雨漏りのトラブルに年中無休で対応!世田谷世田谷 雨漏り&外壁塗装 リフォーム隊

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

雨漏りで漏電するとどうなる?

雨漏りで漏電?!漏電するとこんな被害が起こるかもしれない!

雨漏りは建物を傷め、壁や家具を濡らしてしまうという被害のほか、漏電を引き起こす危険があります。雨が降るとブレーカーが落ちる、家の中の金属部分に触れた際にピリッとしたことがある、という経験がある家庭では、雨漏りにより漏電が起こっている可能性があります。

電子機器や電気の配線は水分に弱いという特徴があります。漏電すると家電製品が壊れる可能性があるだけでなく、最悪の場合は火災などの大きな事故が起こるかもしれません。

漏電による被害や漏電の確認・対策方法を知り、未然に事故を防ぎましょう。

雨漏りが漏電を引き起こすかもしれない!

通常、電線や家電製品は絶縁処理されていて、内部を流れる電気の通り道が確保されています。しかし電線や接続部分が老朽化したり傷ついたりすると、通り道以外の場所から電気が漏れてしまうことがあります。これが漏電です。

漏電は、雨漏りなどで配線や接続部分が水に濡れて、水分が絶縁体の隙間から入り込むことで発生する場合もあります。そのため、電線や家電製品にとって水や湿気は大敵です。水は電気を通す性質があるため、濡れることで危機の故障だけでなく事故といった大きなトラブルにつながる可能性があります。

壁の隙間や屋根から染み込んだ雨水は、木材を腐食させたり壁紙を汚したりするだけでなく、気づかないうちに配線や電化製品を濡らし、漏電を引き起こすかもしれないのです。また、漏電が起きるのは見える部分だけではありません。壁の中を通っている配線が雨漏りでしみ込んできた水に濡れた結果、老朽化していた部分から漏電している場合もあるのです。そんな状態の配線に雨漏りで水がかかると、思わぬ被害に見舞われてしまうなんてことも。

雨漏りで漏電するとどんな被害が起こるの?

漏電をすると、供給されている電気の一部しか使えず、あとの電気は垂れ流しになっています。そのため、使っている以上の電気代を請求されて電気代が高くなります。「電気代が上がった」「そんなに電気を使っていないのに電気代が高い」と感じている家庭では、漏電が起きている可能性を考えてください。
また、家電製品に水分は禁物です。もし雨漏りで家電製品が濡れて漏電している場合、家電製品の故障を引き起こす恐れがあります。さらに、漏電しているとブレーカーが落ちることが多くなります。

ブレーカーは電気を多く使いすぎたときにだけ落ちるわけではありません。ブレーカーには漏電ブレーカーという機能が付いている場合があります。この漏電ブレーカーは建物内のどこかで漏電が起きていることを察知すると電力を遮断、ブレーカーが落ちて停電状態になるのです。ただし、漏電ブレーカーが必ずしも作動するとは限りません。ブレーカーの内部や配線自体が雨漏りで水濡れすると、漏電ブレーカー自体が故障して作動しない場合があることも覚えておいてください。

また、古い家屋に設置されているブレーカーには漏電ブレーカーが付いていないケースもあります。もし自宅のブレーカーを見てみて漏電ブレーカーが付いていなようなら、最寄りの電気工事業者に連絡をしてブレーカーの交換を依頼すると、万が一漏電が起きたときにすぐわかるので安心です。

雨漏りで起きた漏電、怖いのは二次被害!

