雨漏りのトラブルに年中無休で対応!世田谷世田谷 雨漏り&外壁塗装 リフォーム隊

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

雨漏りを防ぐ方法をおしえて!

雨漏りを防ぐ方法を教えます!

人生の中で最も高い買い物となるのが家です。多くの人が何十年もローンを組む家は、できるだけ買った時の良い状態を保ち、ダメージないまま良い状態を維持したいもの。しかしどうしても年月が経つにつれてあちこちが傷み、トラブルが出てきます。
その中でも、特に家全体に大きなダメージを与えるトラブルが雨漏りです。雨の日に家の中が濡れて困るだけでなく、さまざまな問題を引き起こします。雨漏りが起こらないように家を守るにはどうしたらいいのか、雨漏りを防ぐ方法をお伝えします。

雨漏りするのはなぜ?まずは理由と原因を知ろう

雨漏りがするのは廃屋のようなボロボロの家だけではありません。外から見たときは雨漏りするような家には見えなくても、雨漏りが発生することがあります。雨漏りは、屋根や外壁にできた隙間から雨水が入ることで発生します。隙間ができる原因として、経年劣化により屋根や外壁が傷み、ヒビが入った場合が考えられます。

ほかにも、台風などの強風で屋根の板金(屋根の高い部分を覆う金属の板)にゆがみができた場合、瓦が飛ばされた場合も隙間ができます。また、忘れてはいけないのが地震です。地震で瓦がずれたときや落ちたときも、屋根に隙間が発生します。外壁には防水効果がある塗装が施されています。ところが時間が経過すると塗装が劣化し、ヒビが入ります。このヒビも雨漏りの原因です。

隙間から雨漏りすることが多いのですが、他に注意が必要なのが、雨どいやベランダの排水口です。落葉樹が近くにある家だと、落ち葉が雨どいに積もり、雨水が流れなくなることがあります。雨どいから水があふれ、雨漏りにつながるということもありますので、雨どいの定期的な掃除は欠かせません。

また、マンションのベランダのように完全に箱型になっている場合、ベランダの床に雨水を流す排水口が作られています。しかし掃除をしていないと、この排水口の部分に枯れ葉やホコリ、髪の毛などが絡まって水が流れなくなることがあります。排水口から水がスムーズに流れないと、ベランダに水があふれて雨漏りすることがあるため、ベランダもこまめに掃除する必要があります。

雨漏りが問題視されるのは、天井や壁から水がしたたってきて不愉快だからというだけではありません。雨水が屋根や壁の隙間から入り込むと、天井や壁からにじむ前に、屋根や壁の内側にある断熱材や木材を濡らします。断熱材によっては水に濡れたことで重くなり、重さでつぶれて元に戻らなくなることがあります。こうなると断熱材としての機能をじゅうぶんに果たせなくなるため、夏は暑く冬は寒い家になり快適に過ごせません。それだけでなく、濡れた断熱材が触れている部分にカビが生えやすくなり、木材が腐っていきます。腐った木材があるとシロアリが集まり、家そのものを食い尽くしてしまいます。雨漏りは家の存続に関わる問題なのです。

雨漏りを防ぐ基本は、屋根と壁の定期的なメンテナンス!

雨漏りのせいでシロアリが来て、家が倒壊したとというようなことにならないためにも、定期的なメンテナンスをして雨漏りを事前に防ぐことが大切です。雨どいやベランダの排水口を定期的に掃除するというメンテナンスは、簡単で費用も掛からず、すぐにでも始められます。
それ以外に大切なのが、屋根と壁のメンテナンスです。どちらも直射日光や雨風に常にさらされているため、家の中でも劣化が激しい部分です。劣化したときに放置してダメージを深くしないためにも、定期的に手入れをし、良い状態を保つことが大切です。

外壁のメンテナンス

外壁は多くの場合塗装がされています。塗装には防水効果や断熱効果があり家を守っていますが、塗装の寿命はおよそ10年だと言われています。10年が近づくと防水効果などが薄れ、表面が粉っぽくなったりヒビが入ったりします。こうなったまま放置してしまうと雨漏りが起こる可能性が高くなるので、早めに外壁を塗り直すなどのケアが必要です。

外壁のメンテナンスとしては、今ある塗装の上に新しく塗装し直す方法がもっとも手軽でコストもかかりません。しかし、外壁全体が傷んでいると塗り直しでは対応できなくなります。その場合、今の外壁の上に新しい外壁を被せて外壁を二重にする方法や、今の外壁を剥がして新しい外壁に交換する方法などが取られます。外壁を二重にする方法や交換する方法は、塗装し直す方法に比べてコストがかかるため、10年の1度くらいの割合で外壁を塗り直すのがおすすめです。

