雨漏りのトラブルに年中無休で対応!世田谷世田谷 雨漏り&外壁塗装 リフォーム隊

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

保証期間はあるの?購入したての物件の話

購入したばかりの家で雨漏りが起きた!保証期間はあるの?

一生に一度の高額な買い物になる「家」。新築はもちろん、中古でもかなりの値段がするため、失敗したくないと真剣に家選びをしてこの物件を購入するかを検討します。数十年のローンを抱えたけれど、我が家を手に入れたと喜んだのもつかの間、雨漏りが発生してしまったら……。購入した住宅で雨漏りが起きたらどうしたら良いのでしょうか。保証期間があるのかも気になります。雨漏りと保証期間についてお伝えします。

雨漏りはなぜ起きる?新築で雨漏りすることも!

雨漏りは屋根や壁の隙間から雨水が入るため発生します。隙間ができるのにはいろいろな理由がありますが、多くは劣化が原因がです。屋根や壁には塗装が施されています。塗装には防水効果があり雨漏りを防ぐ役割も果たしていますが、塗料が塗られてからある程度の年月が経過すると防水効果が薄れ、塗料自体もボロボロになってしまうのです。劣化した塗料をそのままにしておくと、剥がれた塗料の隙間や塗料が割れた部分から水が入り込んで雨漏りを引き起こします。

また、瓦屋根は問題が起きない限りメンテナンスフリーですが、スレート屋根(薄い板を重ねたような屋根で最近の家に多い)は経年劣化に従って割れが生じます。瓦屋根でも、瓦が地震で落ちたり、台風で飛ばされたりすると隙間ができるため、雨漏りしてしまいます。

このように、メンテナンスが不十分であれば、災害などによって雨漏りが引き起こされるのです。雨漏りはメンテナンスされていない古い家で起こるイメージが強いかもしれませんが、新築の家で起こることもあります。新築で雨漏りが起こるのは、施工ミスが原因です。作業が完了していないのに引き渡しをしてしまったり、作業の順番を間違えて雨水が家の中に入らないようにという処理がされていなかったりなど、人的ミスが原因である場合のほか、窓枠やドアが不良品だったという場合もあります。

また、マンションでも雨漏りは発生します。コンクリートも劣化してヒビが入ることがあるのです。最上階で天井から水漏れしたり、外壁のメンテナンス不全や外壁に施す防水加工の施工ミスがあったりすると壁から雨漏りすることもあります。また、ベランダの防水処理部分が劣化し、ベランダから雨漏りすることも珍しくありません。雨漏りは新築の家でも中古の家でも、木造でもコンクリート作りでも起こる可能性があるのです。

雨漏りしても大丈夫、瑕疵保証(かしほしょう)がある

雨漏りは雨が降らなければ発生するかどうか分からないため、購入する前に確かめることができませんし、購入したあとも雨が降らなければ分かりません。しかも、風向きや雨の量によっては雨漏りしないときもあるため、雨が降れば必ず分かるというものでもないのです。

高いお金を払って購入した家なのに、雨漏りすることが分かったら目の前が真っ暗になりそうですが、購入した住宅には瑕疵保証(かしほしょう)が付いているので安心して下さい。瑕疵保証とは、購入した住宅に重大な欠陥があり、品質が確保されていないとき消費者を守ってくれる保証です。保証対象となるのは屋根や壁、柱、床など住宅の基礎となる部分で、雨漏りは屋根や壁に問題があるため、重大な欠陥があるとみなされ保証の対象になっています。

もし、購入した家にそのような欠陥があることが分かった場合、一定期間内なら瑕疵保証が適用され、売り主の責任で修繕しなくてはいけないのです。また、住宅を購入した側は、家の欠陥により受けた損害の賠償を売り主に求めることができます。これは民法により定められた決まりで、平成12年4月以降に契約された住宅にはすべてこの保証が適用されています。もちろん、瑕疵保証は新築の住宅だけでなく、中古住宅も対象です。

さらに、新築の住宅においては、修繕もできないような大きな問題が合った場合は、契約の解除をすることも可能です。ただし瑕疵というのは、引き渡し時に発覚していなかった欠陥が対象です。中古住宅で「雨漏りなど各種の問題があるが、安いから買おう」と、分かっていて購入し引き渡しを受けた住宅は、自分の責任で修繕しなくてはいけません。

瑕疵保証の期間は、新築と中古、契約内容で変わってくる!

瑕疵保証が付いているなら雨漏りが見つかっても安心ですが、売る側からすればいつまでもこのような保証を求められては困ります。特に住宅は完全な状態で引き渡しても乱暴に扱ったり、定期的なメンテナンスを怠ったりすれば、当然劣化して雨漏りが発生しますが、これは売り主の責任ではありません。

そのため、瑕疵保証が付く期間には区切りが設けられており、新築住宅に関しては引き渡しから10年が保証期間となっています。この10年という期間は、平成12年4月1日以降に契約したものであれば固定で、短くなることはありません。これ以前に契約された住宅に関しては10年より短いケースもありますが、最近購入した新築住宅であれば一律10年の保証がついています。

一方中古住宅の場合は、契約内容によって保証期間が異なります。一般的に半年から2年ほどの瑕疵保証が付くことが多いのですが、契約内容によっては瑕疵保証が免除されることもあります。これは、中古住宅の場合なんらかの不具合があることがあらかじめ予測されているためです。

そのため買う側は、購入する中古住宅には瑕疵保証が付くのか、付くとしたらどのくらいなのかをあらかじめ確認しておくと安心です。また、耐震性や雨漏りの可能性など、重大な欠陥が無さそうかのチェックもしっかり行う必要があります。すでに中古住宅を購入して引き渡しも完了した後で雨漏りが見つかった場合は、契約書を確認してみましょう。契約書に瑕疵保証がついているのか、その期間はいつまでなのかという項目が記されています。

保証期間経過後も雨漏りを起こさない!メンテナンスを忘れずに

新築は必ず10年、中古住宅は半年から2年程度の瑕疵保証が付いていることが多いのですが、保証期間はいつか終了します。保証期間終了後も、雨漏りが起きない家をキープするためには定期的なメンテナンスが必要です。住宅の外側は雨風や直射日光にさらされ、劣化しやすい部分です。メンテナンスを行わないと劣化の速度が早くなり、見た目が悪くなるだけでなく家に致命的なダメージを与えることもあります。

特に、雨漏りは雨水がしみ込むことで家の木材を腐らせ、シロアリを呼ぶ原因になります。雨漏りしないように手を入れることはとても大切です。外壁の塗装は新築から約10年で劣化します。屋根は壁よりも寿命が長いのですが、15年から20年でメンテナンスを行うのが良いとされています。あまりダメージが酷くないうちにメンテナンスを行えば、費用もそれほど高くならずに済みます。

しかし、ダメージを受けているにも関わらず長期間手入れしていない家の場合、簡単なメンテナンスでは対応しきれず、屋根や壁をまるごと交換するような大規模な工事が必要になり、工事費用も高額になってしまいます。外側から家を見て、壁や屋根にツヤが無くなって来た、くすんできたと感じたら早めにメンテナンスを行いましょう。メンテナンスの費用は家の大きさや内容にも寄りますが、数十万円から数百万円かかります。家を買った直後から、来るべきメンテナンスに備えてメンテナンス貯金をしておくと良いでしょう。

Q&A一覧

「雨漏り」に関するQ&A

HOME

24時間スピード対応! 見積・相談無料

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせフォーム

~Q&A~

「雨漏り」に関するQ&A

Q&Aの一覧を見る