雨漏りのトラブルに年中無休で対応!世田谷世田谷 雨漏り&外壁塗装 リフォーム隊

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

雨漏りの修理、見積もり額は?損せず直したい

雨漏りの修理、見積もり額はどのくらい?損せず修理する方法は?

雨漏りはなるべく早めに修理し、家を支える木材の腐敗がおこらないようにすることが大切です。しかし雨漏り修理は、修理する規模やダメージによって多額の予算が必要となることが多く、「修理したいけれど見積もり額によっては修理を見合わせなくてはいけないかもしれない」という家庭も多いのではないでしょうか。雨漏り修理の見積もり額がどのくらいになるのか、そして無駄に高い金額を払わされる目にあうことなく、良心的な業者を見つけてできるだけ安い金額で修理するためにはどうすれば良いかをお伝えします。

雨漏り修理のメインは屋根と壁、見積もり額の目安はこのくらい

雨漏りは家に隙間ができ、その隙間から雨水が入り込むことで発生します。隙間ができやすい主な場所は屋根と外壁で、雨漏り修理の多くは屋根や外壁のメンテナンスを含む補修となります。

全体的にダメージを受けているわけではなく、屋根や壁の一部にヒビが入っているといったちょっとした隙間であれば、その隙間をふさぐだけで良いため、修理費はとても安く数万円程度で行える場合がほとんどです。しかしこれは、あくまで全体的な傷みはなく、何らかの事故で一部に損傷が出た場合の修理方法です。

多くの場合、雨漏りする家の屋根や壁は全体的に劣化して傷んでいることが多く、全体を修理する必要があります。予算をかけたくないからと、全体的な傷みを無視して一部だけを修理しても、応急処置に過ぎず、すぐに他の場所から雨漏りしてしまう可能性が高いのです。

屋根・壁ともに修理方法は3種類あります。もっともリーズナブルで簡単に修理が行えるのが、屋根や壁を塗装し、塗料によって防水機能を持たせたりちょっとしたヒビをふせいだりする方法です。塗装だけなら、外壁と屋根合わせて約100万円程度の予算が必要です。もちろん、上質な塗料を使うといったプランのランクを上げるたり、大きな家だったりする場合はもっと予算がかかります。

塗装の次にリーズナブルなのが、カバー工法という修理方法です。これは、今ある屋根や壁はそのままに、上に新しい屋根や壁を被せて二重にするという方法です。塗装よりも予算はかかりますが、二重になることで防音機能や断熱性が高まります。屋根をカバー工法で二重にする場合の予算は約100万円、外壁は約150万円です。しかし屋根や壁の傷みが激しいと、この方法では工事ができない場合があります。

最後に、既存の屋根や壁を取り払い、新しいものに変える葺き替え(ふきかえ)または張り替えという方法があります。予算はかかりますが、新品になるので次のメンテナンスがだいぶ先で良く、新しくなる分、軽く機能が優れたものを取り付けることが可能です。屋根の葺き替えは150万円以上、壁は200万円以上かかるのが一般的です。雨漏り修理では、見積もり額が数百万円になることは珍しくないのです。

雨漏り修理で高額請求されないための予防策

雨漏り修理には多額の予算が必要ですが、家の修理などめったに行わないためどのくらいお金がかかるかが分からないことがほとんどです。業者が出してきた見積もり額を見ても、それが妥当な金額なのか、高いのか、安いのかがすぐには分かりません。まっとうな商売をしている業者に当たれば良いのですが、運悪く悪徳業者にひっかかり、高額な見積もり額を提示される可能性もあるのです。悪徳業者に引っかからないためには、いくつかの方法があります。

複数の業者から見積もりを取る

引越しを業者に頼む際も、複数の業者に見積もりを頼むと良いと言われていますが、雨漏り修理も同じです。数社から見積もりを取ることで、自宅の雨漏り修理にかかるだいたいの金額の目安が分かります。3社に見積もりを依頼し、2社が100万円と提示しているのに、200万円と提示した業者がいれば、明らかに高額請求です。また、複数から料金の見積もりをもらうことで、「御社に頼みたいけれど、他で見積もりをもらったら〇円と言われていて迷っているんです」と、料金の値下げ交渉もしやすくなります。

