雨漏りのトラブルに年中無休で対応!世田谷世田谷 雨漏り&外壁塗装 リフォーム隊

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

雨漏り被害の実情は?

雨漏りの影響は濡れるだけじゃない!知っておきたい雨漏り被害

雨漏りを見つけた時に、真っ先にどうにかしなければと考えるが、濡れてしまった家の中の掃除や濡れてしまったものへの対処です。衛生的でない部分も気になりますよね。

けれども、雨漏りの影響はそれだけではありません。見えない部分がもたらす悪影響はとても大きく、私たちの生活や家そのものに関わってきます。雨漏りが与える影響について、詳しくお伝えします。

雨漏りの影響は水が落ちてくるだけではない!見えない場所が大変なことになっている!

雨漏りに気づくのは、多くの場合天井や壁に水が染み、したたってきたときではないでしょうか。これらを見つけて「雨漏りしている!」と慌てることが多いのですが。これは雨漏りの中でも重症な状態です。

雨水が家の中に垂れてくるのは最終的な雨漏りの状態で、こうなる前に雨水は家の建材をジワジワと濡らし続けていたのです。雨漏りは屋根や壁になんらかの原因で隙間ができ、そこに雨水が入り込むことで発生します。隙間から入ってきた水はすぐに部屋の中ににじんでくるわけではなく、屋根や壁の中の断熱材や家を支えている木材を濡らします。これらが水分の大部分を吸い込みますが、最終的に吸い込みきれなくなった水があふれたものが、部屋の中に滴ってきた水なのです。

生活している中、目に見える状態で水が滴ってきたときは、雨漏りを起こしている箇所の建材やその周辺はびしょびしょに濡れていると考えて間違いありません。

雨漏りが家そのものに与える影響~一次被害~

雨漏りしている家の内部(屋根や壁の内側)はぐっしょりと濡れています。壁からの雨漏りであれば、壁の内側にある断熱材やすじかい(壁の枠を斜めに支えて強度を増す部分)、壁の板が濡れています。壁が濡れると壁紙に染みができカビが生えます。見た目にはシミだけでカビはなくても、壁紙の裏側にはカビが生えていたということが珍しくありません。それだけでなく雨漏りしている部屋の壁は、全体的に黒ずんで見えるようになってくるのです。

カビが生えるということは、部屋の湿度が高くなっているということです。壁紙だけでなく、和室であれば障子やふすまの表面もたわんできますし、靴やカバンなどの革製品にカビが生えやすくなります。

また、家を支えている木材が濡れたあと乾燥させずにいると、そのうち木材が腐食してきます。特に軒下などの日光が当たらず通気が悪い部分はなかなか乾燥できないため、腐食しやすいのです。腐食した木材はシロアリを呼び寄せます。シロアリは柱などの土台を食い尽くし、家の強度をもろくさせます。シロアリ被害にあった家は崩壊寸前ということも少なくありません。

雨漏りで家の内側が濡れるということは、家そのものを危機にさらしているのと同じことなのです。シロアリの被害は家の土台部分だけだと思われがちですが、屋根で雨漏りしている場合は屋根裏をシロアリが食い尽くすこともあります。家のどの部分にシロアリが出てもおかしくないのです。

自宅はマンションだから大丈夫、2×4だから大丈夫ということはありません。建物の形状を問わずシロアリ被害は発生します。

雨漏りで濡れる影響は木材だけではありません。建材に使用されているネジや釘などの金属も濡れるとさびてしまいます。コンクリート造りの家の場合も、コンクリートの内部には金属が入っています。この金属が錆びるとコンクリートの強度も下がるため、耐震性も下がります。

雨漏りが生活環境や体調を悪化させる~二次被害~

雨漏りの影響は建物自体を劣化させるだけではありません。私たちの健康にも影響を及ぼします。雨漏りで家の建材が濡れるとカビが生えやすくなるのですが、カビは胞子を飛ばします。カビが生えた部屋で生活するということは、ひっきりなしに空気中のカビを吸い込んでいることと同じなのです。

