雨漏りのトラブルに年中無休で対応!世田谷世田谷 雨漏り&外壁塗装 リフォーム隊

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

アパートで雨漏りしたら?どうするべき?

アパートで雨漏りしたら、どうするべき?

もし住んでいるアパートで雨漏りが発生したらどのように対処すれば良いのでしょうか。多くの場合、アパートは賃貸で借りている物件となります。自分の持ち物ではないのでできることも限られてしまいますが、そのままにしてしまうと、自分の家財道具も濡れて被害を受ける可能性があります!なにより、雨漏りがする家はストレスが溜まり不快です。アパートで雨漏りが発生したときに取るべき行動、家賃交渉などについてお伝えします。

雨漏りは放置しないことが第一!

アパートで雨漏りが発生した際、一番やってはいけないのが「借りている部屋だし、いずれ引っ越すからこのままでいいや」と放置することです。賃貸物件は確かに自分の永遠の持ち物ではありません。しかし、賃貸契約を結ぶと、借りた側には「建物(部屋)の状態を良好に保つ義務」が発生します。つまり、家賃さえ払っていればどんな風に部屋を使っても良いというわけではなく、できるだけ借りたときの状態をキープできるように、大切に使わなくてはいけないのです。

雨漏りを放置するということは、この「建物(部屋)の状態を良好に保つ義務」を行わなかったとみなされても仕方がないのです。アパートなどの賃貸物件を借り、契約を解除して部屋を引き払うとき、部屋を借りたときの状態に戻して返さなくてはいけません。日差しによる畳の日焼けなど「普通に生活していたらどうしても発生する劣化」についてはそのままでも良いのですが、自分のミスで壁に穴をあけたなどのダメージは、借りた側が費用を負担して修繕します。

雨漏りにより発生した部屋のダメージも、雨漏りに気づいていたのに放置していたということになると、修繕費の支払を求められる可能性があるのです。雨漏りで発生する家のダメージとしては、壁紙のカビや床板の腐食、カビなどが考えられます。いずれにせよ、修繕費もそれなりの値段になることが考えられるため、余分な出費を増やしたくなければ、すぐに管理会社や大家さんに雨漏りしていることを報告しましょう。

管理会社や大家さんに雨漏りしていることを伝えれば、多くの場合はすぐに様子を見に来て、修理のための業者を手配してくれます。あとは雨漏りしている箇所の家具などを移動させ、室内の被害が広がらないようにするだけです。放置せず、すぐに報告することが大事です。

自分でできる雨漏りの応急処置

雨漏りに気づいたけれど、深夜で大家さんや管理会社に連絡できないなどの場合は、自分である程度の応急処置をしましょう。どこから雨漏りしているかによって処置が変わりますが、これ以上室内の被害が広がらないようにすることが第一です。

もし、自分の家が1階で2階にも住居がある場合、2階から水漏れしている可能性があります。まずは上階の部屋を訪れ、水があふれていないかを確認してもらいましょう。自分の部屋がアパートの2階で上は屋根など明らかに雨漏りだと分かる場合は、応急処置をします。天井から水が垂れてくる場合は、水が落ちてくるところの下にビニールシートや新聞紙を広げ、その上にバケツや桶を置いて雨水を受け止めましょう。バケツや桶の中にも、新聞紙や布を入れておくと、上から落ちてきた水がバケツなどの底に当たって跳ねるのを防ぐことができます。ビニールひもがあれば、天井から床の長さにビニールひもを切り、片方を雨漏りしている箇所に画びょうで留めます。すると雨水が紐を伝って落ちてくるので、もう片方をバケツの中に入れましょう。こうすることで雨漏りの水を誘導できますし、水が溜まっても落ちてきた雫が水面に当たり周囲に水を跳ね飛ばすことが無くなります。

壁から水が染みている場合は、結露の可能性もあります。水が染みているところが全体なのか一部なのかを確認しましょう。冬などで内外の温度差が大きく、全体が湿っているようであれば結露かもしれません。窓を2ヵ所開けて通気を確保し、室内の湿度を下げて壁が乾くか様子を見ましょう。それでも変わらない、壁の一部から水が染みているということであれば、壁からの雨漏りです。雨漏り箇所の下にタオルを敷いて、染みてきた水が床の上に広がらないようにします。

エアコンの配管部分からも雨水が垂れてくることがあります。この場合も、配管の周りにタオルを巻き付ける、床にタオルを敷くなどして、水が広がらないようにしましょう。
窓周辺から雨水が入り込む場合、横殴りの風で、雨が左右の窓の合わせ目の隙間から入っているということがあります。もし網戸が付いていれば、網戸の枠が窓の合わせ目に重なるように動かしてみましょう。こうすることで雨漏りを防げることがあります。これでも改善しない場合は、窓周辺にタオルを敷いて雨水を吸わせます。

後で大家さんや管理会社を呼んだときには雨が上がり、雨漏りが止まっていたということもありますので、被害の様子が分かるように写真を撮っておくと良いでしょう。

雨漏りのせいで家電が被害を受けたら弁償してもらえる?家賃交渉できる?

