雨漏りのトラブルに年中無休で対応!世田谷世田谷 雨漏り&外壁塗装 リフォーム隊

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

責任は誰?賃貸物件での修理費は誰が払う?

賃貸で雨漏り発生!賃貸で雨漏り発生!責任は誰?修理費は誰が払う?

賃貸で借りている部屋で雨漏りが発生したときに、「自分のせいだと言われて大家さんに怒られたらどうしよう」「雨漏りの修理費用を求められたらどうしよう」と不安になる人もいるのではないでしょうか。借りている部屋だと、雨漏りなどのトラブル時はどう対処すれば良いか分からないことも多いですよね。賃貸で雨漏りが発生したときの責任の所在や、修理費用は誰が負担するのかなどについてお伝えします。

賃貸の雨漏り、何が原因?

雨漏りは屋根や壁に何らかの原因で隙間が発生し、隙間から雨水が入り込むことで起こります。賃貸住宅の場合も、建物のどこかに隙間ができたため雨漏りが発生していると考えて良いでしょう。「自分が借りている部屋はまだ新しくてきれいだし、隙間なんて見当たらない」と驚くかもしれませんが、新しい建物でも施工ミスによって隙間ができることがあります。また、外から見た限りでは隙間など見当たらないというような建物でも、プロが確認すると雨漏りの原因になる隙間が複数潜んでいることも珍しくありません。

賃貸住宅での雨漏りは、雨漏りの原因によって責任の所在が変わります。たとえば前述のように、施工ミスが原因で雨漏りが発生したのであれば、売り主の責任となり売り主が修理や補償を行います。建物がある程度古くなり、屋根や壁が劣化したのが原因で雨漏りが発生したのであれば、大家さんの責任です。大家さんは賃貸物件をきちんと管理し問題なく住める状態にして貸すのが前提です。しかし、建物が適切に管理されていないため雨漏りが発生したとなると、大家さんの管理不行き届きということになります。もちろん修理費用は大家さんが支払いますし、借りている側が責任を問われることはありません。

しかし、自分自身が部屋で暴れて壁に穴を開けたという場合や、屋根にのぼって瓦を割ってしまったという場合は、自身が犯したミスが原因で雨漏りしたため、大家さんから修理費用を求められることになるでしょう。

誰の責任でもない雨漏りが起こるケース

雨漏りは原因によって責任の所在が分かれますが、誰も悪くない雨漏りが起こることもあります。それは、台風や突風などの風災による雨漏りです。強風が吹くと瓦が吹き飛ばされたり、屋根の板金(屋根の高い部分を覆う金属の板)が歪んだりして隙間ができることがあるのです。また、風で飛ばされてきたものが建物にぶつかって、屋根や壁が破損し穴があくことがあります。

そのほか、地震の揺れで瓦が落ちることも珍しくありません。雹(ひょう)による被害や、大量に積もった雪が屋根の一部を壊したなど、自然災害によって建物が破損することがあるのです。自然災害は予測できるものではないため、この場合は誰の責任でもないということになります。

もし、自然災害で雨漏りが起こった場合、ちゃんと大家さんが修理してくれるのだろうかと不安を感じる人もいるかもしれません。また、雨漏りのせいで壊れた家電製品や台無しになってしまった家具を弁償してもらえるのかと疑問を抱く人もいるでしょう。こういったケースでは、大家さんがそれらの被害を補償する保険に加入していれば、建物の修理費や住民の家財道具が被害を受けた損害が、保険で賄われます。また、賃貸契約を結ぶときに火災保険に加入しますが、保険には「風災による被害」を補償する特約がついていることがほとんどです。もし大家さんに「壊れた家電を弁償して欲しい」と言えなくても、自分が加入している保険を使って補償を受けることができます。

保険の特約ではほとんどの場合、風災だけでなく雹(ひょう)や雪による害を補償する特約がついています。台風の日に突然雨漏りが発生したら、まずは大家さんや管理会社に連絡をして雨漏りが起きていることを伝え修理を依頼し、自分の持ち物が被害を受けたら、大家さんに相談するか保険会社にその旨を伝えて、補償して欲しいという希望を申し出ましょう。

ベランダから起きた雨漏りは誰の責任?

雨漏りが起こるのは屋根や壁からというケースが多いのですが、ほかの場所からも発生することがあります。窓枠やエアコンの配管部分、換気扇などが雨漏りしやすい場所なのですが、これらの場所から雨漏りしても被害を受けるのは自宅内だけです。ところがベランダで発生した雨漏りは、階下の住民に被害を与えることがあります。上の住民がベランダで雨漏りを起こし自宅に被害が出た場合は、責任は誰にあるのでしょうか。

この場合も雨漏りの原因によります。たとえば、ベランダの排水口にゴミが詰まって排水口から水が流れなくなり、吹き込んだ雨がベランダにたまって池のようになったことから階下に雨漏りした場合は、専有部分をきちんと管理しなかった住民の責任になります。しかし、ベランダの床部分に経年劣化の亀裂ができ、そこから雨水がしみ込んで階下に雨漏りした場合や、ベランダと建物の接続部分にヒビが入り、そこから雨漏りが発生した場合などは、きちんと建物をメンテナンスしなかったことに問題があり、大家さんに責任があります。

上階のベランダに問題があって雨漏りした場合、ベランダ付近の天井にシミができる、水が垂れてくるといった症状が現れます。気づいたらすぐに大家さんや管理組合に連絡をして雨漏りの原因を調査してもらいましょう。階上の住民の責任で雨漏りが発生し自宅が被害を受けた場合、階上の住民に対して損害賠償を求めることができます。雨漏りを起こした住民が個人賠償責任保険に加入していればその保険を使って補償してもらうことができます。また、階上の住民と揉める原因を作るのはできるだけ避けたいということであれば、自分が加入している保険を使うことも可能です。

賃貸だからと雨漏りを放置すると大変なことに!

雨漏りが発生したら、原因に関わらずまずは大家さんや管理会社に連絡をして、雨漏り修理をしてもらうように依頼する必要があります。一番してはいけないのが、「ここは自分の持ち家ではないから、別に雨漏りしていても構わない」と放置してしまうことです。 いずれは退去することになる家かもしれませんが、雨漏りは発生した瞬間から建物の内部を濡らして木材を腐らせたり、コンクリートを劣化させたりしてダメージを与え続けます。早急に修理の手配をしてダメージの進行を食い止めなくてはいけないのです。

また、賃貸物件の契約を結ぶと、借りた側は「建物の状態を良好に保つ義務」が発生します。雨漏りの放置は、この義務を果たしていないことと同じです。雨漏りの報告をしなかったため、畳が濡れてカビが生えたり壁紙にシミができたりした場合、それらの修繕費を求められる可能性もあります。雨漏りを発見したら、責任を持って管理会社や大家さんに連絡をしてください。自分が建物を壊したのでなければ大家さんが修理費を負担します。責められることもありません。放置するのだけは避けましょう。

Q&A一覧

「雨漏り」に関するQ&A

HOME

24時間スピード対応! 見積・相談無料

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせフォーム

~Q&A~

「雨漏り」に関するQ&A

Q&Aの一覧を見る