見積もりの明細が詳細にかかれている業者を選ぶ

見積もりを取る際、明細に「足場代 〇円、塗料代 〇円」などと、何にいくらかかるかが詳しく記載されているかを確認しましょう。このように細かく金額を提示している会社は正当な金額を提示していることが多いので信用できる業者である可能性が高いのです。しかし「工事一式 〇円」というように、詳細な明細が書かれていない場合、何にどれだけ予算が必要なのかが分かりません。業者が高額請求をできる余地が大きいので注意が必要です。

細かく説明し、話を聞いてくれる業者を選ぶ

雨漏り修理をするとなると、業者といろいろ相談する機会が増えますが、このときの業者の対応にも注目しましょう。雨漏り箇所や、それに対して行える修理方法について丁寧に説明し、工事に使う素材についてもおすすめを伝えたうえで、どれが良いか選ばせてくれるような担当者がいる会社がおすすめです。担当者と会話をすることで、こちらの要望や不安を伝えやすく、万が一修理工事中や修理後にトラブルが起きたとしても気軽に相談することができます。見積もり額が安くても、こちらの話を聞かずに強引に進めようとする業者や、まったく説明してくれない業者の場合、何かあったときに相談しにくいですよね。担当者の態度もとても大事です。

火災保険を使えば0円で雨漏り修理できるかも?

「雨漏り修理の見積もり額が高額すぎて、修理できない!」という家庭もあるでしょう。しかしあきらめるのは早いかもしれません。実は火災保険の特約で雨漏り修理ができる可能性があるのです。火災が起きたときのためにほとんどの家が加入する火災保険には、複数の特約があります。その中に「風災による損害を補償する」という特約があることは、あまり知られていません。

風災とは、台風や突風など強風による自然災害のことです。強い風が吹いたため瓦が飛んだ、ズレたということがときどき起こります。また、強風により屋根の板金(屋根の高い部分を覆う金属の板)が歪んだり浮いたりしたなどで、そこから雨漏りが発生することがあります。このような被害に対しては、修理に保険を使うことができるのです。

ところが雨漏りにすぐ気づけないことも多いため、今発生している雨漏りがいつから起きているのか、それが劣化によるものか風災によるものかを判断することは困難な場合がほとんどです。そのため、保険会社に「雨漏り修理に保険を使いたい」と伝えると、調査員が派遣され、雨漏りの原因を調査します。その結果、風災による損害により雨漏りしていたことが分かれば、雨漏りの修理代は保険でまかなうことが可能となるのです。雨漏りしている場合は、ダメもとで保険が使えないか、保険会社に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

雨漏り修理の見積もりはかならず複数の業者からとること!

雨漏り修理は足場を組む大掛かりな工事となり、修理箇所も広範囲にわたるため、見積もりが高額になります。しかしその見積もり額が妥当な値段かどうかは、素人にはなかなか分かりません。

悪徳業者にひっかかり高額請求されないためには、複数の業者から見積もりを取り、比較することが大切です。見積もりに細かく明細が記載されている業者は金銭面を明確に提示しているため信用がおけます。また、きちんと話を聞き、丁寧な説明をしてくれる業者を選ぶと、あとあと問題が起きたときにも気軽に相談できるのでおすすめです。

雨漏り修理には保険が使える場合もありますし、保険が使えなくてもリフォームローンが使えます。見積もり額が高額になっても修理を先送りにせず、早めに修理して家が傷まないようにしましょう。

Q&A一覧

「雨漏り」に関するQ&A

HOME

24時間スピード対応! 見積・相談無料

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせフォーム

~Q&A~

「雨漏り」に関するQ&A

Q&Aの一覧を見る