雨漏りのトラブルに年中無休で対応!世田谷世田谷 雨漏り&外壁塗装 リフォーム隊

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

木造住宅での雨漏りはどんな配慮が必要?

木造住宅での雨漏りは、放置すると大変なことに!雨漏りの原因と対処方法は?

どんな家であれ雨漏りは避けたいトラブルです。思いがけないところから水が垂れて家の中を汚すだけでなく、家電や家具を台無しにしてしまう可能性があります。家が木造なのか鉄筋コンクリートなのかによって雨漏りが起こる原因や被害の質が変わってきますが、特に注意しなくてはいけないのが、木造住宅での雨漏りです。木造の家で起こる雨漏りは、家全体を激しく劣化させて家を倒壊させる恐れがあります。木造住宅で雨漏りが起こる理由や、木造住宅で発生した雨漏りが与える被害、対処方法についてお伝えします。

雨漏りはなぜ起こる?

雨漏りが発生するのは、屋根や壁に隙間ができ、その隙間から雨水が入り込むためです。隙間ができる原因はいろいろありますが、住宅の劣化や自然災害での事故、住宅施工時のミスが原因であることがほとんどです。

雨漏りの原因になりやすいのが屋根や壁ですが、屋根は素材によって劣化の度合いが変わります。最近の木造住宅に多いスレート屋根(薄い板を重ねたような屋根)は、新築から約20年で劣化して全体にヒビが入ります。するとヒビの部分から雨水が入り込んで雨漏りの原因になるのです。また瓦屋根の瓦自体は、壊れない限りはメンテナンスの必要がないのですが、瓦屋根の所々に使用される白い壁のような素材である漆喰(しっくい)は崩れたりひび割れたりすることがあり、漆喰の隙間から雨水が入ることがあります。

外壁に塗られている塗料は、きれいな見た目にするだけでなく防水効果があり、雨漏りを防止する働きをしています。しかし塗料も次第に劣化し、約10年で効果が失われ塗料自体がボロボロになって剥がれていきます。すると塗料が剥がれた部分やひび割れた部分から雨水が入り、雨漏りの原因になってしまうのです。

こういった被害に合わないようにするためには、定期的に屋根や壁のメンテナンスを行い、劣化した部分を修復していかなければいけません。しかしメンテナンスが必要だということを知らず劣化を加速させてしまった場合、雨漏りが発生してしまうのです。

また、地震による瓦の落下や、台風の突風による屋根や壁の破損が原因で雨漏りが起こることもあります。まだ新しい家なら、施工ミスのためきちんと防水処理がほどこされていない可能性も考えられます。木造住宅では、このようなさまざまな要因で雨漏りが発生するのです。

木造住宅の雨漏りは、家の存続に関わる大問題!

木造であれコンクリートであれ、雨が降るたびに雨漏りしてはたまったものはありません。家の中が濡れないようにと処理したり、濡れてしまったものをクリーニングしたりと、落ち着かないうえストレスが溜まります。しかし、木造住宅の雨漏りが引き起こす一番大きな問題は、雨漏りしている最中に受けるストレスや家具家電の被害ではありません。家そのものが倒壊する恐れがあるのです。

雨漏りは住宅にできた隙間から雨水が入り込むことが原因ですが、私たちが雨漏りに気づくのは、天井や壁から雨水がにじんで床に落ちてきたときや、雨水が天井や壁のクロスにシミを作ったときです。

雨漏りは発生した直後にいきなりシミができたり、雨水が落ちたりするわけではありません。隙間から入り込んだ水が家の木材や断熱材などをジワジワと濡らし、それらが吸い込みきれなくなった水分が溢れて天井から落ちてきたりクロスを濡らしたりします。私たちが雨漏りに気づいたときには、家を支える木材や、暑さ寒さから守ってくれる断熱材はぐっしょり濡れている可能性が高いのです。

木材を濡れたまま放置するとやがて腐ります。腐ると強度が落ちるため、それだけでも家を支えられなくなる危険がありますが、もっと怖いのはシロアリです。腐った木材はシロアリを呼び寄せる最高のエサです。腐敗した木を求めてやってきたシロアリが巣を作ると、雨漏りしていない箇所の柱や壁も食い尽くし、空洞化させていきます。こうなると家そのものが倒壊する恐れが出てくるのです。