雨漏りが原因で漏電したとき、怖いのは上記で説明したような被害ではなく、二次被害です。漏電による二次被害は、大災害や大事故を引き起こす可能性が高いのです。

漏電している機器に触れると、電気が触った人の身体に流れて感電します。触った場所がビリッとするだけの場合もあれば、流れる電気の量が多いと強い痛みを感じ身体が動かなくなるだけでなく、ショック死する場合もあるのです。また、感電は家電製品に触れたときだけ起こるわけではありません。漏電により建物自体に電気が流れると、建物の金属部分に触れただけで感電することもあるので注意が必要です。

さらに怖い二次被害が火災です。通常、電気が漏れるとアースを通して地中に流れます。しかしアースが接続されていない機器や配線が漏電して電気が漏れると、壁面などを電気が通ります。このとき、電気が通ることで発熱し、引火するケースがあるのです。特にモルタル(※)造りの壁は内部に金網を下地として使用しており、、漏電により壁の中の金網が発熱して発火することがあります。壁の中で起きる火災はすぐにわからないため、燃えていることに気づいたときは手遅れになりがちです。

火災は自分の家が被害を受けるだけではなく、近隣の家も巻き込んでしまう恐れが高い災害です。また人命に関わることもあるため、最も避けたい災害だともいえます。

※モルタル:セメントと砂を混ぜたも。レンガやブロクを固定するときやコンクリートの表面の仕上げの際に使用する。

漏電していることが分かったらどうしたらいい?

自分の家で漏電が起きているかどうかを調べるには、電気工事業者や近所の電気店に依頼すると漏電のチェックをしてもらえます。また、電気保安協会でも電気の安全診断を行っています。電気保安協会の診断は無料なので、気軽に依頼してみましょう。

もし、それほど電気を使っていないのに急に電気代が上がったなど、明らかに漏電が疑われる状態なら、漏電している箇所をあらかじめ調べておくと良いでしょう。このチェックは自分で簡単におこなえますので下記の方法を試してみてください。

〈チェック方法その1 〜アンペアブレーカーと主幹ブレーカーを確認〜〉

電気を使っている最中にブレーカーが落ちたとき、落雷などの原因がなければ、電気の使い過ぎか漏電が疑われます。家庭に付けられているブレーカーを見てみると、電力会社と契約をしたアンペアブレーカーと、主幹ブレーカー、そして各部屋に電気を分岐させる分岐ブレーカーがあります。

電力会社が設置したブレーカーは契約しているアンペアごとに色が違うブレーカーで、いちばん大きなブレーカーです。電力会社が設置したアンペアブレーカーはONのままで主幹ブレーカーが落ちていたら漏電の可能性があります。

〈チェック方法その2 〜分岐ブレーカーと主幹ブレーカーを確認〜〉

それぞれのブレーカーのスイッチをON・OFFできますので、いったんすべての分岐ブレーカーをOFFにします。次に主幹ブレーカーをONにします。もしこのとき主幹ブレーカーがONにならなければ分電盤内部でトラブルが起きています。
問題なく主幹ブレーカーをONにできたら、次は1つずつ分岐ブレーカーをONにします。分岐ブレーカーを上げている途中で主幹ブレーカーや漏電ブレーカーが落ちれば、その分岐ブレーカーが電気を流している回路上で漏電している可能性が高いことが分かります。

電気工事は専門の資格を持った人しか行えない工事です。素人がうかつに手を出すと感電し、事故が発生するの恐れがあります。場合によっては重篤な事故につながることがあるため、資格のない人が自分で工事することは禁じられています。トラブルや漏電の可能性を感じたらすぐさま電気工事店に依頼し、漏電している箇所を修理してもらいましょう。

雨漏りを放置すると漏電以外にも被害が起こる、早めに修繕しよう

雨漏りは建物を傷めるだけでなく、漏電を引き起こす可能性があります。漏電するとブレーカーが落ちたり電気代が高くなったりするだけでなく、感電による事故や火災が起きる恐れあります。最悪の場合死亡事故につながる場合もあるのです。

漏電していると感じたら大きな事故が起きる前に、電気工事業者に連絡をしてください。また、雨漏りが原因で漏電している場合、雨漏りを直さなければまた違う箇所から漏電してしまう恐れがあります。漏電の修理も必要ですが、雨漏り対策も同じくらい大切です。早急に雨漏りの修繕を行い、建物が傷まず安全に暮らせるように手を打ちましょう。

Q&A一覧

「雨漏り」に関するQ&A

HOME

24時間スピード対応! 見積・相談無料

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせフォーム

~Q&A~

「雨漏り」に関するQ&A

Q&Aの一覧を見る