雨漏りのトラブルに年中無休で対応!世田谷世田谷 雨漏り&外壁塗装 リフォーム隊

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

雨漏りは保険で修理できる?

雨漏りは保険で修理できる?保険が適用されるケースと注意すべき点

雨漏りしているけれど、修理費を考えると頭が痛いという人が多いのではないでしょうか。家屋の修繕を行うにはある程度の資金が必要となります。ところが雨漏りの修理の場合、実は保険が適用されることがあるのです。保険によって雨漏りの修理代金が全てまかなえる場合もあります。

保険で雨漏りの修理ができるケース、出来ないケース、保険の内容についてお伝えします。

雨漏りに保険が適用されるケースとされないケース

いざという時に備えてほとんどの人が加入している住宅総合保険や火災保険ですが、これらの保険はさまざまな家屋のトラブルに対する保証があることを知っているでしょうか。火災はもちろん、落雷や爆発、建物外部から物体が落ちてきたり飛んできたりしたときの倒壊など、多くの損害に対して損害保険金が支払われます。

その中には雨漏りに対して支払われる保険もあります。正式には雨漏りそのものに対してではなく、火災保険が指定する損害により発生した雨漏りに対してです。

雨漏りの原因はさまざまです。例えば、外壁にひび割れが発生し、ひびから雨水が入り込むと雨漏りにつながります。また、スレート屋根は強い風にあおられるなどの原因で浮き上がることがあります。屋根の一部が浮いたことから隙間ができ、そこに雨水が入り込んだため雨漏りがすることもあるのです。

さらに、棟板金や釘の浮きにより屋根に隙間ができ、隙間から雨漏りが起こるというケースも珍しくありません。火災保険の保証は、台風や竜巻などの自然災害により建物が壊れ雨漏りが発生した場合です。災害の中には突風などの強風も含まれます。しかし、建物が古くなったことによる雨漏りは保険の対象外となり補償を受けることができません。

自分の家の雨漏りが老朽化によるものか、それとも災害が原因なのかは大切かつ難しい問題になります。古い家でも突風により屋根の一部が壊れ、そこから雨水が入っている場合は、老朽化ではなく災害が原因の雨漏りなので保険の対象となるためです。

それでは、誰が雨漏りの原因を判別するのでしょうか。保険会社でも保険をかけている人でもなく、第三者の目が必要です。そこで専門の鑑定資格を持った鑑定人が調査をします。その調査結果をもとに保険会社が保険金を支払うかどうかを決めます。

自然災害による雨漏りなら保険が適用される!

火災保険や住宅総合保険の補償特約をしっかり確認したことはありますか?特約をよく読むと、「風災が原因で損害が出た場合、損害を補償する」という内容が含まれていることに気づきます。この風災というのは、台風や突風、竜巻などです。また豪雪や雹(ひょう)、雪崩なども補償内容に含まれます。

例えば、台風の強風で屋根が剥がれてしまったケースやスレートが浮いてしまったケースなどがこれに当てはまります。また、台風による飛来物が壁にぶつかって壁が破損し、そこから雨水がしみ込んだ結果、雨漏りがしたというケースも補償対象です。

ちなみに火災保険の風災補償では、屋根や外壁の破損による雨漏りの修理だけでなく、アンテナやベランダ、カーポートの破損も含まれます。

多くの人が直面する問題があります。それは、いつ破損したのかわからないケースが多いという点です。台風などで大規模に瓦やトタンが剥がされた場合はすぐに気づきます。しかし、突風でわずかに屋根のスレートが浮き、そこから雨水が入り込んで雨漏りしてしまったという場合、気づくまでに時間がかかってしまいます。そもそも屋根の上などめったにチェックしません。破損していても地上から見えず生活に支障がなければ、気づかないまま経過してしまうことが多いのです。