雨漏りにより家電が濡れて故障してしまったら、どうしたら良いのでしょうか。雨漏りは自然災害なので大家さんに非はないという考え方と、建物の管理が不十分だったため雨漏りが起きているのだから、大家さんに非があるという考え方があります。

金額的な話も絡んでくるため、直接大家さんに交渉する前に管理会社に相談するのがおすすめです。大家さんが管理も務めているという場合は、大家さんに交渉することになりますが、話がスムーズに進むように、雨漏りのときの写真や、家電が濡れた写真などを見せると良いでしょう。また、壊れていることを証明するためにも、弁償してもらえるまで家電は捨てずに保管しておくことをおすすめします。

雨漏りの原因がアパートの劣化や施工不良によるものではなく、台風で屋根の瓦が飛ばされたためや、台風で飛んできたもので壁が壊れそこから雨水が入り込んだため、という場合は、火災保険を適用させることができます。賃貸物件を契約するときに必ず加入する火災保険には特約があり、火災以外の住宅トラブルも補償してくれるのです。その補償対象の中には「風災による被害」というのもあり、台風や突風、雹(ひょう)などが原因で受けた損害は保険によって補償されます。たとえば台風で屋根の板金が歪み、そこから水が入って雨漏りが起きたとします。雨水が冷蔵庫にかかり冷蔵庫が故障したら、新しく買い直す冷蔵庫代がまるまる保険で補償されます。

ただし雨漏りの原因が老朽化なのか風災によるものなのかの判断が難しいこともありますので、まずは大家さんが管理会社に話をしましょう。

また、部屋が雨漏りすることを理由に家賃の減額を交渉できるかという点も気になるのではないでしょうか。雨漏りが起きても、大家さんに伝えたらすぐに修理をしてくれて雨漏りが止まったという場合は家賃の交渉は難しいでしょう。問題なく生活できる空間を維持するために、大家さんとしてできる限りの努力をしてくれていることになるためです。

しかし、雨漏りをしていることを伝えているにもかかわらず修理してくれない場合や、修理をしても雨漏りが改善されないという場合は家賃減額の交渉が可能です。賃貸物件は「問題なく住める部屋を提供する」というのが前提です。雨漏りする部屋は「問題なく住める部屋」ではありません。「安心して生活できない」「雨漏りのたびに、応急処置しなくてはいけなくて時間も手間も取られる」ことを理由に家賃減額を申し出ましょう。

ただし、雨漏りする部屋はカビも生えやすく衛生的ではありません。長く生活するには不向きです。雨漏りが改善されないようであれば、できるだけ早く他の部屋へ引っ越すことをおすすめします。

雨漏り修理の費用は大家さんが負担、早めに報告して修理してもらおう!

雨漏りを見つけたら「どうしよう」と頭が真っ白になるかもしれませんが、心配は不要です。アパートで雨漏りしても、自分が屋根や壁を壊したのでなければ、修理費は大家さんが負担します。借り主である私達が雨漏りの修理費を払う必要はありませんので、早急に管理会社や大家さんに雨漏りしていることを伝え、修理してもらいましょう。修理が行われるまでは応急処置が必要となります。これ以上室内の被害を広げないために応急処置し、雨漏りの修理が終わるのを待ちましょう。

雨漏りをそのままにすると部屋にカビが生えやすくなり、アレルギー疾患や肺炎を引き起こす原因となります。また、家電や家財道具が濡れ、漏電が起きる可能性もあります。なにより部屋を良好に保つ義務を怠ったことになり、その点を責められ修繕費用を求められても文句は言えません。雨漏りは放置せずに、できるだけ早急に修理してもらうことが大切です。

Q&A一覧

「雨漏り」に関するQ&A

HOME

24時間スピード対応! 見積・相談無料

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせフォーム

~Q&A~

「雨漏り」に関するQ&A

Q&Aの一覧を見る