雨漏りのトラブルに年中無休で対応!世田谷世田谷 雨漏り&外壁塗装 リフォーム隊

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

エアコン周辺から雨漏り。どうして?どうしたらいい?

エアコン周辺から雨漏り!どうして?どうしたらいい?

雨漏りと聞いてイメージしやすいのは天井からの雨漏りでしょう。しかし、雨漏りが起こるのは天井からだけではありません。家の中のいたるところで起こる可能性があり、雨漏りの症状もポタポタと水が垂れるだけではないのです。

そんな雨漏りの中でも、多いのがエアコン周辺で起こる雨漏りです。なぜエアコン周辺から雨漏りするのでしょうか。そして、エアコン周辺から雨漏りしたらどのように対処すれば良いのでしょう。雨漏りの原因や対策をお伝えします。

エアコン周りが濡れてる?それって雨漏りかも!

天井からの雨漏りであれば、通常濡れるはずがない部分なので「雨漏りしている!」と早い段階で気づくことができます。しかしエアコン周辺が濡れている場合、「エアコンの不具合かな、故障かな」「エアコンの中が結露したのかな?」とさまざまな可能性が浮かぶため、雨漏りだとすぐに気づかない可能性があります。

とくに夏は、冷房機能を作動させているとエアコンから水滴が落ちてくることもあるので、エアコンの周辺が濡れているからといって、一概に雨漏りだとは言えません。しかしエアコン周りは、実は雨漏りしやすい箇所です。エアコンの周りが濡れていたり、床に水滴が落ちていたりする場合、エアコンの不具合だけでなく雨漏りの可能性も疑いましょう。

どうしてエアコン周りから雨漏りするの?

いったいなぜエアコン周辺で雨漏りが発生するのでしょうか。雨漏りは屋根や壁など、家の外側を守る部分に隙間ができ、その隙間から雨水が入り込むことで発生します。隙間ができる原因は建物の劣化や、強風・地震によるダメージなどさまざまです。

エアコン周辺から雨漏りしやすいのは、建物に穴をあけてエアコンを取り付けるという独自の設置方法に原因があります。エアコンは排気のための配管を建物の外に出すことから、壁に穴をあけなくてはいけません。この配管の取付口は、家の外側と内側からパテや専用のカバー、建物専用のボンドを使い隙間を塞ぐ方法で処理し、隙間ができないように施工されるのが一般的です。

しかしきちんと処理されていなかったり、そもそも処理を忘れていたりというケースがあります。すると、雨水がエアコンの配管を通すためにあけられた穴から入り込み、雨漏りしてしまうのです。
エアコン周りで起こる雨漏りは、配管の処理がきちんとされていなかったために発生することがほとんどなのですが、「エアコン周りの水濡れ」にも注意しましょう。これはエアコンに何らかの問題があり、エアコン周辺が水で濡れるケースです。雨漏りではないので建物は問題がないことが多いのですが、エアコンを使うたびに水滴が落ちてきてエアコン周辺を濡らすと、エアコンの近くにある家電などが故障したり、壁や床にカビが生えてしまったりすることがあります。

エアコンから水が落ちてくる原因は大きく2つに分けられます。エアコン内部に問題があるケースと、建物の外に出ているドレンホース(排水用のホース)に問題があるケースです。エアコンにはフィルターが設置されています。フィルターの内側には、空気を温めたり冷やしたりするフィンという部品があります。エアコンの冷房機能を使うとき、空気が急激に冷やされることでフィンが結露します。フィンから出た水はドレンホースから室外に流れるようになっているのですが、結露した水の量が多いと、室内側に水が落ちてくることがあるのです。

フィンは少なからず結露しますが、水が室内側から落ちてくるほどの結露となると、部屋を冷やしすぎているなど、使い方に問題があるかもしれません。また、フィンの結露はフィルターやエアコンそのものの掃除をすることで緩和されます。「そういえばしばらくエアコンの掃除をしていないな」という人は、エアコンを掃除してみましょう。フィルターの掃除はとても簡単です。フィルターを外し、フィルターの外側から掃除機をかけてホコリを吸い取ります。ホコリはフィルターの外側に付くため、間違えて内側から吸ってしまうとホコリがフィルターに詰まって取れにくくなってしまいます。どちらから吸うかを間違えないようにしましょう。掃除機で吸うだけでも良いですし、そのあと水洗いすれば細かい汚れも落ちてよりきれいになります。

