雨漏りのトラブルに年中無休で対応!世田谷世田谷 雨漏り&外壁塗装 リフォーム隊

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

借りている物件での雨漏り発生。どうする?

賃貸マンションで雨漏り発生?!どうしたらいいか教えて!

生活をしていると思いがけないトラブルに遭遇することがあります。雨漏りはその中でも、最もやっかいなトラブルだと言えるでしょう。じわじわと部屋の中を濡らし、不衛生で不愉快になるだけでなく、家具や家電に被害を与えることもあります。万が一雨漏りが発生したら、すぐに対処して被害を最小限に抑えなくてはいけません。

もし、賃貸マンションで雨漏りが発生したらどうしたら良いのでしょうか。借りている部屋なので、自分で出来ることも限られています。賃貸マンションで雨漏りが発生したときの応急処置や、被害を受けたときの対処法についてお伝えします。

マンションでも雨漏りは発生するの?

雨漏りというと、木造一戸建ての家で発生するイメージが強いのではないでしょうか。鉄筋コンクリート造りのマンションでは雨漏りなど発生しないと思っている人も多いかもしれません。

しかし、コンクリート造りの建物でも雨漏りは発生します。コンクリートも劣化や地震などの力が加わることで亀裂が入り、そこから染み込んだ雨水が室内ににじんでくることがあるのです。雨漏りは屋根や外壁にできた隙間から雨水が入り込むことで起こることが多いのですが、それ以外にも、窓やエアコン取り付けのために壁に作った配管などから水が入ってくることもあります。また、マンションの場合ベランダが付いていることが多いのですが、ベランダも表面に貼られている防水シートが劣化すると雨漏りしやすくなります。

さらに、マンションでの雨漏りと戸建ての雨漏りの大きな違いが「雨漏りではなく、水漏れの可能性がある」という点です。上階の住民がなんらかの理由により部屋に水をあふれさせてしまった結果、その水が下の階の部屋にしたたっているかもしれないのです。雨が降っていない時に水がしたたってくれば上階の部屋で何かがあったことが予想されますが、雨の日にこれが起こると、雨漏りなのか水漏れなのかをすぐに判断することができません。

いずれにせよ、マンションに住んでいても雨漏りや水漏れの被害に合う可能性はゼロではないということを覚えておきましょう。

もし雨漏りが発生したら、すべきことはこれ!

もし賃貸マンションで雨漏りが発生したら、すぐに管理会社に連絡をして、状況確認と修理業者の手配を依頼しましょう。「雨漏りと言っても少ししか濡れていないし、面倒だから放っておこう」と考えてはいけません。

その時は水で濡れているだけのように見えても、雨漏りはやがて壁紙に染みを作り変色させます。また、壁や室内のいたるところにカビが生えやすくなります。カビにより靴やカバンが台無しになるだけでなく、カビが生えた部屋で生活をすることで絶えずカビの胞子を吸い込むため、アレルギーや喘息になるリスクが高くなるのです。
さらに、賃貸契約を結ぶと部屋を借りた人は「借りた部屋の状況を良好に保つ努力をする」という義務が発生します。雨漏りの放置は、この義務を怠ったとみなされ、退去時に高額の修繕費を請求される可能性があるのです。

このような事態に陥るのを防ぐため、雨漏りを見つけたらすぐに管理会社に連絡し、雨漏り(または水漏れ)が発生していることを伝えましょう。賃貸では、基本的に自分の不注意により壁や窓などを壊したのでなければ、修理費は請求されません。雨漏り修理にかかる費用は大家さんが負担してくれます。

管理会社や修理業者が営業している時間内で、台風の最中などでなければ、比較的すぐに様子を見に来てもらえるはずです。しかし、夜中などで連絡をすることができない場合は、雨漏り被害を最小限に抑えられるように、自分で応急処置をしましょう。雨水が壁から染み出している場合や、エアコンの配管を通している穴から染み出している場合、バスタオルなどを雨漏りしている箇所の下に広げ、雨水をタオルに吸わせるようにしましょう。

天井から雨漏りしているときは。水が垂れてくるところの下に新聞紙やレジャーシートを広げます。その上にバケツを置き、バケツで水を受け止めましょう。このとき、バケツの中にも新聞紙や古布を入れておくと、上から落ちてくる水がバケツの底で跳ね、周囲を濡らしにくくなります。天井に画びょうを刺せるようであれば、ビニール紐を長く切って、片方の端を雨漏りしている箇所に画びょうで留め、もう片方をバケツの中に垂らします。こうすると雨水が紐を伝ってバケツに入るため、水が跳ねないのでおすすめです。

