雨漏りのトラブルに年中無休で対応!世田谷世田谷 雨漏り&外壁塗装 リフォーム隊

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

雨漏りでカビが生えた?対処方法一覧

雨漏りでカビが生えた!対処方法を教えて!

雨漏りがする家は湿度が高くなるため、どうしてもカビが生えやすくなります。どんなに家をきれいに掃除して居心地よく保とうとしても、カビが生えていたら台無し。見た目が悪いだけでなく、不衛生で健康にも悪影響です。

カビはどんどん広がってしまうので、見つけたら早急に対処してカビの広がりを食い止めなければいけません。雨漏りが原因で家の中にカビが生えてしまったときの対処方法についてお伝えします。

そのカビの原因、雨漏りのせいかも!

お気に入りの靴を履こうと思って下駄箱を開けたら、靴にカビが生えていた。しばらく使っていないカバンを取り出したら、カバンにカビが生えている。こういう経験はありませんか。

下駄箱や押し入れは湿気がこもりやすいから、と納得してはいけません。確かに通気が悪く湿気がこもりやすい場所ではありますが、そのカビは雨漏りしているというサインかもしれないのです。

雨漏りと聞くと、天井から水が垂れて落ちてくる様子をイメージしますが、これは雨漏りが重症化した末期の状態です。雨漏りは屋根や壁にできたヒビなどの隙間に水が入り込むことで発生します。入り込んだ水は壁や天井の内側にある防水シートや断熱材、家を支える木材を濡らしていきます。ある程度はそれらの建材が水を吸い込みますが、吸い込みきれなくなった水分が、壁や天井から私たちの目に見える状態になって垂れて落ちてきます。水が垂れてくるということは、雨漏りしている箇所の建材はびしょびしょに濡れているということです。

雨水を含んだ建材に囲まれた部屋は当然ながら湿度が高くなります。湿度が高くなるとカビが生えやすくなるほか、ふすまや障子がたわんだり、壁紙が浮いて波打ったりします。また、壁の内側が濡れることで、壁紙に染みができ、壁紙自体にカビが生えることもあるのです。さらに、見えていないけれど壁紙の裏側にカビがびっしり生えているということもあります。

雨漏りし、湿度が上がったときに起きる弊害は、カビだけではありません。床や窓が結露しやすくなります。結露した水分により床材を傷めてしまう原因になるほか、窓が結露することでカーテンにもカビが生えやすくなります。

一か所で見つけたカビは、それだけで終わらず、家中に被害が及ぶ可能性があるのです。

自分でできるカビ対策

カビが生えているのを見付けたら、そのまま放置せずにカビを除去しましょう。カビ対策は自分でも比較的簡単に行えます。

靴に生えたカビ

革靴は雨漏りによる下駄箱の湿気以外にも、雨の日に履いたり足の汗を受けたりすることでカビが生えることがあります。革靴にカビが生えているのを見付けても、そのまま捨てなくても大丈夫です。自分である程度はケアできます。

革靴のカビは、最初に水で何とかしようとしてはいけません。水で洗う、水で絞った布で拭くというのはNGです。カビは湿気が多い場所を好むため、水にさらすことで湿度をさらに上げてしまいます。そのときはカビを落とせたと思っても革の内部のカビはそのまま残り、再びカビを誘発してしまうのです。

靴屋さんに行くと、革用のカビ取りスプレーが売られていますので、コットンにスプレーを染み込ませます。コットンでカビを外側から内側に拭き取ります。次に新しいコットンにスプレーを染み込ませたら、そのコットンで今度は靴全体を拭きあげましょう。

コットンで拭いてカビを取り除いたら、風通しの良い場所で靴を乾かします。このとき、直射日光が当たる場所を選んで靴を置きましょう。紫外線で殺菌を行うのです。一度完全に乾燥させてから、靴をまるごと水洗いして風通しの良い場所でしっかりと乾かします。これで靴のカビを退治することができます。

