雨漏りのトラブルに年中無休で対応!世田谷世田谷 雨漏り&外壁塗装 リフォーム隊

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

火災保険が使えるの?

雨漏りには火災保険が使える!保険で賢く雨漏り修理

雨漏りは家を濡らし建材を痛めるため、早急に修理する必要があります。しかし、シーリングを打って隙間を埋める補修では応急処置にすぎない場合がほとんどです。しっかりと屋根や壁の補修をしなければ、すぐにまた雨漏りしてしまうことが多く、大掛かりな修理をしなければ根本的な解決になりません。

そこで問題となるのが、雨漏りの修理にかかる費用です。屋根や壁を直すなるとかなりの金額が必要となります。金銭面で修理に踏み切れないという人も多いのではないでしょうか。そんな人にお伝えしたいのが、火災保険で雨漏り修理を行うという方法なのです。

火災保険のカバー範囲はこんなに広い!

火災保険は万が一火災を起こしてしまったときに、受けた損害を補償してくれる保険です。しかし、火災保険が補償してくれるのは火災による損害だけではないことを知っていましたか?火災保険にはさまざまな特約が付いていて、補償範囲がとても広いのです。
加入する保険会社にもよりますが、火災保険には以下の保証が付いているのが一般的です。

・火災
・落雷
・爆発や破裂
・風災
・雹(ひょう)
・盗難
・車両の追突

火災や落雷、風災などはほとんどの火災保険で補償されています。しかし盗難や車両の衝突による補償は、付いている火災保険と付いていない保険がありますので、加入している保険の内容を確認しましょう。

この中には雨漏りは入っていませんが、上記に挙げた理由が原因で雨漏りが発生し損害を受けると、火災保険の適用対象となります。

火災保険が保証するのは風災による被害限定

雨漏りの原因のほとんどは、屋根や壁に隙間が発生し、そこから雨水が入り込んだためです。この隙間は、老朽化によってできることもありますが、風災が原因の場合もあります。火災保険では、風災で屋根や壁がダメージを受けたことにより発生した雨漏りの損害を補償してくれます。しかし老朽化による雨漏りは補償対象外となるため注意が必要です。

ところで火災保険のいう「風災」とは、どのような災害を指すのだろうかと疑問に思う人も多いのではないでしょうか。風災とは風による災害という意味ですが、台風や暴風がこれにあたります。また、木枯らしや春一番も強い風です。災害だと思わないようなときに起こる強風で被害を受ける場合もあります。

火災保険では、風や雨が吹き込んだことで建物の外側(屋根など)が破損し、内部に雨風が吹き込んだことで発生した損害も補償対象です。

火災保険が補償するのは風災が原因で発生した雨漏りということになりますが、「うちは雨漏りするけれど、これは風災が原因なのか、老朽化が原因なのか分からない」という人も多いと思います。仮に台風の際に強風が吹き付け、棟板金(むねばんきん・屋根の高い部分を覆う金属板)が浮いてしまったことで雨水が入り込んだとしても、雨漏りが台風の最中に起こるとは限りません。台風では瓦の浮きだけが発生し、その後、風の向きにより雨水が浮いた部分から入り込んで雨漏りになったということも考えられます。台風から時間が経っているので、何が原因で屋根や壁にダメージが生まれ、雨漏りしたかが分かりにくいのです。

雨漏りの中には、建物の老朽化によるものと風災の被害によるものがあることが考えられますが、その区分けはどこですればよいのかが問題となります。保険会社からすればできるだけ補償したくない、利用者側からすればすべて補償して欲しい、というのが本音です。そのため、中立的な立場の人が雨漏りの原因を調べ、特定する必要があるのです。

そこで、専門の資格を持った鑑定士が登場します。保険会社に雨漏りの被害を保険で補償したいことを伝えると、雨漏り診断士が訪問し、屋根や壁を調べて雨漏りが風災によるものなのか老朽化が原因なのかを調査するのです。その上で、風災が原因だと分かれば火災保険が下ります。