窓枠の周辺から雨水が入り込む場合も、バスタオルを窓枠に沿って置き、水が室内に広がらないようにします。窓から雨が入り込む場合、左右の窓の合わせ目のわずかな隙間から、風による雨の向きが原因で雨水が入っている可能性があります。網戸が付いていれば、網戸の枠が問題となる合わせ目の上に来るように、網戸を動かしてみましょう。網戸の位置を変えるだけで窓からの雨漏りを防げることもあります。

いずれにせよ、雨漏りや水濡れを発見したら、早急に管理会社に連絡をし、対処を依頼しましょう。

雨漏りで家電が壊れた!家具が濡れた!弁償してもらる?

雨漏りで垂れてきた水が家具にかかって、家具が変色してしまった、家電を濡らして家電が壊れてしまった、という二次被害が起こることも珍しくありません。もし雨漏りが原因で自分の持ち物が被害を受けたら、大家さんに弁償してもらうことはできるのでしょうか。

雨漏りが発生して被害を受けた場合、建物の管理がきちんとできていないため大家さんに責任があるという考え方と、自然災害なので大家さんに責任はないという考え方の2つの考え方があります。

賃貸マンションに限らず、建物は定期的なメンテナンスが必要で、メンテナンスをすることで防水効果を高め、雨漏りなどの被害が起こりにくくなります。建物の劣化による雨漏りは、メンテナンスが不十分で合ったと考えられるため、ほとんどの場合は大家さんまたは管理会社から弁償(補償)してもらうことができるでしょう。また、新築や築浅の物件での雨漏りの場合は施工不良が考えられますので、同じく大家さんや管理会社を通して話をすれば、施工業者から補償してもらえる可能性が高くなります。
一方、台風や雷雨などの自然災害により建物がダメージを受けて雨漏りが発生した場合は、大家さんにも管理会社にも非はありません。この場合、加入している火災保険を使うことができます。賃貸契約時に火災保険に加入するようにすすめられる、もしくは義務付けられていることがほとんどです。火災保険は火災時の補償だけでなく、特約で自然災害によって被った損害についても補償してくれるのです。

例えば、台風で飛んできた飛来物が壁やエアコンの配管にぶつかり、その結果雨漏りが発生した場合、雨漏りしたことで受けた被害は保険会社に請求できます。このとき請求できるのは、被害を受けたものを購入したときの金額ではなく、新しく買い直した金額です。レシートなどは捨てずに全部保存しておきましょう。

賃貸マンションでの雨漏り、家賃の減額もあるかも?放置は絶対ダメ!

賃貸マンションで雨漏りした場合、「家賃減額の交渉ができないかな?」と考える人もいるのではないでしょうか。すぐに修理などの対処が行われ雨漏りしなくなった場合の交渉は難しいのですが、修理をしても雨漏りが止まらない、修理してくれないなどの場合は家賃減額の交渉が可能です。

賃貸物件は、「問題なく生活できる部屋を貸す」ことが前提です。雨漏りする部屋は問題なく生活できる部屋ではありません。これだけでも家賃減額の交渉材料になります。それだけでなく、事前に「雨漏りがする部屋ですが大丈夫ですか」といったような説明をされていない場合は、「雨漏りしない部屋でこの家賃」という前提で部屋を借りているため、雨漏りが発生し、解消されない時点で契約時の条件と異なる部屋を借りているということになりますので、さらに交渉できる余地が増えるのです。

しかし、雨漏りが解消しない部屋は衛生的ではありませんし、今後も他のトラブルが起きる可能性があります。早めに他の物件に引越しを考えたほうが良いでしょう。いずれ引っ越すことにするとしても、雨漏りの放置はNGです。借り主としての「部屋の状態を良好に保つ」義務は果たさなければいけないので、応急処置や管理会社への連絡を怠らないようにしましょう。

Q&A一覧

「雨漏り」に関するQ&A

HOME

24時間スピード対応! 見積・相談無料

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせフォーム

~Q&A~

「雨漏り」に関するQ&A

Q&Aの一覧を見る