雨漏りのトラブルに年中無休で対応!世田谷世田谷 雨漏り&外壁塗装 リフォーム隊

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

雨漏りは自分で修理できる?

雨漏りは自分で修理できる?基本的修理方法と用意するものリスト

雨漏りしているけれど、業者を呼ぶ時間がない、費用を節約したいなどの悩みがある場合、自分で修理できればそれらの問題を解決できます。しかし雨漏り修理となると、多くの人がどのように修理すれば良いかイメージできないかもしれません。そもそも自分で修理できるのだろうかという疑問を感じる人も多いのではないでしょうか。

自分で修理する際の基本的な方法と、修理に必要なものをお伝えします。あわせて、自分で修理するメリットやデメリットも考えてみましょう。

雨漏りを自分で修理しよう!チェックすべき箇所はここ!

雨漏りを自分で修理する前にしなくてはいけないのが、雨漏りの原因特定です。原因を明確にせず「ここだろう」という予測だけで修理を行うと、修理をしたのに雨漏りが止まらない、今度は違うところから雨漏りしてきたなどの結果に陥ります。せっかく修理をしても、時間と手間と材料を無駄にするだけで終わってしまう可能性が高いのです。

雨漏りの主な原因は屋根や壁の隙間から雨水が入り込むことです。屋根に上る、壁をくまなくチェックするなどして、ヒビなどの隙間ができていないかを探しましょう。

屋根のチェックポイント

屋根はスレートや瓦などさまざまな素材があります。スレートならヒビや割れがないか、棟板金(※)に浮きが出ていないかを確かめましょう。
瓦屋根の場合は、強風や地震で瓦が割れていたりずれていたりしないかという確認が必要です。また、棟瓦にズレがないかも見ておきましょう。瓦自体は大丈夫でも、漆喰(しっくい)が剥がれてボロボロになっているというケースがあります。漆喰の様子もチェックしておきましょう。

壁のチェックポイント

壁の場合も、隙間やヒビがないかを詳しく調べます。特に外壁の建材を繋ぎ合わせているシーリング部分は時間が経つと劣化してヒビや割れが発生します。シーリングのヒビから雨水が入り込むことがあるので、継ぎ目はくまなく確認しましょう。
外壁塗装をしてから10年ほど経過している場合、塗装が劣化してヒビが入ることがあります。外壁塗装には防水効果がありますが、古くなるとその効果が失われ、さらにヒビから雨水が入り込んで壁から雨漏りすることが少なくありません。外壁塗装のツヤや失われている、触ると粉っぽくなっているという場合、全体が劣化しているのでどこかにヒビが入っている可能性があります。丁寧に観察してヒビや塗装の浮き、剥がれを見つけましょう。

その他のチェックポイント

雨漏りは屋根や壁の劣化やダメージだけで起こるわけではありません。雨どいのつまりや排水管のつまりも雨漏りの原因です。
雨どいに枯れ葉が積もり、雨水が流れなくなっているケースや、ドレンを枯れ葉やゴミが塞ぎ、雨水が流れなくなるケースがあります。通常の経路から流れることができない雨水があふれ、雨漏りにつながるのです。この場合「屋根や壁に割れやヒビは無いのに雨漏りしている」状態なので、どれだけ探しても雨漏りの原因が見つからないということになりがちです。
雨どいやドレンのつまりが雨漏りの原因なら、掃除をするだけ雨漏りが解決します。最初に雨どいやドレンを確認すると、すぐに雨漏りの原因が見つかり、あっさりと解決できるかもしれません。

※ 棟板金(むねばんきん):スレート屋根のてっぺんとなる出っ張った金属部分

自分で修理する雨漏り対策、基本はこれを用意!

