雨漏りのトラブルに年中無休で対応!世田谷世田谷 雨漏り&外壁塗装 リフォーム隊

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

雨漏りは塗装で止められる?

雨漏りは塗装で止められる?塗装のメリットとデメリット

雨漏り対策について調べていると、屋根や壁を塗装すると良いという話を見聞きすることがあります。また、家に営業にくる修理業者から「塗装で雨漏り対策できる」という話を聞いたことがあるかもしれません。

確かに塗装するだけなら、屋根全体の取り替えや壁の張り替えよりも安く上がりそうです。しかし、いったいなぜ塗装だけで雨漏りが止められるのでしょうか。そもそも「塗装で雨漏りが止められる」という話は本当なのでしょうか。

雨漏りと塗装の関係に迫ってみましょう。

塗装で雨漏りが止められるわけではない!

雨漏りがする原因のひとつは、屋根や壁に隙間ができ、その隙間から雨水が入り込むためです。雨漏りを根本的に止めようと思ったら、いったいどこに隙間があって雨漏りしているのかを調べたうえ、その隙間を埋める処置が必要です。

たとえば雨漏りの原因が屋根である場合、屋根を塗装することで雨漏り対策をすることができる場合もあります。しかし、壁に原因があって雨漏りしているのに、屋根の塗装をしても意味がありません。「塗装をしたのに雨漏りが直らない」という結果になってしまう可能性もあるのです。反対に壁に原因があるなら壁の塗装をすべきで、屋根の塗装をしても、今問題になっている雨漏りが解決することはありません。

さらに、壁や屋根の塗装はどんな状態でもできて効果があるというわけではありません。あまりに劣化がひどい場合は、屋根の取り替えや壁全体の張り替えなど、大規模な工事が必要になります。

塗装は雨漏りを治す万能の処置方法ではないのです。

塗装することで得られるメリット

「塗装をしたから絶対に雨漏りが止められる」ということはありません。しかし問題がある箇所で、なおかつ塗装で対応できる状態の隙間や劣化なら、塗装をすることにより雨漏りを止めることはもちろん可能です。
塗装をするメリットは雨漏り対策だけではありません。

・見た目が美しくなる
・防水効果
・防カビ効果
・断熱効果
・遮熱効果
・セルフクリーニング効果
・耐久性アップ

塗装をすると、見た目が美しくなるだけでなく、塗料の持つ防水効果で雨水をはじき返すことができます。また、塗料には「水は弾くけれど湿度は通過させる」という透湿性もあります。塗装をすることで、雨漏りを防ぎながら室内の湿気を外に逃がし、室内で快適に過ごせるようになるのです。これらの機能により、水を通さず湿度が上がり過ぎない状態を作ることができるため、カビが生えにくくなる防カビ効果も生まれます。

塗料には遮熱効果を持つ製品があります。この効果がある塗料で塗装すると、直射日光が当たっても屋根や壁の温度が上がりにくくなるのです。当然建材が熱くならなければ室内の温度も上がりにくいため、夏場の室内が過ごしやすくなります。さらに塗料には断熱効果を持つものもあります。断熱効果があれば夏だけでなく冬の室内も暖かく快適です。断熱効果のある塗料は遮熱効果のある塗料とあわせて使うと、より高い効果を発揮します。

塗料の効果はそれだけではありません。セルフクリーニング効果を持つ塗料もあるのです。この塗料は空気中の水分を取り込み、壁の表面に薄い膜を作るという働きをします。すると排気ガスやホコリの汚れはこの膜の上に付着します。雨が降れば雨と一緒に膜の上の汚れが洗い流されるため、いつでも外壁がきれいな状態を保てるのです。窓のサッシの下などは雨の汚れが残りやすいのですが、セルフクリーニング効果がある塗料を使うとサッシ下も汚れにくくなり、きれいな状態を長く保つことができます。

どのタイミングで塗装するべき?

