雨漏りのトラブルに年中無休で対応!世田谷世田谷 雨漏り&外壁塗装 リフォーム隊

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

損害は保証してもらえるの?賃貸物件での雨漏り

賃貸で起きた雨漏り、損害は保証してもらえるの?

雨漏りは突然起こります。気づいたら床だけでなく、家具が濡れてシミができた、家電が濡れて壊れてしまったという事態も起こり得ます。また、雨漏りのせいでラグが台無しになってしまったり、書籍が濡れてシワシワになってしまったりなど、さまざまな損害を受けることが多いのです。これが自分の持ち家で起きた雨漏りなら「仕方がない」と諦めもつきます。しかし賃貸で起きた雨漏りとなると納得がいかない部分も出てくるのではないでしょうか。賃貸で起きた雨漏りで損害を受けた場合、保証してもらえるかどうかをお伝えします。

雨漏りには火災保険が使えるかもしれない

雨漏りが起こるのはさまざまな原因が背景にありますが、大きく分けると、以下のような理由が考えられます。

・建物の劣化によるもの
・自然災害によるもの
・施工ミスによるもの

雨漏りは、屋根や壁などに隙間ができ、そこから雨水が入り込むことで発生します。新築や築浅の賃貸物件であれば施工ミスが考らえれますし、それなりに築年数が経過している物件であれば建物の劣化が原因だと考えられます。

それ以外に雨漏りが起こる理由として、自然災害が挙げられます。たとえば、台風で瓦が飛んでしまった、風で飛んできたものによって屋根が壊れたといった台風で起こりがちなケースや、雪の重みで屋根の一部が破損した、雹(ひょう)で建物に穴があいたというケースもあるでしょう。 一見、古い建物なので劣化したと思っても、建物自体に問題はなく、台風などで受けたダメージが原因で雨漏りしていることもあるのです。

また、雨漏りは建物が傷ついてすぐに発生するわけではなく、じわじわと水がしみ込んでタイムラグを経て発生したり、特定の風向きのときだけ雨漏りが起きたりすることもあります。そのため、台風で受けた被害で雨漏りしていることがずっと後になってから発覚するということもあるのです。

私たちは賃貸契約を結ぶ際に火災保険に加入します。この火災保険にはさまざまな特約が付いていて、自然災害が原因の雨漏りも補償対象になっています。ただし自然災害といっても地震は対象外で、風災や雪害などに対象が限定されています。風災とは、台風や突風などの風の災害です。そのほか、保険によりますがほとんどの場合、雪や雹の災害も保証されています。台風で建物がダメージを受けたことが原因で雨漏りした場合、その雨漏りで受けた損害は保険会社の保証を受けることができます。

火災保険が使えない雨漏り被害は、大家さんに保証を求める

火災保険を使えば自然災害で受けた雨漏りの損害を保証してもらえます。しかし、火災保険ではすべての雨漏りの損害を保証しているわけではありません。建物の劣化による雨漏りや施工ミスによる雨漏りは保証の対象外です。

住んでいる物件が古い物件で、外壁塗装などのメンテナンスがされていないようであれば、建物の劣化のために雨漏りが起こった可能性が高くなります。とはいっても風災によってダメージを受けた可能性も捨てきれないため、まずは保険会社に相談してみても良いのですが、調査の結果、建物の劣化による雨漏りだと判断された場合は保険が使えません。この場合、雨漏りの理由は建物をきちんと管理していなかった大家さんにありますので、大家さんに壊れたものを買い直す資金などを求めることになります。

しかし、いきなり「雨漏りがして家電が壊れた、買い直したから〇万円下さい」と言われても大家さんも驚いてしまいます。雨漏りが起こったら、まずは管理会社や大家さんに連絡して雨漏りしている事実を伝えましょう。そのうえで、濡れた家具や家電の写真を取り、証拠を残します。雨漏りが原因で買い換えたものの領収書やレシートをきちんと保管しておきましょう。

一方、まだ新しい建物の場合は施工ミスが原因である可能性が高くなります。新築や築浅の物件で施工ミスがあった場合、売り主の責任により修理や損害を保証することが民法によって定められています。持ち家なら家を買った業者に保証を求めますが、賃貸の場合は大家さんが窓口です。そのため、被害をうけた保証は大家さんを通して、売り主や施工業者に請求してもらうこととなります。「これだけの被害を受けたので損害賠償してほしい」と大家さんに伝えましょう。

雨漏りが原因の引っ越し、引っ越し代を保証してもらえる?

