雨漏りのトラブルに年中無休で対応!世田谷世田谷 雨漏り&外壁塗装 リフォーム隊

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

放っておいて大丈夫かしら!?迷った時に読む記事

雨漏りを放置するとこんな恐ろしいことに!雨漏りが引き起こす被害

雨漏りしているけれど、修理費の見積もりを取ったら高すぎて工事を先延ばしにしているという家は少なくありません。雨が降ったときに雨漏りしているところだけ対処すれば良いと考える人もいますが、雨漏りが引き起こす被害は水濡れだけではないことを知っていますか?

雨漏りを放置すると、家そのものがダメになったり、病気を患ったりします。それだけでなくさまざまな害虫や害獣を招き寄せてしまう原因にもなるのです。健康的かつ快適に過ごすためにも、雨漏りが引き起こすいろいろな影響を知っておきましょう。 

雨漏りが起こるのはなぜ?

雨漏りが引き起こす悪影響は、雨漏りの原因と深く関わっています。雨漏りは多くの場合、屋根や壁にできた隙間から水が入り込むことで発生します。ここで注意したいのは、入り込んだ水がそのまますぐに天井や壁からにじんで滴ってくるのではないという点です。雨で染み込んだ水は、屋根や壁の内側にある断熱材や木材を濡らします。ある程度は断熱材や木材が水分を吸い取りますが、吸い取り切れなくなった水分が目に見える雨漏りとなって室内ににじんでくるのです。そのため、雨漏りを見つけた時はその奥がびしょびしょに濡れていることを理解しなくてはいけません。

水が家の中に入り込むのは、経年劣化により屋根材や外壁の塗装や傷んでヒビができたり、台風などの強風で屋根を覆う板金が歪んだりし隙間ができるためです。また、新築や築浅の家であっても、施工ミスにより雨漏りが発生することがあります。できてしまった隙間は放っておけばふさがるということはありません。修理しないと雨が降るたびに雨漏りを発生させ、壁の内側や屋根の内側を濡らしてしまうのです。

雨漏りを放置すると家が倒壊する恐れあり!

雨漏りにより壁の内側や屋根の内側が濡れると、どんな影響があるのでしょうか。
壁や屋根の内側には断熱材が入っていて、冬の寒さや夏の暑さから室内の環境を守っています。断熱材は濡れてもしばらくすると乾くことが多いのですが、全ての断熱材がきれいに乾くとは言い切れません。柔らかい素材で作られている断熱材は、水を吸うと断熱材自体の重みでフカフカした部分がつぶれてしまい元の厚みに戻らないことがあります。こうなると断熱材が本来持っていた断熱効果が発揮されなくなります。せっかく断熱材が入っているのに、夏は暑く、冬は寒い家になってしまうのです。

また、断熱材は壁の中や屋根の中という密閉された空間にあり、直射日光が当たるわけでも通気性が良いわけでもないので、なかなか乾かずにカビが生える可能性もあります。特に、壁や屋根の断熱材として使われることが多いグラスウールという素材は湿気をため込む特徴があり、接する木材や壁を腐食させやすいのです。

日本では多くの家が木造です。木で家の骨組みを作って支えているわけですが、水に濡れたまま放置して乾かさなかったり、濡れた断熱材が常に触れたりしている状態が続けば当然ながら木が腐ってしまいます。木が腐ること自体、家の強度が弱まる原因となりますが、問題はその先です。腐った木はシロアリを呼び寄せます。シロアリが巣を作ってしまうと、雨漏りで濡れた場所だけでなく家全体をシロアリに食い尽くされてしまう恐れがあるのです。

シロアリ被害にあった家の柱を見ると、外側は問題ないけれど内側はシロアリが食い尽くしてスカスカということが珍しくありません。シロアリが食べるのは土台部分だけだと思われがちですが、被害が屋根に及ぶ場合もあります。木が腐ったりシロアリによって食べつくされたりした場合、弱い地震などの刺激でも家が倒壊する恐れがあります。

また、私たちは生活している中で必ず電気を使っています。家には無数の電気の配線が張り巡らされ、たくさんの家電製品に囲まれています。ところが電気の配線がある場所や家電製品がある場所で雨漏りすると、漏電を起こしたり家電製品を故障させてしまったりします。家電製品が壊れたくらいで済めばまだ良いほうで、いちばん恐ろしいのは漏電が引き起こす火災です。家を失うことはもちろん、人命に関わる事故になりかねません。雨漏りは家の一部を濡らすだけではなく、平穏な人生を失うきっかけになってしまうかもしれないのです。

雨漏り放置のせいで、アレルギー、喘息を発症!

