雨漏りのトラブルに年中無休で対応!世田谷世田谷 雨漏り&外壁塗装 リフォーム隊

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

おすすめの雨漏り対処法を教えて!

雨漏りが起きたらこうすればいい!おすすめの雨漏り対処法

突然起こる雨漏りは誰にも予想できません。もし急に雨漏りしてしまったら、どのように対処すればよいのでしょうか。誰でもすぐにできる室内での雨漏り対処方法、もう雨漏りしないためにしておきたい屋外での対処方法、そして根本的に解決する方法をお伝えします。

室内の雨漏り対処、応急処置はこうする!

室内で起こる雨漏りは、天井からポタポタと水が落ちてくるケースと壁から水がにじんでくるケースの2つがメインです。もし天井からポタポタと水が落ちてきたら、水が落ちる場所の下にあるものをとりあえず動かし、家具や家電がこれ以上被害を受けないようにしましょう。次にビニールシートや新聞紙を水が落ちてくる場所に広げ、その上に水を受け止めるためのバケツや桶を置きます。

バケツや桶の下にビニールシートなどを広げるのは、上から落ちてきた水がバケツの底やバケツに溜まった水に当たり、跳ね返った雫が周囲を濡らさないようにするためです。バケツの底に古い布や新聞紙を敷いておくと、跳ね返りの水の被害をできるだけ少なくすることができます。

ビニールひもがあれば、天井から床の高さにビニールひもをカットし、片方を雨漏りしている箇所に画びょうで刺しましょう。こうすると雨漏りの水がビニールひもを伝って下へ流れます。ひもの端をバケツの中に入れておけば、雨水を静かに誘導できるので雫が跳ね返ることもありません。

壁や窓枠、エアコンの配管の周辺などからジワジワと水が染みてくる場合は、水が染みている箇所の下にビニールシートを敷いて垂れてきた水が床に広がらないようにします。そして壁に沿ってタオルを敷き、タオルでできるだけ水を吸うようにしましょう。雨漏りの水なら一気にダラダラと流れ込むことはあまりないので、この対処方法で1日くらいは問題なくしのげるでしょう。

自分でできる、屋外の雨漏り応急処置

雨が降っている最中は雨漏りしている家の中でどう対処するかが大切ですが、雨が止んだら雨漏りの原因となる箇所を探して処置しなくてはいけません。雨漏りは屋根や壁に隙間ができ、その隙間から雨水が入り込むことで発生します。隙間を埋めない限りは雨が降るたびに雨漏りが発生してしまうため、隙間をふさぐ応急処置が必要です。

隙間を探すには屋根やはしごに上るなどして目視でチェックしなくてはいけません。平屋の屋根でもそれなりの高さがありますが、2階建て、3階建ての屋根ともなると相当な高さです。万が一足を滑らせて落ちたということがないよう、十分に注意して屋根に上がりましょう。

雨が降っている最中は足が滑りやすくなりますし、風が強いと風にあおられてバランスを保ちにくくなります。屋根に上がったり、はしごを使ったりするときは、風のない晴れやくもりの日を選びましょう。

はしごは、傾いたり倒れたりしないように、地面に接する側は庭木や柱にロープで結びつけて固定します。はしご上部もベランダの手すりや雨どいを支える金具にロープで結びつけるなどして安定させましょう。隙間を見つけたら、防水テープを貼るか、コーキング剤(住宅用のボンド)を打って隙間を塞ぎます。防水テープもコーキング剤もホームセンターに売られていますので、比較的簡単に手に入れることができます。

防水テープを貼る前に注意したいのは、貼り付ける場所を雑巾で拭いてホコリや砂などを払い、水分や油分が残らないようにしておくことです。このようにしないとせっかく防水テープを貼っても剥がれやすくなってしまいます。

貼り付ける素材(瓦に貼るのか、コンクリートに貼るのか、金属に貼るのか)によっても選ぶテープの種類が変わってきます。防水テープは購入する前に、そのテープが自分が貼り付けたい素材に使えるものなのかどうかをきちんと確認して買い求めましょう。自分で屋外の雨漏り対処をするときは、くれぐれも安全を第一に考えて行動します。ヘルメットを被る、滑りにくい靴を履く、命綱をつけるなどし、無理はしないことが大切です。

雨漏りの再発を防ぐにはどう対処するべき?

