつかっている可能性もあるのです。
最初から「我が家の雨漏りは台風とは無関係だ」とあきらめてしまわずに、まずは保険会社に雨漏り修理に保険を適用させたい旨を申し出てみましょう。

雨漏りの原因が風災によるものかどうかは、専門の鑑定士がチェックして判断します。風災が原因だとわかれば補修費用を保険でまかなうことが可能です。雨漏りに悩んでいる人には、ぜひ保険の特約を使えるかどうか、確認することをおすすめします。

屋根・壁を見て原因が特定できないならプロに依頼しよう

雨漏りの補修の基本は、すべての隙間をパテやシーリング材を用いて埋め、水が入り込む余地を消すことです。しかし屋根や壁を調べてみてもめぼしい隙間が見つからないなど、原因がわからないケースもあります。

原因がわからない雨漏りは壁から発生していることが多く、その場合の対策として外壁全体に防水効果のある塗装を施すと効果的です。しかし自分で塗装をしようとすると手間と時間がかかるうえ、とても大変です。またきれいに仕上がらなかった場合、家の印象自体が悪くなります。

もし屋根や壁を調べても原因が特定できない場合は、プロに雨漏りの調査を依頼しましょう。経験を積んだプロなら、目視でも素人には見つけられない雨漏りの原因に気づきますし、特殊な機器やアイテムを使った雨漏りの調査を行い、高い精度で原因を特定することも可能です。雨漏りの補修費は保険で支払えるケースもあります。雨漏りは放置せず、早めに補修を行い、家を守りましょう。

Q&A一覧

「雨漏り」に関するQ&A

HOME

24時間スピード対応! 見積・相談無料

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせフォーム

~Q&A~

「雨漏り」に関するQ&A

Q&Aの一覧を見る