雨漏りのトラブルに年中無休で対応!世田谷世田谷 雨漏り&外壁塗装 リフォーム隊

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

応急方法を教えて!

急な雨漏り、どんな方法で応急処置すればいい?

家庭で起こるトラブルで、そのままにしておけないのが雨漏りです。今まで雨漏りなんてしなかったのに、急に天井や壁から水が垂れてきたらどうすれば良いのでしょうか。雨漏りが起こる原因や、応急処置方法、そして応急処置をした後にすべき根本的な雨漏り対策も気になりますよね。一度雨漏りした家は、そのあとも雨が降るたびに雨漏りします。雨漏りする家で気を付けるべきこともあわせて、雨漏り対策をお伝えします。

雨漏りはどこから起こる?原因を探し出せ

雨漏りが起きたとき、まずは応急処置をして室内の被害が広がらないようにしなくてはいけません。次にしなくてはいけないのが、雨漏りの原因を見つけ、根本から問題を解決することです。原因をそのままにしておくと、雨が降るたびに雨漏りするのではないかという心配をしなくてはならず、ストレスが溜まります。

多くの場合、雨漏りは屋根や壁にできた隙間から水が入ってくることで発生します。屋根や外壁は直射日光や雨風にさらされているため劣化しやすく、定期的なメンテナンスが必要です。メンテナンスをしていないと屋根の素材にヒビがはいったり、防水作用がある外壁の塗装が剥がれたりし、そこから水が入り込んできます。

また、きちんとメンテナンスをしているという家でも、台風や突風などで瓦が飛ばされてしまったり、屋根の板金(高くなっている部分を覆う金属の板)がゆがんだりして隙間ができることがあるのです。室内の応急処置はもちろん、雨が上がったあとは原因となる箇所の応急処置も行い、これ以上雨漏りが発生しないようにしなくてはいけません。

また、雨漏りの原因となる意外な箇所が雨どいです。雨が降ったあと、屋根から流れてくる水を受け止めて排水する部分ですが、周囲に落葉樹がたくさんあると、雨どいに落ち葉が積もり水が流れなくなることがあります。その結果、雨どいから水が溢れて雨漏りしたということもあるのです。雨が止んだあとは、屋根、外壁、雨どいなどをくまなくチェックし、「どこから雨漏りしたのか、雨漏りの原因はどこなのか」を探す必要があります。

屋根からの雨漏りを応急処置

室内の応急処置

天井から雨漏りしてきた場合、屋根に原因がある可能性が高くなります。まずは室内の被害を抑えるため、雨漏りしている箇所の下に新聞紙やビニールシートを敷き、その上にバケツを置いて水を受け止めましょう。このとき、バケツが空っぽだと上から落ちてきた雫がバケツの底に当たり跳ね返って室内を濡らします。それを防ぐには、バケツの底に古い布や畳んだ新聞を入れておくのがおすすめです。

また、天井に画びょうが刺せるようであれば、ビニールひもを天井から床の長さに切って、片端を雨漏りしている箇所に画びょうで留め、もう片方の端をバケツの中に入れます。こうすると雨水がビニールシートを伝ってバケツに入るため、水が跳ねて周囲を濡らす心配がなくなります。

屋外の応急処置

雨が止んだら、屋根を調べて雨漏り箇所の原因を見つけ、次に雨が降ったときに再び雨漏りしないように修理しましょう。瓦屋根なら、割れている瓦がないか、瓦がズレているところがないかを探します。また、漆喰(しっくい・瓦を接着させている白い粘土のような部分)が剥がれていないかもチェックしましょう。

スレート屋根(薄い板を重ねたような屋根、最近の家ではこのタイプの屋根が多い)は、家を建ててから20年ほど経過すると、全体が劣化してヒビが入りやすくなります。全体的にヒビが入っているようであれば自分では対処しきれないため、業者を呼んで修理をしなくてはいけません。しかし、ヒビが入っている箇所が1ヵ所か2ヵ所というような場合は自分で応急処置することも可能です。

また、屋根の一番高い部分は棟板金(むねばんきん・金属板)で覆われています。この部分が浮いて隙間が出来ていたり、ゆがんでいたりしないかを確認しましょう。問題がある箇所を発見したら、ホームセンターで防水テープを購入し、テープで隙間を塞ぎます。防水テープにはさまざまな種類があるので、屋根の修理に使えることが明記されている防水テープを購入しましょう。

