雨漏りのトラブルに年中無休で対応!世田谷世田谷 雨漏り&外壁塗装 リフォーム隊

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

窓枠から雨漏り!原因と対処方法教えます

窓枠から雨漏り!原因と対処方法教えます

窓枠は天井からだけ発生するわけではありません。壁から起こることもありますし、窓枠から雨漏りすることもあります。もし、窓枠から雨漏りしたらどうすれば良いのでしょうか。なぜ窓枠から雨漏りするのかという原因も気になりますよね。窓枠からの雨漏りについてお伝えします。

窓枠から雨漏りする原因

窓枠から雨漏りをする原因はいくつかありますが、もっとも大きな理由のひとつとして、施工ミスが挙げられます。窓は、壁に穴を開けたうえで、雨水が入り込まないように加工を施して枠を付けています。しかし施工の段階で防水加工の順番を間違えたり、防水テープを貼る場所を間違えていたりする場合があるのです。このようなミスがあると当然ながら雨漏りが発生しやすくなりますし、窓枠自体が不良品で雨漏りしてしまう場合もあります。

このような原因で起こる雨漏りは新築から間もない時期に発生します。「まだ新しい家なのにどうして?」と慌ててしまいますが、心配ご無用です。新築の家を購入したときには瑕疵補償(かしほしょう)が付いています。これは、住宅に欠陥が合った場合、売り主の責任で修繕などを行うという保証です。施工ミスが原因で雨漏りが起こる場合は瑕疵補償が適用されますので、施工業者や販売主に連絡をしましょう。瑕疵補償は新築の場合10年間有効です。「家を買ってからだいぶ経っているけれど大丈夫かな」と不安を感じた場合でもかなり長い期間保証されています。まずは売買時の契約書を確認してみましょう。

窓枠から雨漏りがするもうひとつの原因は、窓枠と外壁の隙間を埋めているシーリングの劣化です。窓は壁にはめ込む形で取り付けられますので、当然隙間があります。この隙間から雨水が入り込まないように、住宅用のボンドで隙間を埋めるシーリングという処理が施されています。しかし、シーリングに使うボンドは永久に機能が変わらないわけではありません。時間の経過とともに劣化します。劣化したシーリングはヒビ割れたり剥がれたりし、その部分から雨水が入り込むと雨漏りが発生します。シーリングの寿命は約10年です。定期的にシーリングを打ち直すメンテナンスを行わなくてはいけないのですが、メンテナンスがされていない場合は雨漏りが発生しやすくなります。

窓枠に水が溜まるのは雨漏りのせい?

雨水が部屋の中に入ってくるわけではないけれど、雨が降ると窓枠の下の部分(レール部分)に水が溜まるという悩みを持っている人もいます。窓枠に水が溜まるなんて、窓枠の不良では?と心配になりますよね。

これは強風時に発生しやすい現象で、窓枠の不良ではありません。窓を濡らした雨粒は重力で下に流れて落ちますが、風の力で一部が窓の一番下からレールの内側に入り込むことがあるのです。「このままでは部屋の中に溢れた水が入り込んでしまうのでは?」と不安を感じるかもしれませんが、引き違い窓の場合、内側にある窓にも重力が働くため、内側の窓枠のレール部分で窓の上から圧力がかかり室内への水の流入を防いでいます。外側の窓の下部から入り込んだ水を、内側の窓が重力でバランスを取って、室内に流れ込むのを防いでいるのです。

このようにレール部分に水が溜まるのは住宅用の窓枠の構造上仕方がないことなので、窓枠の不良や破損ではありませんし、雨漏りでもありません。ただし、風がとても強くなると水が吹きあがることがあります。これを防ぐには、窓の気密ピースという部分の調整が必要になりますので、窓を屋外側から見てみましょう。窓を閉めたときに窓枠中央にくる部分(2つの窓が重なり鍵がついている部分の屋外側)の下側を見ると、レールと接する部分近くに下向きの矢印が描かれていて、矢印の隣にネジがあります。ネジをドライバーで緩めると気密ピースが下がり、窓とレールの隙間が少なくなり、水がレールに溜まりにくくなります。

雨が降ると、外側と内側の窓が重なる中央の部分から雨水が入ってくることもあります。これは窓とほぼ平行に強く雨が吹き込むことで、もともとある窓の合わせ目の隙間から雨水が入ってしまうもので、窓枠の不良ではありません。このような場合は、網戸の位置をずらして網戸の外枠が窓の中央、雨水が入り込む部分を覆うように動かしましょう。これだけで雨の吹き込みを抑えることができます。

窓枠からの雨漏り、自分で修理しないほうがいい

レール部分に水が溜まるのではなく、窓枠周辺から雨漏りしている場合は、どうしたら良いのでしょうか。まずは家の中が濡れないように、被害を最小限におさえるための応急処置が必要です。雨漏りしている部分の近くにビニールシートや新聞紙を敷き、雨水が入ってくる部分付近にタオルを置くなどして部屋が濡れないようにしましょう。

その次に、水が入ってくる隙間を埋めなくてはなりません。隙間を埋める住宅用のボンド(コーキング剤)はホームセンターで販売されていて、扱いもそれほど難しくはありません。誰でも簡単に扱うことができます。しかし「自分でできそうだから」といって修理をするのはおすすめしません。

雨漏りで入り込んだ水が、壁の内側を濡らして内部の木材を腐らせたり、断熱材を水分の重みで潰したりする可能性があります。また、断熱材が濡れることで壁の内側にカビが発生し、壁紙をはがすとカビがびっしり生えているということもあるのです。きちんと修理できていないと再び雨漏りが発生したり、修理した部分とは違う場所から雨漏りしたりすることもあります。

こうなってから業者を呼ぶと、業者は修理した部分を剥がして様子を調べなくてはいけないという手間や修理の時間がかかりコストも増えてしまうのです。また、雨漏りしたのが2階や3階の窓の場合、自分で外側の窓枠周辺をチェックしたり、修理したりすること自体とても危険です。安全性という意味からも、自分で修理はせずに最初から業者に雨漏りのチェックと修理を依頼することをおすすめします。

窓枠の雨漏り修理、予算はどのくらい?

窓枠の雨漏り修理は自分で行うのではなく業者に頼む方が良いのですが、いったいどのくらいの予算が必要なのでしょうか。雨漏りしている箇所のダメージ度合いや修理が必要となる場所の広さにもよりますが、シーリングし直す程度の簡単なものなら数万円、窓枠と外壁を剥がして全体を修理するような大規模な作業が必要になると数十万円から百万円前後の予算が必要です。雨漏りは、水が滴ってくるといった目に見える被害だけでなく、見えない場所にも被害が及んでいる可能性があるため、プロが実際に見てみなければどのくらいの規模での修理が必要なのかが分からないのです。

修理に大金をかけたくないなら、被害が広がる前に手を打つことが重要です。雨漏りは放っておけば自然と直るということはなく、修理しなければ被害が深刻になっていきます。被害が酷くなればなるほど修理費用もかさみます。雨漏りに気づいたらすぐに業者に連絡をして来てもらい、なるべく早く修理をしましょう。大切な家を守るためには、いかに早く行動を起こせるかどうかが大切です。

Q&A一覧

「雨漏り」に関するQ&A

HOME

24時間スピード対応! 見積・相談無料

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせフォーム

~Q&A~

「雨漏り」に関するQ&A

Q&Aの一覧を見る