自分で雨漏りの原因と思われる隙間を見つけてふさいでも、またすぐに雨漏りしてしまうことがあります。雨漏り対処の基本は隙間を見つけてふさぐことですが、これが意外と難しく、プロでも目視だけで困難な領域です劣化が原因で隙間ができている場合は、隙間が1ヵ所とは限らず、複数ある場合があります。1ヵ所を見つけてふさいでも、他の隙間が残ったままならそこから雨漏りしてしまうのです。

プロに雨漏りの調査を依頼すると、目視での調査に併せて赤外線や散水調査、蛍光塗料などを使った調査を組み合わせ、全ての隙間を探し出します。つまり、それくらい目視だけで隙間を全て見つけるのは大変なのです。

雨漏りが再発しないようにするためには、業者に雨漏り調査を依頼して雨漏りの原因となる箇所を全て見つけ出したうえで対処しなくてはなりません。対処方法も全体が劣化したことが原因の場合、1ヵ所を修理してもすぐに他の箇所にほころびができる可能性があります。こうなると修理してもまた違う科所から雨漏りが発生し、修理と雨漏りを繰り返すはめになってしまいます。そのため、応急処置的な「隙間を埋める」雨漏り対処ではなく、屋根や壁全体をメンテナンスする対処が求められます。

屋根や壁は年月の経過とともに劣化し、当初持っていた防水機能もだんだんと失われます。屋根にヒビがはいったり壁の塗装が剥がれたりする前に塗装をし直すなどのメンテナンスが必要ですし、ダメージが酷くなったら屋根や壁を重ねて二重にしたり、新しいものに取り換えたりと大掛かりな対処が必要になります。そうならないためにも、定期的に屋根や壁のメンテナンスをして全体が傷む速度を遅らせ、雨漏りしにくい状態を保つことが大切です。

雨漏りは放置せずにきちんと対処することが大切!

雨漏りしているけれど、室内で応急処置すればとりあえず大丈夫だと雨漏りの修理を先延ばしにしている人もいるかもしれません。また、業者に雨漏り修理の見積もりを頼んだところとても高額だったので修理せずに放置している人もいます。

しかし、雨漏りするということは雨が降るたびに家を支える木材を濡らし腐らせる原因を積み重ねています。濡れた木材をそのままにしているとやがて腐り、腐った木材を求めてシロアリがやってきます。シロアリが巣を作ってしまうと、雨漏りで濡れた部分だけでなく家全体を食い尽くされ、家が倒壊する恐れもあるのです。

雨漏りを放置することは、家を内部からボロボロにしてしまうこととにもつながります。また、雨漏りする家は湿度が高くなるので、家の中でカビが生えやすくなります。カビはアレルゲンの一種で、胞子を飛ばします。カビが生えている部屋で生活するということは、常にカビの胞子を吸い込むことになり、さまざまなアレルギーの症状を引き起こす原因にもなります。

雨漏りは家にダメージを与え、健康に害を与えるトラブルです。放置すればしただけ、被害が大きくなります。雨漏り修理はリフォームローンを使うこともできますし、台風などの突風で屋根や壁が壊れたことが原因であれば火災保険の特約が適用にもなります。雨漏り修理にかかる数十万や数百万を惜しんだばかりに家が倒壊してしまったら、その被害額のほうが何十倍も大きいのです。雨漏りは放置せず、気づいたらできるだけ早い段階で対処しましょう。

Q&A一覧

「雨漏り」に関するQ&A

HOME

24時間スピード対応! 見積・相談無料

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせフォーム

~Q&A~

「雨漏り」に関するQ&A

Q&Aの一覧を見る