カビを吸い込むとカビ臭くて不快というだけでなく、アレルギーを引き起こす原因になります。アレルギーと聞くと、花粉やホコリなどのハウスダストを思い浮かべます。確かにこれらがアレルゲンとなることが多いのですが、カビの胞子も立派なハウスダストです。カビの胞子をはじめとするハウスダストを大量に吸い込むとアレルギー症状が出るリスクが高まります。

アレルギーの症状は非常にたくさんあります。くしゃみや鼻水などのアレルギー性鼻炎、アレルゲンが目に入ることで目がかゆくなるアレルギー性結膜炎、さらにアトピー性皮膚炎もアレルギー疾患のひとつです。アトピーは痒いだけでなく、重症化すると皮膚が紫色に変色してしまい、硬くなります。寝ている間に強いかゆみに襲われ、皮膚を掻きむしり血だらけになってしまうことも多く、かゆみのために眠れないという人も少なくありません。大人になってもアトピーの症状で悩んでいる人は多く、とてもつらいアレルギー疾患です。

ハウスダストにより喘息を発症することもあります。子供のころ喘息で大人になって治ったと思っていた人でも、汚れた空気の場所で生活すると再発することが多いのです。また、大人になってから喘息になる人もいます。風邪が治らない、咳が止まらないと思っていたら喘息だったということが少なくありません。喘息も激しい咳で苦しむほか、気道が狭くなり息をすることも困難になります。重症化すると命にかかわることもあります。

アレルギーは風邪と違って、数日寝れば治るというものではありません。何年、何十年と苦しみ続けます。カビが生えた部屋で生活するということは、これらのリスクと隣り合わせだということなのです。

また、雨漏りがする家は湿度が高くなります。高湿度はダニにとって生息しやすい環境です。ダニは25度前後の温度で、湿度が70%を超えると爆発的に繁殖します。雨漏りがする湿度が高い家は、ダニが繁殖しやすい環境なのです。

さらに、雨漏りは電気系統のトラブルも招きやすくなります。雨漏りにより家電製品のコードやプラグが塗れるとそこから漏電することがあります。さらに壁の中を通っている配線が劣化して絶縁体が破れているところに雨漏りで水がかかると、壁の中で漏電してしまいます。漏電すると実際に使っている以上に高い電気代を請求されるほか、最悪の場合火災を起こす可能性もあります。災害を引き起こすと住む場所を失うだけでなく、近所に迷惑をかけ、その後同じ場所に住みにくくなったり、怪我や死亡事故に繋がったりする恐れもあるのです。

雨漏りを放置すると家も健康も失うかも?!早めに修理しよう

雨漏りの影響は見えるところだけではなく、家の木材や壁の内側などにも及びます。水に濡れることで木が腐るとシロアリを呼び、家の強度が低くなるだけでなく、倒壊する怖れも出てきます。また、カビが生えるといろいろなアレルギーを引き起こす原因となるため、早めに雨漏りの修理を行うことが大切です。

雨漏りを修理するためには、屋根や壁の水が入り込む隙間を見つけて埋めていかなくてはいけません。しかし、素人が屋根に上がることはたいへん危険です。また、雨漏りの原因となる場所を目視で見つけるのは、経験を積んだ人でも難しい作業です。業者は目視で確認した上で、水を撒く調査やサーモグラフィーなどを使い徹底的に雨漏り箇所を洗い出したうえで修理を行います。

雨漏りしているということは、屋根や壁全体が劣化して全体的な補修が必要な場合も多いため、自分でなんとかしようとするのではなく、業者に連絡をして雨漏り調査と修理をしてもらいましょう。

Q&A一覧

「雨漏り」に関するQ&A

HOME

24時間スピード対応! 見積・相談無料

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせフォーム

~Q&A~

「雨漏り」に関するQ&A

Q&Aの一覧を見る