フィルターを外したら、その奥にあるフィンも一緒に掃除しておきましょう。フィンの掃除にはエアコンクリーナーを使います。掃除機でフィンの汚れを吸い、エアコンクリーナーを吹き付け、少し置いてから元通りにフィルターをセットすれば簡単です。

最後に注意したいのが、ドレンホースに問題がある場合です。ドレンホースとはエアコンが作動する際に出た水を屋外に排出するためのホースで。エアコンの配管と一緒に外に出ています。室外機のあたりを見ると細いホースがありますが、それがドレンホースです。このドレンホースが捻じれていたりたるんでいたりすると、水が流れなくなって詰まり、逆流して室内で水漏れを起こすことがあります。また、ドレンホースの先端が枯れ葉でふさがされていたり、ホースの中に虫が入り込んで内部が詰まっていたりすることがあります。この場合も水が流れずに逆流してしまいます。

フィルターやフィンを掃除してもエアコンからの水濡れが直らないという場合は、ドレンホースの先がふさがれていないか、中に何かが詰まっていないか確認しましょう。

賃貸でエアコン周りから雨漏りしたらどうするべき?

もし賃貸住宅でエアコン周りから雨漏りしたら、まずはどこから水が出ているのかを調べましょう。エアコンが壁に取り付けてある周辺や配管を通しているあたりの壁が湿っている、壁から水がしみ出しているという状態なら雨漏りです。すぐに大家さんまたは管理会社に連絡をして、雨漏りの修理を依頼しましょう。「雨漏りしている」と連絡をすれば、多くの場合すぐに様子を見に来た上で修理業者を手配してくれます。

業者が来るまでのあいだ、室内に被害が広がらないよう、雨漏りしている箇所の床の上に新聞やビニールシートを敷いて被害を最小限にとどめましょう。
壁が濡れているのではなく、エアコン本体からポタポタ水が落ちてくるようであれば水漏れです。エアコンを止め、フィルターやフィンに汚れがないか、ドレンホースが詰まっていないかなどを確認してください。

エアコン周辺から雨漏りしているけれど、賃貸だし自分の家ではないから構わないと放置するのは厳禁です。賃貸で部屋を借りると、借りた側には「部屋を良好に保つ」義務が発生します。雨漏りは雨が降ったときに室内を濡らすだけでなく、壁の内側にある断熱材を傷め、木材を腐らせる可能性があります。また、頻繁に水に濡れることで壁紙が黒ずんでカビが生えたり、床が腐ったりすることもあるのです。雨漏りを放置してこのような状態にしてしまうと、退去時に修繕費用を請求される可能性があるので気をつけてください。。賃貸で雨漏りしても、修理費は大家さんが払いますから費用の心配はしなくて大丈夫です。雨漏りは放置せず、すぐに連絡して対処してもらいましょう。

雨漏りが引き起こすトラブルはこんなにたくさん!早急に修理しよう

雨漏りは部屋が濡れるだけでなく、家具や家電、衣類など生活に必要なものまで濡れて台無しにしてしまいます。また、雨水により壁の内側や家を支えている木材が濡れることで、家の断熱効果が失われたり、木材が腐って家の強度が損なわれたりすることもあります。なにより木材が腐るとシロアリがやってくるため、家が倒壊する可能性も出てきます。

また、雨漏りする家は湿度が高くなるため、壁や家の中の革製品などにカビが生えやすくなります。カビは胞子を飛ばしますが、胞子を吸い込むことにより、いろいろなアレルギー疾患にかかりやすくなります。

さらに、雨漏りする家では漏電が起る可能性が高くなる点にも注意しましょう。漏電すると、電気代がやたらと高くなるという経済的な損失を生むだけでなく、火災や感電などの事故が起こる可能性も出てきます。雨漏りは放置せず、すぐに修理して雨漏りが引き起こすさまざまなトラブルを回避しましょう。

Q&A一覧

「雨漏り」に関するQ&A

HOME

24時間スピード対応! 見積・相談無料

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせフォーム

~Q&A~

「雨漏り」に関するQ&A

Q&Aの一覧を見る