雨漏りのトラブルに年中無休で対応!世田谷世田谷 雨漏り&外壁塗装 リフォーム隊

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

雨漏りで電気がつかなくなる?

雨漏りで電気がつかなくなる?!雨漏りが原因の電気トラブル

雨漏りが引き起こす被害はとてもたくさんあります。天井や床から水が垂れ、家具などを濡らすだけではありません。家を支える木材を腐らせたり、シロアリを呼び寄せたりという被害の他、電気系統のトラブルが起こることもあります。

電気系統のトラブルは、住民である私達が不便で不愉快に感じるだけでなく、場合によっては大きな事故や災害につながる恐れがあり、とても危険です。トラブルを避けるためにも、雨漏りと電気トラブルの関係や注意すべきことを知っておきましょう。

雨漏り被害は水漏れだけにあらず!電気系統トラブルが起きることも

「雨漏りはしていないけれど、雨が降るとブレーカーが落ちることがある」という経験はありませんか?これは、自分で気づいていないだけで、見えない場所で雨漏りが発生している恐れがあります。
ブレーカーが落ちるというのは、契約している量よりも多く電気を使いすぎた場合と、電気が漏れている(漏電)場合です。電気を使いすぎるとブレーカーが落ちることは知っていたという人でも、漏電でブレーカーが落ちるというのは初耳かもしれません。

ブレーカーの中でも比較的新しいものには、漏電ブレーカーという機能が付いています。これは漏電が起きたとき自動的に電気を遮断する機能です。そのため「電気を使いすぎているわけではないのに、急にブレーカーが落ちて停電した」という場合、漏電ブレーカーが漏電を察知してたために停電した可能性があります。とくに雨が降るとブレーカーが落ちるという場合は、雨により家のどこかで雨漏りが発生し、雨漏りが原因で漏電している可能性が高いのです。

水は電気を通しやすい性質があり、電化製品や電気のコード、配線に水分はご法度です。ところが雨漏りで気づかないうちに電化製品やコードが濡れている場合、濡れている部分から電気が漏れている可能性があります。また電気のコードは見える部分だけでなく、壁の中も通っています。コードが老朽化して表面の絶縁体が傷ついたり破れたりし、そこに雨漏りしてきた水がかかると、コードから漏電してしまう可能性もあるのです。

この場合、雨漏りも漏電箇所も見えないところで起きているため、気づくことが難しく「漏電ブレーカーが落ちるけれど、原因が分からない」ということになりがちです。いずれにせよ、雨が降るとブレーカーが落ちるという場合は、どこかで起きている雨漏りと漏電箇所を見付けなくてはいけません。

上記のようなケースでなければ、漏電してブレーカーが落ちても、ある程度は自分で漏電している箇所を特定することができます。
電源ブレーカーにはいくつものスイッチが付いています。いちばん大きなスイッチがアンペアブレーカー、その隣か下にある次に大きなスイッチが漏電ブレーカーです。そのほか、小さなスイッチがたくさんありますが、これが電気を家の中の各配線に分岐している分岐ブレーカーです。漏電ブレーカーが落ちたときは、すべてのスイッチを切り、漏電ブレーカーのスイッチを入れます。次に分岐ブレーカーのスイッチをひとつずつ入れていくことで、家の中のどの電気の配線から電気が漏れている(トラブルが生じているか)を探すことができます。漏電が起きている箇所の分岐ブレーカーを上げたときに漏電ブレーカーが落ちるので、漏電箇所を探しやすくなります。
漏電すると使っている以上に電気が流れているため、電気代が高くなります。漏電ブレーカーは落ちないけれど電気の使用量が高すぎる気がするという場合や、エアコンを使わない春や秋も電気代の請求額が高いという場合は漏電の可能性があります。早めに調査しましょう。

照明器具からの雨漏りに要注意!

雨漏りは家中の至るところで発生する可能性があります。照明器具から雨漏りするというケースも珍しくありません。
天井には照明器具を付けるための配線があり、配線を通すための穴が開けられています。天井自体は平らなので雨漏りした水が天井板の上に広がり、照明器具の穴から流れ出た結果、照明器具から雨漏りしてしまうのです。そのため、照明器具から水が滴っていても原因が照明器具の真上にあるとは限らず、屋根全体を調べる必要があります。

照明器具から雨漏りしている場合、照明器具の中にも雨水がたまっている可能性があります。ブレーカーを落としてから照明器具を外し、中を点検しましょう。照明器具の中に水が溜まっていると、そこから漏電する恐れもあります。雨漏りしている照明器具に触れる場合は、感電を防ぐためにも必ずブレーカーを落としてから照明器具に触るようにしてください。

雨漏りの中でも、上から水が滴ってくる雨漏りは重症の部類に入ります。雨漏りはいきなり水が落ちてくることはなく、隙間から入り込んだ水が家の木材や断熱材を濡らし、それでも吸収しきれなくなった水分が落ちています。天井から水が起きてくる雨漏りでは見えない部分も広範囲にわたり濡れている可能性が高く、場合によっては木材が腐食している可能性もあります。早めに業者に雨漏りの調査と修理を依頼することをおすすめします。

雨漏り放置、電気系統のトラブルだけでなく二次災害の恐れが!

雨漏りが引き起こす電気系統のトラブルで一番怖いのは、漏電による二次災害です。通常、家電製品にはアース線が付いていて、漏電するとアース線をたどって電気を地中に流すようになっています。しかしアース線が付いていない部分で漏電すると、地面に電気を逃がすことができません。雨漏りで漏電すると、水を伝って流れた電気が家の金属部分に伝うことがあり、気づかず金属部分に触れると感電してしまいます。静電気のようにピリッとするくらいなら良いのですが、強い電流が流れていると、激しい痛みを感じて動けなくなります。また、ショックが強いと死に至ることもあり大変危険です。

さらに、漏電は火災を引き起こすこともあります。火災の被害は自宅だけにとどまらず、近隣を巻き込む大災害につながるおそれがあることにも注意が必要です。さらに家が燃えるだけでなく、怪我や死亡事故にもつながりやすいため、もっとも避けたい二次災害だといえます。「うちには漏電ブレーカーがついているから大丈夫」だと安心するのは早計です。ブレーカー自体が雨漏りで水に濡れ、サビや腐食などにより故障することもあるのです。

雨漏りしている、もしくは雨漏りしている可能性がある場合、二次災害を起こす前に早めの対処が必要です。特に雨の日に停電が起きたら雨漏りを疑い、家じゅうを調べることをおおすめします。

雨漏りは電気トラブルの原因になる!早めの修理が必要

雨漏りは家を傷めて資産価値を下げるだけでなく、電気系統のトラブルを引き起こす原因にもなります。雨が降るとブレーカーが落ちるという場合、雨漏りが原因で漏電している可能性があります。漏電していると電気代が高くなるだけでなく、感電事故や火災などの二次災害を引き起こす可能性がありとても危険です。

また、照明器具を伝って雨漏りしている状態は天井板の上全体に雨水が広がっている可能性があります。天井や屋根の木材部分が腐食している恐れがあるため、早めに業者に修理を依頼しましょう。木材が濡れている状態のまま放置すると、シロアリを呼ぶ材料になります。雨漏りだけでなく、柱の内側からシロアリに食い尽くされ、家が倒壊する恐れもあるので、早め早めの対処が必要です。

Q&A一覧

「雨漏り」に関するQ&A

HOME

24時間スピード対応! 見積・相談無料

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせフォーム

~Q&A~

「雨漏り」に関するQ&A

Q&Aの一覧を見る