原因がわかりづらいことから、「うちの雨漏りは老朽化が原因だろうから」と保険の申請を諦めてしまう人も少なくありません。過去の風災によって破損した箇所でも保険の対象となるので、一度鑑定士に見てもらうことをおすすめします。

保険が適用される期間は、自然災害が起きてから3年以内

保険が適用される期間は、自然災害が起きてから3年以内です。

過去の風災による損害も補償の対象として認められていますが、どこまでもさかのぼれるわけではありません。風災による損害を受けた日から3年以内に保険会社に申請しなければ無効となります。修理は3年以上経過してからでも問題ありません。また、申請方法は保険会社に電話で「保険を申請したい」と伝えるだけです。

日本では毎年のように台風がきます。また、その台風も年々巨大化し、強い風が吹く台風ばかりです。日本のほとんどの家屋は、3年に一度どころかほぼ毎年、何度も強風にさらされているといえます。風災の損害の申請は3年以内ですが、実際はいつでも風災補償の申請ができると考えて良いでしょう。

また、風災の補償対象になるのは、最大瞬間風速が秒速20m以上の風です。これより風速が遅いと補償の対象外となります。しかし「そんなに強い風は吹いてない」と慌てなくても大丈夫です。
「台風」とは最大風速が秒速17.2m以上の場合を指しますが、風災の対象には「最大瞬間風速」が付いていることに注目してください。最大風速は10分間の平均ですが、最大瞬間風速は3秒の平均です。瞬間秒速なら台風以外でも、冬の強風や春一番も当てはまる可能性が非常に高いのです。

雨漏りの損害額、20万円が保険対象になるかの壁

風災として雨漏りの修理に保険を適用させるためには、損害による修理費用の総額が20万円以上でなければいけないという制約がある保険が多数存在します。加入している保険にこのような制約が付いてる場合、雨漏りに悩んでいて修理したいのに「修繕費が20万円以下だったら自腹になってしまう」と考えて保険の申請をためらっている人も多いようです。

雨漏りの修理はほとんどの場合、屋根の修繕が必要となります。多くの住宅の屋根は2階またはそれ以上の高さがあり、高所で雨漏りの修繕作業が行われます。高い場所での作業では作業前に足場を組む必要があり、足場代だけで20万円を越えることも珍しくありません。さらに屋根や壁の修理費が加算されるため、雨漏りの修理代金が20万円以下で済むこととのほうが珍しいのです。

しかし、ほとんどのケースで雨漏り修理は総額20万円を超えるため、保険の対象になると考えてよいでしょう。不安な場合はあらかじめ修理業者に見積もりをもらうと安心です。

一部自己負担になる場合もありますが、多くの場合、70万円から80万円程度の保険が下りています。ただし加入している保険によっては、上限が決まっていることもあることも頭に入れておいてください。また、新しく登場した保険は20万円の制約がないものもありますので、不安な方人は、保険の内容を詳しく見直してみることをおすすめします。

雨漏りの修理、多くのケースで保険が適用される!

加入していない家庭は稀だといっても過言ではない火災保険住宅総合保険。これらの補償内容には、台風や突風による被害の補償が含まれています。風災とは台風や突風で損害を受けることで、強風により屋根や壁が破損したために起きた雨漏りの修理もこの保証の中に含まれるということをお伝えしました。

老朽化による雨漏りは補償対象外ですが、古い家屋は強い風により何らかのダメージを受けている可能性が高いため、最初から諦めてしまわずにまずは保険会社に保険の申請を行うことをおすすめします。そのうえで鑑定士に診断してもらい、診断結果をもとに風災の保証が適用されるかどうかの判断を仰ぎましょう。雨漏りはそのまま放置すると建物が傷んでしまいます。保険を使って賢く雨漏りの修理をしましょう。

Q&A一覧

「雨漏り」に関するQ&A

HOME

24時間スピード対応! 見積・相談無料

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせフォーム

~Q&A~

「雨漏り」に関するQ&A

Q&Aの一覧を見る