雨漏りを防ぎ、家を良い状態に保つためには定期的に屋根や外壁を塗装するのがおすすめです。塗装するのにちょうど良いタイミングはいつなのでしょうか。

外壁の塗装

外壁の塗装をするタイミングは、新築から約10年経った頃です。まだまだきれいでしっかりしているように見えますが、建物全体が少しずつ傷んできています。

外壁は10年も経つとツヤが次第になくなり、防水性や透湿性といった外壁塗装の機能が少しずつ失われていきます。さらに塗装が劣化し、塗料が粉のように変化していきます。粉状になってしまうと、防水機能はほとんど失われているといっても良いでしょう。この状態になるのが約10年後なのです。さらに年月が経つと、ヒビが入ってきます。ヒビは雨漏りの大きな原因です。
また、塗装の種類によっては、粉状になったりヒビが入るのではなく、塗装が剥がれたり膨れたりすることもあります。こうなると防水などの塗装効果が無くなっているので、放置せずに早めに塗装し直すことが大切です。

塗装の目安は10年ですが、すべての外壁において10年というわけではありません。寿命の短い塗料を使っていれば、10年経たずに塗装が粉状に変化してしまうこともありますし、良い塗料を使っていれば10年経ってもまだツヤがある場合もあり、ケースバイケースです。
また、サイディングやALCと呼ばれる壁のほうが吹き付けの壁よりも寿命が長いという特徴があります。それだけでなく、どのくらい紫外線を受けているのかでも壁の状態が変わりますし、風通しや湿気によっても、外壁の傷み方に差が出ます。

目安として10年が近くなってきたら、定期的に外壁をチェックして劣化が始まっていないかを確認しましょう。

外壁塗装を行うのは、1年の中でもいつでも良いというわけではなく、控えたほうが良い時期があります。控えるべき時期は雨が多い季節です。これは、塗装したあと乾燥させる時間が必要で、乾燥前に雨に濡れると塗料が流れてしまうためでです。塗料を塗ったあとしっかり乾燥させることにより、塗装の表面に薄い膜ができます。この膜は太陽光線や雨から壁を守ってくれる大切な膜です。しっかり乾燥させる時間を設けることができる時期となると、春や秋がおすすめです。太平洋側の冬は乾燥していますが、塗料を乾燥させるのにはある程度の温度も必要です。冬は温度が低いため、選べるなら春や秋が良いでしょう。

屋根の塗装

屋根の塗装も約10年を目安に行うのが理想です。屋根は壁に比べて耐用年数が長いのですが、壁のように外から様子を確認しにくいため、ダメージを受けていても気づきにくいという難点があります。早めにダメージを見付けて必要な修理を行う・ダメージを受けにくい状態を保つという意味でも、10年単位で塗装を行うと良いでしょう。
年月以外に塗装や修理が必要なタイミングは、板金が浮いていたり、瓦が落ちてきたときです。屋根は耐用年数が壁より長いといっても、一年を通し直射日光や雨風に晒されています。ダメージを受けやすいので、ときどきチェックをして塗り直しや修理が必要でないかを確認しましょう。
チェックをするときは、2階から1階の屋根を確認して、全体の傷みの度合いを推測する、外から双眼鏡などを使って屋根の状態を確かめるなどの方法がおすすめです。

塗装が必要な屋根は、スレートやセメント瓦、トタン屋根です。日本瓦は割れない限りメンテナンスしなくても問題ありません。塗装は不要です。しかし、漆喰(しっくい)部分の補修は行わなくてはいけないため、外壁塗装のタイミングなどに、瓦のズレや割れ、漆喰の確認をおこなうと良いでしょう。

塗装=雨漏り対策ではない、雨漏りの原因を探すことが大切!

塗装をすると確かに防水性が上がり雨漏りしにくくなります。しかし塗装すれば必ず雨漏りを防げる・直せるのかというとそうではありません。雨漏りを直すためには雨漏りの原因となる箇所を見つけ、その箇所の修理を行う必要があります。雨漏り対策を早急に塗装だけで済ませようとするのではなく、原因を見付けることが大切です。

塗装には防水効果や断熱効果があります。家を守って心地よく生活するためにも、定期的な塗装は必要です。塗装の目安は約10年ごと、春か秋がおすすめです。定期的な塗装で、雨漏りしにくく美しい家を保ちましょう。

Q&A一覧

「雨漏り」に関するQ&A

HOME

24時間スピード対応! 見積・相談無料

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせフォーム

~Q&A~

「雨漏り」に関するQ&A

Q&Aの一覧を見る