雨漏りの修理を自分で行う場合、基本は屋根のスレートや瓦のヒビの補修、壁のシーリングの補修がメインになるでしょう。
雨漏り対策でこれらの補修を行う場合、防水テープを張って隙間を埋めるか、またはシーリング材を打って隙間を埋めるという方法が一般的です。
用意するものは、以下の通りとなります。

・雑巾
・防水テープ
・シーリング材
・カッター
・ペンチ
・シーリング材の下地(できれば)

防水テープは数種類あり、貼り付ける素材によって使えるもの、使えないものがあります。購入する前に、何に貼り付けるのか、その材質に使える防水テープなのかを確認しましょう。

防水テープを使う時は、貼り付ける面をきれいに拭きあげて水分と油分を拭き取ります。汚れがついたままの上に防水テープを貼ると、すぐにはがれてしまうので注意しましょう。
防水テープは、瓦の割れた部分を貼り合わせる、棟板金の浮いた部分に貼って隙間を埋めるなどの方法で用います。防水テープで防ぎきれないような隙間であれば、無理をして自分で修理しようとせず、プロに修理を依頼しましょう。

シーリング材でヒビを埋める、隙間を埋める場合も、シーリングを打つ部分をきれいに拭いて水分と油分を取り去ります。外壁の合わせ目など、すでに打っているシーリング材が劣化して隙間が出来ている場合は、その上にシーリング材を盛るのではなく、カッターやペンチなどを用いて古いシーリング材を剥がし、シーリングを打ち直しましょう。剥がすときはできるだけ丁寧に削ぎ取ります。
シーリングを使う際、そのまま打っても良いのですが、下地を塗るとシーリングが長持ちします。また、シーリングを打つ両側をマスキングテープで保護しておくと、仕上がりがきれいです。玄関の近くや通りに面した壁のシーリングを補修するときはマスキングテープを使いましょう。

自分で雨漏り修理するメリットとデメリット

雨漏りを自分で修理すると、コストがかからず、好きなタイミングで修理できます。DIYが好きな人には、修理するという行為自体が趣味の延長となり楽しく作業できるのが魅力です。
ただし、雨漏りの修理は原因となる箇所を正しく見つけ出し、その箇所をしっかりと補修しなければ意味がありません。雨漏りの原因を目視で探すのはプロでも難しく、業者の多くが目視だけではなく、散水調査やサーモグラフィーを使った調査などを補助的に取り入れています。そこまでしなければ、雨漏りの原因を特定することが困難なのです。素人が自分で原因を探しても「見当違いのところを原因だと思って修理していた」ということにもなりかねません。

また、雨漏りの修理は屋根の上など高い場所に上って行います。平屋でもそれなりに高く、2階建て、3階建てともなれば地面からの高さは8メートルから10メートルです。万が一落ちると大怪我をするどころか命に関わる危険があり、素人が足場も組まずに屋根に上がるのは大きなリスクがあります。
費用はかかりますが、修理後の仕上がりがきれいで修理をやり直す心配が少なく、安全だという点ではプロに頼んだほうが良いと言えます。

ちょっとしたヒビなら自分で修理、本格的な修理は業者に依頼しよう!

雨漏りの原因を明確に特定できれば、ちょっとしたヒビや隙間なら防水テープやシーリングを使い自分で修理することができます。しかし原因が特定できない場合や、ダメージが大きい・広範囲にわたるなどの場合は自分では対処しきれません。無理をせず、業者に修理を依頼しましょう。特に経年劣化で屋根や壁全体が傷んでいる場合は個人では対処しきれません。
また、雨漏りで天井や壁から水が滴ってくるという状態は、雨漏りの中ではかなり重症な部類です。壁の内側など見えない部分にも雨水が浸透し、木材の腐敗やカビの発生など、被害が広範囲に及んでいる可能性があります。できればプロに調査を依頼し、見えない箇所での雨漏りのチェックや被害を調べてもらうと安心です。

Q&A一覧

「雨漏り」に関するQ&A

HOME

24時間スピード対応! 見積・相談無料

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせフォーム

~Q&A~

「雨漏り」に関するQ&A

Q&Aの一覧を見る