雨漏りのトラブルに年中無休で対応!世田谷世田谷 雨漏り&外壁塗装 リフォーム隊

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

どんな資格があるの?

雨漏り検査ってどうやるの?検査方法と雨漏り検査の資格

雨漏りを見つけたら早めに修理をしなくてはいけません。そのためにはどこから雨漏りしているのか、調査や検査をして雨漏り箇所を見つけることが大切です。ところで、雨漏りの検査はどのように行えば良いのでしょうか。業者に頼らず自分で雨漏り検査ができないかと考えている人も多いかもしれません。今回は、雨漏り検査の方法や、雨漏り検査の資格についてお伝えします。

雨漏りは検査して原因をつきとめなければいけない

雨漏りをどうにかするためには、雨漏りの原因となる箇所を探し、その部分を修理して水が入ってこないようにすることが重要です。原因も分からないのに「ここから雨漏りしているのかな?」という予想だけでとりあえず雨漏り修理をしても、雨漏りは止まらずに、ただの無駄骨に終わってしまうことが多々あります。

雨漏りしている箇所は1ヵ所とは限らず、複数の箇所から雨漏りしている場合もあります。また、雨漏りをしている箇所の真上に原因があるとは限りません。1ヵ所から雨漏りをしていたとしても、どこからか入り込んだ雨水が屋根裏や壁の中などのルートを伝って流れ、複数のルートに繋がっている場合もあるです。

雨漏りを修理するためには、屋根や外壁全体をくまなくチェックし、雨水が入ってきている箇所を丁寧に探さなくてはいけません。ところがこれを素人が行おうとすると想像以上に大変です。そもそも雨漏り検査を行うためには屋根に上ったり壁にはしごをかけて高い場所に上ったりしなくてはいけません。

2階建てや3階建ての屋根ともなるとかなりの高さになるため、とても危険です。さらに雨漏りについての知識や雨漏り検査をする経験がないと、どんなところを注意して見れば良いのか、どうなっていると雨漏りしている可能性があるかも分からないのです。

雨漏り検査を目視で行うのはプロでも難しく、経験がものを言うプロフェッショナルな検査です。根本から雨漏り対策をするためにはきっちりとした検査が必要ですが、プロでなければ難しい。それが雨漏り検査なのです。

雨漏り検査ってどうやるの?費用は?

雨漏りの検査を業者に依頼すると、どのような検査が行われるのでしょうか。
雨漏りは複数の検査方法があります。代表的な検査は以下の通りです。
・目視での検査
・散水検査
・塗料を使う検査
・サーモグラフィーを使う検査
・ファイバースコープを使う検査

目視での検査

目視での検査は、調査員が屋根に上って目で雨漏りの原因を確かめる検査方法です。この検査は雨漏り調査を依頼すると必ずと言って良いほど行われます。また、目視での検査だけなら無料でしてもらえることもあります。

ただし目視での検査は調査員の経験がものをいうため、検査をする人によって結果が変わる・精度に差が出やすいというデメリットがあります。そのため、多くの業者が目視での検査にプラスして他の検査も行い、漏れがないように努めています。

費用は無料、もしくは他の検査方法とあわせることで目視検査のみ無料としているところが多いです。しかし必ずしも無料というわけではなく、2万円程度の費用がかかることもあります。

散水検査

散水検査は屋根や壁に水をかけて雨が降っている状態を再現し、雨漏りが疑われる場所から雨漏りするかを実際に確認する検査です。例えば南から吹き込む雨なら雨漏りはしないけれど、東から吹き込む雨は雨漏りがするなど、雨の向きも雨漏りに関係します。散水検査に長けた人が行うと高い精度で雨漏り箇所を発見できます。費用もそれほど高くないため用いられることが多い検査方法です。

費用としては、5万円前後かかるのが普通です。そのほか、水を撒くために水道を使うので別途水道代が発生します。

塗料を使う検査

塗料を使う検査とは、蛍光塗料を雨漏りの原因だと思われる箇所に垂らし、その塗料がしみ込んでいく様子を調べる調査方法です。塗料は紫外線に反応する性質があり、屋根裏などを紫外線ライトで照らして塗料がどこからどこへ流れるのか、その塗料がどこから室内に流れて雨漏りするかを調べることができます。