また、雨漏りすることで家の湿度が高くなり、家中のいろいろなところにカビが生えやすくなります。カビはハウスダストの一種でアレルゲンであるため、カビが生えた部屋で生活をしていると鼻炎や皮膚炎にかかりやすくなります。それだけでなく、カビは肺炎の原因にもなります。雨漏りは私たちの家そのものを破壊し、健康をも脅かす恐ろしいトラブルなのです。

木造住宅で雨漏りさせないためには

住宅はどうしても少しずつ劣化していきます。特に、直射日光と雨風にさらされている屋根や壁は劣化しやすい場所で、定期的にメンテナンスをしないとヒビが入ったり割れたりして雨漏りの原因となります。

木造住宅の屋根は、瓦かスレート、トタンであることがほとんどです。最近では瓦やトタン屋根の家は少なくなり、スレート屋根の家が増えました。しかしスレートは20年で劣化しヒビが入ることが多いので、20年を目安に屋根のメンテナンスを行う必要があります。メンテナンスの手間がかからないのが瓦屋根ですが、絶対に雨漏りしないというわけではありません。強風や地震で瓦がズレたり落ちたりすればそこから雨漏りしますし、漆喰が割れたり剥がれたりしても雨漏りの原因になります。トタン屋根は屋根の形状や、屋根を作った職人の腕も関係しますが、最も雨漏りしやすい屋根で、錆びが発生しやすいため定期的なメンテナンスが必要です。

屋根の雨漏り対策としては、スレートやトタンなら、塗装し直すという方法がもっとも低料金で行えるメンテナンスです。しかしこの方法は屋根のダメージがそれほど酷くないときのみ有効で、ダメージが酷くなると塗装のし直しだけでは対応しきれなくなります。その場合、屋根の上にもう一つ屋根を重ねて二重にするカバー工法という方法で対処します。屋根を二重にすると重さが増して家が屋根を支える負担が増すのですが、二重になることで防音性や断熱性が上がるうえ、塗装よりは高いけれど比較的安い値段で工事できるというメリットがあります。

しかし、屋根のダメージの度合いや家の状態によっては、屋根を重ねることができない場合もあります。その場合、今ある屋根を剥がして新しいものに取り換えるという工事が行われます。この方法で工事をすると工事費がかかるの高くなるのですが、屋根を剥がしたときに下板や断熱材などの交換もできるため、再び雨漏りする可能性がとても低くなります。また新しい素材の屋根に変わるため、屋根自体が軽くなって、屋根を支える家の負担が減り、耐震性があがるという長所があります。

壁も、定期的に塗装し直すメンテナンスが必要です。壁の場合は屋根より寿命が短く、約10年で塗料が劣化します。しかし屋根と壁を別々にメンテナンスするとそれぞれのタイミングで足場を組んで作業をしなくてはいけないことになり、工事費が高くなります。ときどき少し離れた場所から家全体を眺め、屋根と壁を見たときにツヤが失われてくすんで見えたらメンテナンスのタイミングです。雨漏りする前に定期的なメンテナンスを行い、家を守りましょう。

木造住宅の雨漏りは修理が必須!

雨漏りは人間の怪我と違い、放っておけば勝手に治るということがありません。修理して雨水が入り込まないように対処しない限り、ずっと雨漏りし続け、家を濡らし続けます。特に木造の家で起こる雨漏りは、家を支える木材を濡らすことと同じで、家を劣化させ、倒壊させる危険があります。放置すればしただけ、木材が腐る範囲が広がり、シロアリの被害を大きくしてしまうのです。

雨漏りに気づいたらできるだけ早く修理し、雨漏りを食い止めて家を守りましょう。屋根や壁に対する大掛かりなメンテナンスができないようなら、とりあえず隙間をふさぐだけの応急処置でも構いません。雨漏りを放置しないように心がけてください。

Q&A一覧

「雨漏り」に関するQ&A

HOME

24時間スピード対応! 見積・相談無料

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせフォーム

~Q&A~

「雨漏り」に関するQ&A

Q&Aの一覧を見る