屋根のメンテナンス

屋根は外壁に比べて寿命が長く、20年、もしくはそれ以上もつのが一般的です。瓦屋根の場合は、強風や地震などで瓦が割れたり落ちたりしない限りは基本的にメンテナンスフリーで過ごせるというメリットもあります。ただし、瓦屋根は瓦だけで作られているわけではなく、漆喰(しっくい)を使っている部分もあります。漆喰とは、瓦の接着や屋根の棟瓦(屋根の中央の高くなっている部分)の下に使用されている、白い壁のような素材です。漆喰は剥がれることがあるため、外壁のメンテナンス時に合わせて屋根も見てもらい、漆喰に剥がれがあれば直してもらうと良いでしょう。

最近の家で多いのがスレート屋根です。遠くから見ると平らな薄い板を重ねているように見える屋根がスレートです。スレート屋根は時間が経つと劣化してヒビが入るので、定期的なメンテナンスが必要となります。スレート屋根の寿命は平均して20年程度です。スレートのメンテナンスとして、全体の傷みがそれほどひどくなければ表面を塗装するという、外壁と同じ方法でケアできます。しかしダメージが大きい場合は塗装だけでカバーできないため、屋根の上に屋根を被せる方法か、屋根全体を交換する方法でメンテナンスします。

屋根を被せる方法は、塗装よりも費用がかかりますが、全体を交換するよりもリーズナブルです。また屋根が二重になるので、防音効果・断熱効果が生まれるというメリットがあります。一方、屋根をまるごと交換する場合、新しい素材の屋根を使えるため、屋根が今よりも軽くなる可能性が高くなります。すると家が屋根を支える負担が減るため、家の強度が上がります。また新しい屋根に交換したため、次のメンテナンスまでの時間が長くなります。

突発的な事故で雨漏りしてしまったら?保険が使えるかもしれないことに注目!

雨漏りを防ぐためには定期的なメンテナンスをして劣化の速度を遅らせることが大切です。しかし、雨漏りの原因は建物の劣化だけではありません。台風や雹(ひょう)などにより屋根や壁がダメージを受けたため雨漏りしたということもあります。

これらの自然災害が原因の場合は、加入している火災保険や損害保険の特約を使って修理することが可能です。火災保険や損害保険には「風災によって家が損害を受けた場合、その損害を補償する」という特約が付いていることが一般的です。この場合の風災とは、台風や突風などの強い風、雹などの落下物が含まれます。風災で屋根や壁にダメージを受けたことで発生した雨漏りの修理代は、保険を使って請求できるのです。

とはいっても、雨漏りの原因が劣化のためか風災のためかの判断をするのは困難です。そこで、保険会社に雨漏りの修理代を風災のためとして申請すると、保険会社から調査員が派遣されます。調査員は保険会社の社員ではなく、第三者的な機関に所属しています。調査員が雨漏りの原因を調べ、雨漏りの原因が風災によるものなのかを判断し、保険が使えるかどうかが決定されるのです。

明らかに風災で屋根や壁にダメージを受けたときは早急に、そして風災が原因だか分からないけれど雨漏りしている場合も、とりあえずは保険会社に連絡をしましょう。

雨漏りは発生する前に防ぐことが大切、メンテナンスのための貯蓄をしよう

いったん雨漏りが発生すると、家全体がダメージを受けます。雨漏りが起こらないようにメンテナンスを欠かさず、良い状態を維持することが大切です。メンテナンスの方法は複数ありますが、どの方法もそれなりに費用がかかります。10年に1度は必要になる外壁塗装にしても、30坪程度の家で、足場代を含め50万円以上はかかると考えた方が良いでしょう。外壁塗装時に足場を組むのですから、そのときに合わせて屋根のメンテナンスも行ったほうが効率的です。とすると、さらに予算が必要です。

いずれ必要になる家のメンテナンスのために、家を買った時から「メンテナンス用の貯金」をしておくことをおすすめします。定期的なメンテナンスが雨漏りを防ぐもっとも確実でかしこい方法です。

Q&A一覧

「雨漏り」に関するQ&A

HOME

24時間スピード対応! 見積・相談無料

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせフォーム

~Q&A~

「雨漏り」に関するQ&A

Q&Aの一覧を見る