雨漏りのトラブルに年中無休で対応!世田谷世田谷 雨漏り&外壁塗装 リフォーム隊

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

大切な不動産を守る!雨漏り対策ハウツー

大切な不動産を守るための、雨漏り対策

雨漏りは建物の内部を濡らし、ダメージを与え続けます。建物の強度が弱まり、見た目が汚くなるうえに資産価値も下がってしまいます。雨漏りが発生しないようにあらかじめしっかり対策をすることは、大切な不動産を守るうえで欠かせません。雨漏りが起こると、不動産にどのようなダメージを与えるか、雨漏り対策はどのような方法で行えば良いのかをお伝えします。

雨漏り被害がもたらす不動産へのダメージ

雨漏りは天井や壁から水が滴って床や家具を濡らすだけではありません。雨漏りがしているということは、建物にできた隙間から雨水が入り込んでいるということです。隙間から入った水は建物の内部を濡らします。木造住宅であれば断熱材や木材を濡らし、それらが吸い込みきれなくなった水分が天井や壁からにじみ、落ちてきて、はじめて「雨漏りしている」と気づくのです。雨漏りに気づいたときは、建物内部もびしょびしょに濡れていると考えてよいでしょう。

木造住宅で雨漏りすると、入り込んだ水分が断熱材を濡らして水分の重みで断熱材を潰してしまいます。こうなると断熱材としての機能が落ち、室内で快適に過ごすことができません。また、木材が濡れたままになっているとやがて腐り、建物の強度が落ちます。さらに腐った木材があるとシロアリがやってきて、腐っていない部分も食い尽くしていきます。こうなると建物自体が倒壊する恐れが出てくるのです。

コンクリート建ての場合も雨漏りでダメージを受けます。コンクリートも劣化するとヒビが入りますが、劣化した部分から水が入ることで、コンクリートの内部に使われている金属部分が錆びます。こうなると耐震性が落ち、強い地震が来た際に建物を支えきれなくなってしまいます。

さらに、雨漏りする不動産内部は湿度が高くなるため、いろいろなところにカビが発生しやすくなります。カビは胞子を飛ばすので、カビが生えている部屋で仕事や寝起きしていると、常にカビを吸い込んでいることになります。カビはアレルゲンの一種です。カビを吸い込み続けると、アレルギー性鼻炎や皮膚炎を起こしやすくなります。それだけでなく、肺炎の原因にもなるのです。雨漏りは不動産にダメージを与えて資産価値を下げ、そこで生活している人の健康にも害を及ぼします。雨漏りしないように対策することはとても大切です。

不動産が一戸建ての場合 雨漏り対策

一戸建ての不動産を所有している場合は、どのような雨漏り対策が必要となるのでしょうか。一戸建ての場合、屋根や壁に塗装がされています。この塗料には防水効果があり、雨水から家を守っています。しかし、新築から時間が経過すると次第に塗料が劣化し、防水機能が失われていきます。それだけでなく、塗料自体もボロボロになって剥がれたり、ヒビが入ったりします。この部分から水が入り込むと雨漏りの原因となるのです。

また、屋根もスレート屋根(薄い板を重ねたような屋根、最近の家に多い)の場合は、約20年で劣化してヒビや割れが全体に発生します。瓦屋根は瓦が割れない限りはメンテンスの必要がないのですが、漆喰(しっくい)が古くなって剥がれると、その部分から雨水が入り込みます。古くなったときに雨漏りが起きないように、定期的にメンテナンスをして全体のダメージができるだけ少なく保てるようにしなくてはいけないのです。

具体的な方法として、壁や屋根にツヤが無くなってきたら、塗装し直すメンテナンスがあります。現在の状態の上に塗装を重ねることで、屋根や壁が美しくなるだけでなく、防水効果が高まって雨漏りしにくくなるのです。また、塗料には断熱効果・遮熱効果が場合もあるため、室内の居心地も良くなります。塗装するタイミングが遅れ、全体的にダメージが大きくなって、塗装だけではダメージを修復しきれない場合は、屋根の上にもうひとつ屋根を重ねたり、壁を重ねて二重にしたりする工法が取られます。