数の箇所に雨漏りの原因がある場合は、それぞれ原因だと思われる場所に違う色の塗料を使うることで、「Aから入り込んだ水は居間の天井から雨漏りし、BとCから入り込んだ水は途中で合流して洗面所から雨漏りしている」など、雨漏りの経路を確認することができます。塗料は数日経つと色が消え、また基本的には建物に着色が残らないものが使用されています。費用はおよそ10万円前後。

サーモグラフィーを使う検査

サーモグラフィーを使う検査は、家から少し離れた場所にサーモグラフィーカメラを設置し、家全体の温度を確認します。雨漏りする箇所は水に濡れるため温度が他の場所と比べて低くなるという点に着目した検査方法です。

カメラで撮影するだけなので家を傷める心配がないというメリットがあるいっぽう、周囲を他の家に囲まれた建物などはカメラに全景を映すことができないため、この検査方法を用いることができません。家の立地により使える場合と使えない場合があります。調査は20万円前後かかるのが一般的です。

ファイバースコープを使う検査

ファイバースコープを使う検査は、屋根裏の狭い場所など、人間が入ることができない場所にファイバースコープを入れて映像で確認する検査です。家の内視鏡検査だと言って良いでしょう。

目視での検査と同じように単体ではなく他の検査に組み合わせて行われることが多いため、検査費用の総額に含まれていることがあります。業者によってはファイバースコープの検査を無料で行ってくれるところもあります。

自分でも雨漏りの検査は可能?雨漏り検診士資格取得試験制度って?

雨漏り検査の費用を知り「高すぎる!」と感じた人は、自分で検査ができないだろうかと考えたのではないでしょうか。雨漏りの検査は素人が行うには難しい検査なので、雨漏りについて正しい知識を学び「どこを検査するべきなのか」「検査のときにどういったことに気を付けるべきなのか」といったことを知る必要があります。

一般社団法人雨漏り検診技術開発研究所(通称、アマケン)では、雨漏り検診士や雨漏り検診アドバイザーの資格試験、資格取得のためのセミナー、Eラーニングを開催しています。雨漏り検診士になるためには、雨漏り検診アドバイザーの資格が必要です。雨漏り検診アドバイザーの資格取得後に雨漏り検診士の学科講習を受けて単位を取得し、試験に合格すると資格を得ることができます。資格取得後はアマケンのネットワークから雨漏り検診の仕事の依頼を受けることが可能です。

雨漏りの検査をする人は、このような勉強をして資格を取得しているのだと考えると、やはり素人が急に屋根に上って雨漏りの原因を探すことは難しいといえます。

一般社団法人雨漏り検診技術開発研究所
http://www.amamori-kenshin.com/index.html

雨漏り検査で正確に原因を突き止めることが大切!プロに検査を依頼しよう

雨漏りを確実に修理し、再び雨漏りが起きないようにするためには、しっかりとした検査を行って雨漏りの原因を突き止めなくてはいけません。見当違いの場所を修理しても雨漏りは改善しませんし、無駄な行為になってしまいます。

雨漏りの検査をプロに依頼すると、目視やファイバースコープを使った検査と散水検査や塗料を使った検査、サーモグラフィーを使った検査を併用して確実に雨漏りの原因を探っていきます。

目視での検査なら自分でできそうだと思うかもしれませんが、雨漏り検査は、雨漏りについて勉強して単位を取得し、試験を受けて合格した人が行っています。素人がおいそれと簡単に行え、雨漏り箇所を発見できるものではないのです。雨漏り検査はプロに依頼し、見つかった雨漏り箇所を早めに修理しましょう。

Q&A一覧

「雨漏り」に関するQ&A

HOME

24時間スピード対応! 見積・相談無料

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせフォーム

~Q&A~

「雨漏り」に関するQ&A

Q&Aの一覧を見る