雨漏りのトラブルに年中無休で対応!世田谷世田谷 雨漏り&外壁塗装 リフォーム隊

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

この水滴は雨漏り?見分け方の基本

この水滴は雨漏り?結露?見分け方を教えて!

壁や床が湿っている、水滴がついていると「これは結露なのか、雨漏りなのか」と迷う人が多いのではないでしょうか。結露なら屋外と室内の環境が関係してくるため、ある程度仕方ない部分もありますが、雨漏りの場合は早急に修理などの対策を行わなくてはいけません。

室内で見つけた水滴が雨漏りなのか結露なのかを見分ける方法や、放置してしまった場合に起きる事象についてお伝えします。

雨漏りと結露の見分け方

雨漏りといっても天井から水がポタポタ落ちてくるばかりが雨漏りではありません。壁からジワジワと水がにじんでくる雨漏りもあり、結露と非常に似ています。そのため、壁についた水滴を見ながら、雨漏りなのか結露なのかと困惑する人も少なくありません。

見分け方は比較的簡単です。結露の場合は屋外の気温と屋内の気温の差が原因なので、気温が下がる秋から春先にかけて発生することがほとんどです。寒い時期にしか水滴がつかないということであれば、雨漏りではなく結露である可能性が高くなります。また、換気をあまりしていないために室内の湿度が上がり過ぎたときも結露するため、窓を2ヵ所開けて空気の通り道を作って少し様子を観察し、水滴が乾くようなら結露であると言えるでしょう。

一方雨漏りの場合は、雨が外壁や屋根の隙間から入り込むことが原因です。そのため、大雨の時や風によって雨が降る角度が変わったときに発生します。季節を問わずに壁に水滴がつく、換気をしても水滴がにじみ続けるという場合は雨漏りである可能性が高いと言えます。

また、雨漏りの場合は壁ににじんでくる前に、壁の内側の断熱材や壁の板、壁紙などを濡らしています。そのためカビが生えたり、全体が変色したりする特徴があります。部屋全体を見て、壁が黒ずんでいるように感じる(もしくは、水滴がよく発生する部分の周辺が黒ずんでいる)、カビが生えているなどの場合は雨漏りの可能性が高くなります。

さらに、結露は壁全体がしっとりと濡れますが、雨漏りは雨漏りをしている限定された箇所が濡れることが多いです。全体が濡れたら結露、一部が濡れているなら雨漏りという考え方もできます。

家の中でも、結露しやすい場所としにくい場所があります。北側の部屋や壁などの温度が低い場所や、トイレや洗面所などの湿気が高い部屋も結露しやすい場所です。北側のトイレなどは結露が起こりやすい場所だといえます。壁が濡れていることに気づいたら、それが一部なのか全体なのか、換気をすることで状況が変わるかを確認しましょう。

天井だから雨漏り、ではない!屋根が結露することもある!

壁が濡れると、雨漏りか結露だか分からないということが多いのですが、注意したいのが天井が濡れたときです。
「天井だから、これは雨漏りだ!」と思いがちですが、天井が結露することもあります。室内の湿気が家の上部に集まり、屋根が接する冷たい空気に湿気が冷やされた結果なのです。特に天井裏は湿気が溜まりやすく、天井裏部分を収納やロフトとして使っている家などでは結露が発生することがあります。

これは「天井裏で屋根に接していて寒いから仕方ない」というわけではなく、断熱が不十分であったり、十分に換気口が作られていたりしないため、天井裏に集まった湿度の高い空気が外に逃げていくことができないことによるものです。天井裏は特にたくさんの通気口が必要な部分です。通気口が少ないなどで空気の流れが滞ると結露しやすくなってしまいます。

新築の場合は施工ミスの可能性もあるため、施工業者に連絡し対処してもらいましょう。新築でないけれど、最近急に天井が結露するという場合、何かで通気口をふさいでしまっている可能性が考えられます。通気口に問題はないか調べてみましょう。また、生活スタイルの変化で湿度が高くなっている可能性があります。洗濯物を室内に干す、植物をたくさん部屋の中に置いているなどの場合、どうしても室内の湿度が高くなり、天井だけでなく窓なども結露しやすくなります。心当たりがある場合は、できるだけマメに換気するようにして湿気をためこまない工夫が必要です。

寒い時や室内の湿気が高い以外で、雨が降ると天井が濡れるという場合は、雨漏りの疑いがあります。窓は結露していない。四方の壁も乾いているのに、天井だけ濡れているという場合は雨漏りを疑い、業者に検査を依頼しましょう。

雨漏りも結露も、放置するとこんなトラブルを招く

雨漏り修理には高い金額がかかることが多く、金銭的に余裕がなかったり、多忙のため御者を呼ぶことができなかったりと修理を先延ばししがちです。また、結露も「生活しているとどうしても発生してしまうから仕方ない」と諦めてしまうことが多いのではないでしょうか。

しかし、雨漏りも結露も見える所だけでなく、見えない部分を濡らしています。雨漏りや結露の被害は、見えている部分だけではないのです。

雨漏りや結露が壁に発生すると、壁紙が塗れるため染みが出来たり表面が波打ってきたりします。さらに壁紙にカビが生えることも珍しくありません。雨漏りの場合は壁の内側から濡れるため、壁紙の裏側にカビが生えているということも起こるのです。

さらに、雨漏りや結露によって家を支える木材が濡れることにより、強度が落ちます。それだけでなく、通気性の悪い場所が濡れ、十分に乾燥できず湿ったままになっている場合、腐食することもあるのです。腐食した木材はシロアリを引き寄せます。シロアリはあっという間に増えて木材を食い尽くすため、気づいたら柱の中身がスカスカになっていたということも起こりえます。雨漏りや結露は、家を濡らして快適に生活できなくなるだけでなく、シロアリ被害を招く原因にもなるのです。

いつか今の家を売って新しい家を買いたいと考えている場合や、違う場所に引っ越したいと考えている場合、木材が腐食したり壁紙にカビが生えていたりすると資産価値が当然ながら落ちますし、買い手がつかないということも考えられます。負の遺産を抱えてしまう可能性が高いのです。

さらに壁や天井が塗れることでカビが生えると、カビを吸い込むことで喘息やアレルギーを引き起こしやすくなります。また、家全体の湿度が高くなるため、壁紙だけでなく、靴やカバンなどの革製品にカビが生えやすくなり、高価な靴や鞄を台無しにしてしまう恐れがあります。雨漏りや結露は、家の強度や価値を落とし、病気の原因を作ってしまうのです。

結露ならこんな方法で対処!雨漏りは早めに修理をしよう

壁や天井が塗れている原因が結露であれば、もっとも簡単にできる対策は通気を良くして家の中に湿気がこもらないようにすることです。通気口をふさがない、定期的に換気をするなどし、湿気を逃がすように工夫しましょう。

また、壁が濡れてしまったときはこまめに雑巾で拭き、濡れたまま放置しないことも大切です。金銭的に余裕があれば、通気口を増やす工事を行う、屋根や天井に断熱材を追加するなど、根本的な対策を行うと快適に生活できます。

雨漏りの場合は早めに修理してこれ以上雨漏りが起こらないようにすることが大切です。雨漏りは屋根や壁の隙間から雨水が入ってくることで発生するため、屋根や壁にダメージがあることが予想されます。早めに業者を呼び、雨漏りの原因となる箇所を見つけて修理を行いましょう。

Q&A一覧

「雨漏り」に関するQ&A

HOME

24時間スピード対応! 見積・相談無料

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせフォーム

~Q&A~

「雨漏り」に関するQ&A

Q&Aの一覧を見る