また、屋根や壁をまるごと新しくする方法でメンテナンスすることもあります。これらのメンテナンスを定期的に行うことで、雨漏りから家を守り、家の資産価値が下がり過ぎないように保つことができるのです。

マンションで行う雨漏り対策

鉄筋コンクリートのマンションの場合はどのように雨漏り対策をするのでしょうか。マンションの場合も基本的には一戸建てと同じです。マンションも外壁の塗装が建物を水から守っています。定期的に外壁の塗り替えをして壁の防水効果を保つことが必要です。屋上やベランダには、防水加工のシートが張られるなど、なんらかの加工がされています。それらのシートも経年劣化とともにヒビが入り剥がれてきます。するとその部分から雨水が入り込むため、ヒビ割れそうな部分を補修する、全体を張り替える、重ね張りするなどのメンテナンスを行わなくてはいけません。

屋上やベランダの防水シートが劣化しているのにそのままにしておくと、屋上やベランダから雨漏りすることがあります。コンクリ―トの建物でも雨漏りは発生しますし、マンションの場合は多くの世帯が同じ建物で生活しているため、トラブルが起きると、原因や責任の所在を明らかにすること自体が大変です。。そのため、マンションこそ定期的なメンテナンスをして雨漏り対策することが大切です。管理組合や理事会で、次はいつメンテナンスするのか、その分の費用は積立てあるのかを確認しましょう。万が一メンテナンスが予定されていない場合は、検査や修理の大切さを伝え、メンテナンスをするように全体に働きかけなくてはいけません。

また、マンションでは各世帯にベランダがあることが多いのですが、ベランダには排水口があります。ベランダに流した水や入り込んだ雨水は排水口から流れるように設計されていますが、こまめに掃除をしていない場合、排水口が枯れ葉やゴミなどでふさがれて水が流れなくなることがあります。水が流れないとベランダに大量の水が流れ込んだ際、ベランダが池のようになってあふれ、水が下の部屋で雨漏りすることがあるのです。ベランダからあふれた水が階下を濡らすときは、被害は階下のベランダだけで起こるわけでなく、ベランダに面した部屋の天井を濡らし、クロスを変色させることもあります。損害賠償を求めるような事態になることも十分予想されるため、ベランダは定期的に掃除をして、排水口の詰まりがないように注意しなくてはいけません。

雨漏りの応急処置はあくまでその場しのぎ。早めにきちんと対策することが必要

不動産は適切なメンテナンスがされていないと、雨漏りが起こりやすくなります。万が一雨漏りが起こったら、屋根や壁の問題がある部分を探して隙間をふせぐ応急処置をすることが多いのですが、応急処置はあくまでその場しのぎです。メンテナンスをしていない建物は全体が劣化しているため、またすぐに他の場所から雨漏りしてしまう可能性が高くなります。また、雨漏りの原因となる箇所が複数に渡っていることもあり、応急処置したのに雨漏りが止まらないこともあります。

雨漏りに気づいたら、とりあえずは応急処置でも良いのですが、早めに雨漏りの検査を行い、全体をしっかり修理して雨漏りを完全にストップさせましょう。くれぐれも雨漏りしたまま放置することは厳禁です。住み心地が悪くなるだけでなく、見た目も汚くなりますし、強度が下がります。一番大切なのは、雨漏りしないように10年や15年に一度くらいの割合で業者にメンテナンスをしてもらうことです。不動産を丁寧にケアし、長期間にわたり良い状態を保てるように手を尽くしましょう。

Q&A一覧

「雨漏り」に関するQ&A

HOME

24時間スピード対応! 見積・相談無料

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせフォーム

~Q&A~

「雨漏り」に関するQ&A

Q&Aの一覧を見る