テープを貼るときは、貼り付ける部分を布で拭いて水分と油分をしっかり取り除きます。こうすることで剥がれにくくなり、テープがしっかり固定されます。注意しなくてはいけないのが、屋根に上がる際の安全についてです。平屋でも屋根の上となればかなりの高さがあります。落下には十分気を付け、ヘルメットを被り、滑りにくい靴を履くなどして屋根に上りましょう。また、風が強い日は風にあおられてしまう可能性があるため、風のない日を選んで作業しましょう。

壁からの雨漏りを応急処置

室内の応急処置

壁から雨漏りしたら、まずは壁周辺の家具などをどかして家財道具が濡れないようにします。濡れている壁周辺にコンセントの差込口がある場合は、ブレーカーを落としてから繋いであるコンセントを抜いて漏電を防ぎます。壁が濡れている部分の下に雑巾やタオルを敷くなどして水を吸わせ、床に被害が広がらないようにしましょう。

注意したいのが、それが結露かどうかという点です。冬の夜などで内外の温度差が大きく、室内の湿度が高いと壁が結露することがあります。濡れている箇所が一部なのか壁全体なのかを確かめましょう。全体が湿っているようであれば結露の可能性があるので、窓を2ヵ所開けて室内の通気を良くし、状況が変化するかを調べてみましょう。

屋外の応急処置

雨が止んだら、外壁のどこから雨漏りしたのかを調べてみましょう。外壁の塗装にヒビが入っている部分がある、浮いて剥がれている部分があるなどの場合はそこが原因となっている可能性があります。また、パネルのような素材を貼り合わせている壁の場合、素材と素材をシーリングというボンドのような素材でくっつけています。このシーリングも古くなるとヒビが発生し、ヒビの箇所から雨水が入ってきます。パネルの間もよく見てみましょう。

塗装に発生したヒビの応急処置は、シーリングという建材用の接着剤を使います。まずはシーリングを打つ部分を布できれいに拭き、ホコリや水分、油分を拭います。シーリングを打つ部分の左右にマスキングテープを貼ってからシーリングを打ち、後でマスキングテープをはがすと仕上がりがきれいです。パネルを繋ぐシーリングのヒビは、上からシーリングを重ねる方法でも良いですし、カッターなどで古いシーリングを剥がし、きれいにしたうえでシーリングを打っても構いません。もし古いシーリングを剥がす場合は、プライマーという下地を塗ってからシーリングを打つと、シーリングが剥がれにくくなるのでおすすめです。

塗装してある壁の場合、壁の表面に触れて粉っぽいものが指に付くかどうかをチェックしましょう。もし壁全体がツヤを失い、指に粉のようなものが付着する場合は、壁の塗装が劣化している証明になります。今回の雨漏りの原因を見付け隙間を補修しても、違うところに隙間ができまたすぐに雨漏りしてくる可能性があるのです。そのため、自分で応急処置をするよりも業者を呼んで壁全体をメンテナンスしてもらうことをおすすめします。

応急処置はその場しのぎにすぎない

雨漏りしたら、とりあえずは室内の応急処置をしなくてはいけません。その後に行う、室外での応急処置についてもお伝えしましたが、できれば自分で応急処置をする前に業者を呼んで、全体的な雨漏りのチェックと修理を依頼することをおすすめします。

雨漏りの原因となる箇所を見つけるのは、実は素人にはとても難しい作業です。プロでも経験がある人でなければなかなか見つけることができません。また、雨漏りの原因となる箇所は1ヵ所とは限りません。複数の箇所から水が入り込んでいることも考えられます。

さらに、雨漏りが発生したということは、全体的な劣化が考えられるメンテナンスが必要だというサインでもあります。とりあえず自分で応急処置しても、全体の劣化を食い止めることはできません。プロによる適切な雨漏り修理と全体のメンテナンスを行い、家の寿命を長くして良い状態で保つことが大切です。

Q&A一覧

「雨漏り」に関するQ&A

HOME

24時間スピード対応! 見積・相談無料

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせフォーム

~Q&A~

「雨漏り」に関するQ&A

Q&Aの一覧を見る