雨漏りの影響は私たちの健康にも及びます。
雨漏りする家は当然ながら湿度が高くなり、雨のたびに屋根や壁が濡れるため、カビが生えやすくなります。見た目にはカビが生えていなくても、壁紙の裏側や壁の内側はカビがびっしりということは珍しくありません。また、湿気が高いと革製品にカビが生えやすくなります。靴やカバンは良いものを買っている、高価なものを使っているという人は少なくありませんが、それらにカビが生えてしまうかもしれないのです。お気に入りの革製品がカビで台無しになったらとてもショックですが、それ以上に大変なのが、雨漏りによって生えたカビが引き起こす健康被害です。

カビは胞子によって増えるため、カビが生えた部屋の中はカビの胞子が常に浮遊しています。カビの胞子は、ホコリや花粉と同じハウスダストのひとつです。しかし、ただのハウスダストと甘く見てはいけません。カビが私たちの肉体に与える影響は深刻です。ハウスダストを吸い込むとアレルギーの原因となります。アレルギーの症状としては、皮膚の痒みや鼻水、くしゃみなどの鼻炎の症状、目の痒みなどが一般的です。しかしこれだけでなく、アトピーの原因になったり、喘息を引き起こしたりもします。さらに、カビにより肺炎を発症することもあるのです。

体力のある大人ならまだしも、子どもや高齢者が肺炎にかかると命に関わります。カビが生えている部屋で生活をするということは、これらのリスクと常に隣り合わせで生きるということなのです。もちろん、すべての人がアレルギー疾患を発症するわけではありませんし、肺炎になるわけでもありません。しかし、カビが生えていない部屋に住んでいる場合と比べると、リスクは何倍も高くなります。

アレルギー疾患は数日安静にすれば治るという簡単なものではありません。一生ついて回ることになりますし、薬を飲み続けなければいけないというケースもあるでしょう。なにより、折に触れてアレルギーによる体調不良で苦しい思いをする人生はつらいものです。
快適に、そして心配ごとが少ない人生を送るためにも、カビが生えない環境を維持することはとても大切です。

ネズミが出るのは雨漏りを放置したから?雨漏りに気づいたら即修理しよう!

最近家にネズミがいる気配がする、夜間に天井裏を走り回っている音が聞こえるということはありませんか? ネズミは水を好むため、雨漏りがしているとネズミが住み着きやすくなります。さらにネズミはフンを撒き散らかすので、ネズミに住みつかれると衛生的な問題も発生します。そのうえ雨漏りで湿度が高くなりがちなことから、ダニも繁殖しやすくなります。雨漏りする家は、さまざまな害虫や害獣にとっても居心地が良い環境なのです。

雨漏りするだけでもストレスがかかりますし、家が傷みます。その上さらに害虫や害獣に悩まされると、気が休まる暇がありません。それだけでなく雨漏りはアレルギー疾患の原因にもなるのです。雨漏りに気づいたら放置せず、早急に修理して雨漏りしない環境を作りだすことが大切です。高い修理代も、台風などの突風で屋根や壁がダメージをうけたことが原因なら、火災保険や損害保険でまかなえる場合があります。雨漏りがもたらす悪影響は数え切れません。雨漏りは放置せず早急に対処しましょう。

Q&A一覧

「雨漏り」に関するQ&A

HOME

24時間スピード対応! 見積・相談無料

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせフォーム

~Q&A~

「雨漏り」に関するQ&A

Q&Aの一覧を見る