雨漏りのトラブルに年中無休で対応!世田谷世田谷 雨漏り&外壁塗装 リフォーム隊

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

雨漏り?水漏れ?見分ける方法と対策

雨漏り?水漏れ?違いを見分ける方法と対策

天井や壁に水が染みてきたり、水が滴ってきたりしたら大変です。大慌てで室内に被害が広がらないように応急処置し、雨漏りの原因をあれこれと考えるのではないでしょうか。しかし、その水は雨漏りではない可能性があります。なんらかのトラブルで上階が水浸しになり、その水が漏れてきたのかもしれません。

だからといって、雨漏りと水漏れをどうやって見分ければ良いか分からないし、どのように対処すれば良いかも分からないという人が多いのではないでしょうか。今回は、雨漏りと水漏れの違い、見分け方、そして対処方法をお伝えします。

雨漏りと水漏れの違いって何?

雨漏りと水漏れに違いはあっても、家の中に水が入ってきて室内にある家具や家電などを濡らすことには変わりありません。どちらもできれば一生遭遇したくないトラブルです。

雨漏りはその名の通り、雨水が屋根や壁にできた隙間から雨水が漏れ出てくることです。建物の劣化や破損が原因となり、雨漏りの原因となる箇所を修理しない限り、雨が降るたびに繰り返してしまいます。家が古くなっているのに適切なメンテナンスを行っていない場合や、新築でも施工ミスがあった場合、また台風や地震で建物にダメージがあると雨漏りが発生します。

一方で水漏れは、なんらかの原因で水をあふれさせ、その水が階下や周辺に染みて被害を与えることを指します。たとえば、洗濯機のホースが外れて洗濯機を置いてあるスペースが水浸しになり、その水が階下に滴るといった人的な事故であることが多いという特徴があります。水漏れは集合住宅で発生しやすく、近所の住民に被害を与えるとトラブルになりやすいため、注意しなくてはいけません。

部屋を濡らす水が雨漏りなのか水漏れなのかは、濡れた日が雨かどうかで分かります。また、アパートやマンションの最上階以外に住んでいて天井から水が滴ってきたら、水漏れの可能性が高いと考えてください。

雨漏りだったらこう対策する!

さて、雨漏りと水漏れとの違いはわかりましたが、もし自宅で雨漏りが発生したらどうしたら良いのでしょうか。まずは、雨漏りの被害が広がらないように雨水を受け止める応急処置をしましょう。雨水が天井から落ちてくるようなら、水が落ちてくる箇所の下に新聞紙やビニールシートを広げ、床が雨水で濡れないようにします。その上で水が落ちてくるところにバケツを置き、雨水を受け止めましょう。高い位置から落ちてくる雨粒がバケツの底など硬いところに当たると、跳ね返った雫が周囲を濡らします。それを避けるためには、バケツの底に新聞紙や古い布を敷いておくのがおすすめです。

また、ビニールひもがあれば、天井から床までの長さにカットし、片方の端を雨水が染みてくるところに画びょうで留めます。もう片方の端はバケツの中に垂らしておくと、雨水がひもを伝ってバケツに落ちるので、水が跳ね返る心配が少なくなります。

壁や窓から雨漏りする場合も、雨漏りする箇所の床の上に新聞やビニールシートを敷いて床が極力濡れないようにしたうえで、タオルを置いて水を吸わせましょう。雨漏りするのが自分の持ち家なら、雨が上がった後で雨漏りの原因を探して、修理しなくてはなりません。雨漏りは放置すると、屋根や壁の中の断熱材や木材を濡らします。木材を濡れたまま放置するとやがて腐り、シロアリが巣を作り始めます。こうなると家が倒壊する恐れが出てくるため、なるべく早く業者を呼んで雨漏り修理をすることをおすすめします。

賃貸住宅で雨漏りした場合も放置は禁物です。賃貸契約を結ぶと、借りた側は建物を良好な状態に保てるように努力するという義務が発生します。雨漏りは建物全体を傷めるため、雨漏りを放置することは、建物を良い状態を保つという義務を放棄したことと同じです。雨漏りした家は壁や床が傷み、カビが生えたり腐ったりしますが、退去時にこれらの修繕費用を求められる可能性があります。

雨漏りしていることが分かったら、すぐに管理会社か大家さんに連絡し、早急に修理を依頼しましょう。賃貸物件の雨漏りの修理費は大家さんが払うことになるので、部屋を借りている側が払う必要はありません。

水漏れの対策方法

雨でもないのに急に天井や壁が濡れたという場合や、雨だけれど我が家は最上階ではないという場合、上階から水漏れが発生していることが考えられます。集合住宅に住んでいる場合は、すぐに上の部屋を訪れて、上から水が漏れていること、水回りで何かトラブルが起きていないかを尋ねましょう。

工事などで配管を外し、元に戻したけれどきちんと接続されていなかったという場合や、お風呂の水を出しっぱなしにしていてあふれたなど、水漏れにはさまざまな原因が考えられます。上階の住民がすぐに原因に気づいて水を止めてくれれば、大抵の場合すぐに水漏れが止まります。もし原因を探すのに時間がかかっているようであれば、水道の元栓を締めてこれ以上水が流れないようにしたうえで、原因を探してもらいましょう。次に自室に戻り、水が漏れている箇所の周辺にある家具や家電などを移動させ、自室の被害ができるだけ広がらないようにしてください。

最近では、宅配便や予定された訪問者でない場合は居留守を使うことが珍しくありません。そのような場合は、建物の管理会社に連絡をして事情を話し、上の部屋の住民に管理会社から連絡をしてもらいましょう。

水漏れは雨漏りと違い、一気に大量の水が流れてくることがあります。そのため被害が大きくなりがちです。上の部屋のトラブルによる水漏れで自分の持ち物が被害を受けた場合、どうなるのかも気になりますよね。水漏れで自宅が被害を受けた場合、自分が入っている火災保険の特約が適用されます。ほとんどの人が加入している火災保険は、火災のときだけでなく水漏れや自然災害などによって受けた損害も補償してくれるのです。保険が適用されれば、新しく買い直す家具などの購入費用にそのまま保険を使うことができます。

もしくは、水漏れの原因が他の部屋の住民の不注意によるものだという場合は損害賠償を請求することも可能です。この場合も、問題を起こした部屋の住民が個人賠償責任保険に加入していれば、その保険を使って損害を補償してもらえます。ただし注意したいのは、使える保険は自分が加入している火災保険か問題を起こした部屋の住民が加入している保険か、どちらか一方だけです。2つの保険を両方を適用させることはできませんのでご注意下さい。

雨漏りも水漏れも放置せずに早めに対処しよう

雨漏りも水漏れも違いはあれど、どちらも室内が濡れて家財道具に被害が及びます。雨漏りは少しずつ被害が広がりますが、水漏れの場合は一気に水が落ちてきて対処しきれないことがあります。どちらにせよ、原因を見付けて早急に対処しなくてはいけません。雨漏りは業者を呼んで雨漏り箇所を探し、雨漏りの修理を行いましょう。

水漏れは上階に住んでいる住人を訪ねて水漏れが起きていることを説明し、まずは水道の元栓を締めてこれ以上水漏れが発生しないようにしたうえで、原因を探して対処してもらうことが必要です。水漏れの場合は自分もしくは相手の保険で損害を補償できますので、あまりカリカリせず、まずは水漏れの原因を探しましょう。

Q&A一覧

「雨漏り」に関するQ&A

HOME

24時間スピード対応! 見積・相談無料

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせフォーム

~Q&A~

「雨漏り」に関するQ&A

Q&Aの一覧を見る