日本は毎年のようにいくつもの台風を迎えています。また突風も多いので、1年のうちに何度も屋根や壁は強風にさらされ、ダメージを受け続けているといっても過言ではありません。古い家でも、設備自体には問題ないというケースも少なくありません。雨漏りの原因は、風で飛んできた飛来物が屋根や壁にヒビを入れたためという可能性もあるのです。

自宅の雨漏りを老朽化が原因だと決めてしまわず、保険会社に一度、補償を申し出てみることをおすすめします。

雨漏り修理にかかる費用と保険が補償する金額

雨漏り修理にはいったいどのくらいの費用がかかるのでしょうか。そして、火災保険はその全額を補償してくれるのかも気になります。一部だけを修理するのか、それとも屋根や壁全体の修理が必要かという点や、屋根や壁の素材によって修理費が変わります。

たとえば瓦屋根の家で、瓦が1枚割れたことが原因で、瓦の下の防水シートなどには問題がなかったという場合、瓦を交換するだけで終わります。しかし雨水がしみ込んで防水シートが傷み、その下の屋根板が腐食していた場合は大掛かりな屋根の工事が必要となります。

屋根の問題が表面だけで、塗装すればダメージを回復できる場合、塗装するだけという修理方法もあります。この場合、標準的な一戸建てだと20万円~50万円が修理費用です。
屋根がスレート屋根(モルタルのような平らな屋根)やトタン屋根なら、今ある屋根の上に新しく屋根を被せるカバー工法という補修方法もあります。カバー方法は塗装よりも値段が高くなりますが、屋根全体が覆われるため再び雨漏りする心配がなく、また遮音性や防音効果も生まれる方法です。カバー工法の場合は100万円以上の工事費がかかります。
雨漏りにより屋根全体が傷み、塗装やカバー工法で対応できない場合、屋根全体を交換するふき替え工事を行います。ふき替え工事は最も工事費が高くなる方法で150万円前後~200万円はかかると考えましょう。

雨漏りの原因が外壁にある場合もあります。外壁も屋根と同じように、塗装またはカバー工法、全体を張り替える方法のいずれかで補修を行います。サイディング(パネルのような壁)やモルタルの壁で、全体が劣化していなければカバー工法での工事が可能です。しかし劣化が激しい場合、カバーするための下地を作ることができないため、壁の全面張り替えを行うことになります。塗装工事は100万円から、カバー工法は150万円以上、張り替えは200万円以上かかります。

火災保険では、工事費が20万円以上かかった場合その工事費の全額を補償します。そのため、雨漏りの原因が風災によるものだと分かった場合、これらの高額な工事費は保険でまかなわれると思って良いでしょう。
軽微なヒビや割れだけが原因で簡単なコーキング(ボンドのような素材で張り付ける)で済む、というケースでもない限りは、工事費はすべて保険で支払えることになります。

専門の鑑定士が雨漏りの原因を診断、まずは保険適用の申請をしよう

雨漏りの原因が風災によるものだった場合、火災保険の特約を使い、雨漏りの修理を行うことができます。雨漏りの原因の多くは屋根や壁に隙間が出来たためですが、隙間ができた原因は台風などの強風だった可能性があります。

保険会社に雨漏り修理を保険で行いたい旨を申し出ると、保険会社から専門の資格を持った鑑定士が派遣され、雨漏りの原因を診断します。その上で風災が原因だと分かれば雨漏り修理にかかる費用は保険でまかなうことが可能です。

雨漏りは早く修理しなければ、入り込んだ雨水により建材が腐食して家がどんどん傷み、資産価値が下がります。まずは保険会社に連絡をして、雨漏り修理に保険を使いたいことを伝えましょう。

Q&A一覧

「雨漏り」に関するQ&A

HOME

24時間スピード対応! 見積・相談無料

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせフォーム

~Q&A~

「雨漏り」に関するQ&A

Q&Aの一覧を見る