雨漏りが発覚したことを大家さんに伝えたけれどなかなか修理してくれない場合や、修理を繰り返しているのに雨漏りが止まらない場合は、大家さんに家賃の減額を申し出て我慢して生活するという方法のほかに、思い切って新しい賃貸物件を探して引っ越すという方法もあります。

雨漏りがする家は「今度はいつ雨が降るんだろう、雨漏りするんだろう」と常に気になりストレスにさらされます。また、雨が降るたびに家の中が濡れないように応急処置しなければいけないので気が気ではありません。さらには、雨漏りする家は湿度が高くなりますので、家の中にカビが生えやすくなって衛生的ではありません。雨漏りしない家を探すのは、心身共に健康に過ごすためにもおすすめです。

しかし、引っ越しをするとなると多額の費用が発生します。もし、雨漏りが起こり、かつ雨漏りが止まらないことが原因で引っ越す場合は、大家さんに損害賠償として引っ越し代の保証を求めることができます。雨漏りする家は普通に生活できる家ではありません。賃貸物件は、問題なく住める家を提供することが前提です。

また、契約した当初は雨漏りしていなかった場合、契約当時と条件が変わっていることになります。これらを理由に契約解除(退去)と、それにかかる費用を求めることができるのです。ただし、引っ越し先の賃貸の家賃が今よりも上がる場合は、引っ越し費用の全額を求めることは難しくなります。いずれにせよ少なくないお金が絡む話になるため、契約をした不動産屋や弁護士に一度相談すると良いでしょう。

雨漏り修理は難しい!すぐに解決しない可能性もある

賃貸で雨漏りし、そのことを大家さんに伝えると、多くの場合すぐに様子を確認したうえで修理業者を手配してくれます。しかし、修理の内容によっては雨漏りがなかなか解決しないことがあります。

雨漏りの修理は大きく分けて2種類です。雨漏りの原因となる隙間を見付けて応急処置的に隙間を防ぐ方法か、壁や屋根全体のメンテナンスも含めて、足場を組んで大掛かりな工事をする方法です。大掛かりな工事では屋根や壁の塗装のし直しや、屋根の上にもう一つ屋根を重ねて二重にする方法、壁を剥がして新しい壁に取り換える方法などがあります。

このような大掛かりな工事をして屋根や壁がまるごと新しくなれば雨漏りが再発する可能性はほぼゼロになりますが、数百万円単位の予算がかかるうえ、職人さんを手配しなくてはいけないのですぐには工事に取り掛かることができません。まずは応急処置をして当面はしのぐ必要がでてきます。 ところが、雨漏りの原因となる箇所を見つけること自体が難しく、ここが原因だと思って隙間を塞いでも、原因が他にもあり雨漏りが止まらないということが珍しくありません。屋根や壁の複数の場所に隙間があり、それぞれの隙間から入り込んだ水が合流して雨漏りしている場合などは、全部の隙間を塞がなくてはいけません。雨漏りの原因となる箇所を特定するのは、プロでも難しいのです。

そのため、大家さんや修理業者もなんとか対応してくれているけれど、雨漏りが止まずに被害が出続けるということがあります。このようなこともあることを理解したうえ、大家さんに保証を求める際はけんか腰にならずにできるだけ穏やかに会話するようにしましょう。「今は応急処置だけれど、3ヵ月後には全体的な工事を行い、雨漏りが止まることを保証する」というような姿勢を見せてくれているのであれば、様子を見ても良いのではないでしょうか。まずは被害状況を報告し、どんな対策を取ってくれるのか、どんな計画を立てているのかを聞いてみましょう。

Q&A一覧

「雨漏り」に関するQ&A

HOME

24時間スピード対応! 見積・相談無料

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせフォーム

~Q&A~

「雨漏り」に関するQ&A

Q&Aの一覧を見る