カバンに生えたカビ

カバンにカビが生えた場合も靴と同じです。水で濡れた布でカビを拭き取ってしまいがちですが、まずは革用のカビ取りスプレーでカビを拭き取り、天日干しします。紫外線にはカビを殺菌する作用があるので、向きを変えながらしっかりカバン全体を日光に当てて、太陽光線で消毒しましょう。

革用のカビ取りスプレーが見つからない場合は、ドラッグストアで売っている消毒用エタノールで拭いても効果があります。ただし革によってはエタノールで拭くと変色してしまうことがあります。必ず目立たない場所で一度拭き、変色が起こらないか確かめてから全体を拭くようにしましょう。

壁紙に生えたカビ

ドラッグストアに行くとカビ取り剤が売られていますが、水回りで使うことが前提となっている商品が多く、ほとんどの場合、壁紙には使うことができません。また強いにおいがしたり、触れるとヌルヌルするため完全に洗い流すことができない場所では使用しにくいのです。

カビが生えた壁紙を安全に綺麗にするには、重曹とお酢を使います。重曹はドラッグストアで300円程度で買うことができる粉です。磨き粉として使えるほか、湿気や匂いを取る効果があり、間違えて舐めたり触れたりしても人体に害がありません。小さな子どもやペットがいる家でも安心して使える掃除道具です。

お酢は酸性で殺菌作用があるので、最初に雑巾にお酢を含ませてカビを拭き取ります。「お酢のにおいが残るのでは?」と不安に感じるかもしれませんが、乾燥すればお酢のにおいは飛んでしまうので大丈夫です。

お酢で拭いても取れない汚れは、重曹に水を含ませてペースト状にし、重曹ペーストを古い歯ブラシなどに付けて歯磨きするようにカビの上を磨いていきます。重曹には磨き粉効果があるので、これであらかたきれいになります。壁紙が剥がれたり、傷んだりするかも、と心配な場合は、重曹を溶かした水をスプレーで壁に吹き付け、雑巾で拭き取るという方法でも対処できます。

カビを放置すると健康被害が起こる!

雨漏りのせいでカビが生えているけれど、掃除が面倒だという人もいるのではないでしょうか。しかしカビを放置することはとても危険です。

カビは目に見えない胞子を飛ばします。カビが生えている部屋にいるということは、気づかないうちにカビが飛ばす胞子をずっと吸い込み続けていることと同じなのです。カビを吸い込むことで喘息の原因になりますし、アレルギーを引き起こす原因にもなります。

それだけではありません。カビのせいで肺炎になることもあります。身体が弱っているときや抵抗力が少ない高齢者や子どもがいる家では、命に関わりかねないのです。

カビが引き起こすのは、喘息やアレルギー、肺炎だけではありません。これ以外にもカビが原因だと思われる病気や健康被害はたくさんあります。見つけたカビは放置せず、早急に掃除して取り除く必要があります。

カビは雨漏りのサイン、早急に対策して家と健康を守ろう

雨漏りする家は湿度が高くなるため、カビが生えやすくなります。特に革靴や革のカバンはあっというまにカビが生えてしまうので、注意が必要です。カビが生えている、湿気が高いと思ったら、見える場所で雨漏りしていなくても雨漏りを疑ってみましょう。

カビは見た目に不愉快なだけでなく、胞子を吸い込むことによって喘息やアレルギーなどの病気を引き起こします。肺炎の原因になることもあるため、カビを放置することは危険です。カビをきれいに掃除することはもちろん、原因となる雨漏りも根本から対策しなくてはいけません。家を支える木材が水が濡れたままにしておくと腐食し家の強度が弱くなるほか、シロアリが来る原因にもなります。家を守るためにも早めの雨漏り対策が必要なのです。

雨漏りの原因を見つけだし、補修するのは素人には至難の技です。業者に雨漏りの原因調査や補修を依頼しましょう。

Q&A一覧

「雨漏り」に関するQ&A

HOME

24時間スピード対応! 見積・相談無料

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせフォーム

~Q&A~

「雨漏り」に関するQ&A

Q&Aの一覧を見る