雨漏りのトラブルに年中無休で対応!世田谷世田谷 雨漏り&外壁塗装 リフォーム隊

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

天井から雨漏り 原因は?

天井から雨漏りしてる!原因と対策をチェック

雨漏りを見つけたら、早々に原因を探り、対策を行う必要があります。天井からの雨漏りは、雨漏りしている箇所周辺の家具や家電などを濡らしてダメージを与える場合もあるため、応急処置も必要です。

雨漏りする場合、天井から水が滴ってくる前に雨漏りサインが出ることがあります。ところが雨漏りに詳しい人でなければ、サインに気づけないケースも多く、気づいたときには重症化しがちです。早めに見つけたい雨漏りサインや、自分でできる応急処置方法をお伝えします。

これって雨漏り?天井からの雨漏りサイン

雨漏りは、突然天井から雫が落ちてくるわけではありません。雫になって部屋に落ちてくるだいぶ前から、雨水が天井から染み込んで壁や天井裏を濡らしているのです。水が雫になって落ちてくるのは雨漏りの中でもかなり深刻な部類に入ります。
雨が屋根から入り込んでいると、家の中ではこんな変化が見られます。

・壁紙が湿る
・壁紙に染みができる
・壁紙が内側からたわみ、膨らむ
・障子・ふすまの表面がたわんで波打つ
・床が膨らむ
・部屋の湿度が高くなる
・結露しやすくなる
・靴やカバンなど、革製品にカビが生える

これらは雨漏りのサインです。雨水は天井から落ちる前に壁の内部を濡らし、壁紙に染みが出来たりカビが生えたりすることがあります。また部屋の湿度が上がるため結露しやすくなり、湿気によりふすまや障子など、紙で作られた建具が波打ち始めます。
これらのサインの例を見て思い当たる節があれば、どこからか雨が入り込み、雨漏りを起こしています。早急に原因を探り、対処しなくてはいけません。

天井から雨漏りする原因とは

天井から雨漏りが起こる原因は大きくわけて2つあります。1つ目は屋根のどこかに隙間ができ、そこから雨水が入り込んでいるため、2つ目は雨どいが詰まり雨水が流れなくなっているためです。

例えば、台風や木枯らしなどの突風で瓦が飛ばされる、ズレる、棟板金が歪む、突風で飛んできた飛来物が瓦を割ってしまったなどにより、屋根に隙間が発生して雨漏りしているという可能性があります。スレート屋根の場合は飛来物でスレートが破損するほか、経年劣化でヒビや割れが発生しているケースも考えられます。

さらに日本は地震が多い国です。地震の揺れで瓦がズレたり落ちたりすることも珍しくありません。大きな揺れがあったあとは念のため屋根をチェックし、瓦のズレを見付けたら早めに直しておくと雨漏りを防げます。ただし余震が起こることも考慮し、安全には十分に気を配りましょう。

また、雨どいに枯れ葉が詰まっていると、雨水が雨どいから流れることができずに溢れて雨漏りにつながるケースもあります。そのほかにも、鳥が雨どいに巣を作ったため雨どいが詰まったという場合もあります。家の周りに落葉樹が多いという場合や、最近鳥の鳴き声がすぐちかくで頻繁に聞こえるという場合は注意が必要です。雨どいは定期的に掃除するように心がけましょう。

天井から雨漏りしたらどうすればいい?応急処置を教えて!

天井から雨漏りをしている場合、応急処置としてブルーシートで屋根を覆い、これ以上水が入り込まないようにします。しかし、風が強い日や大雨が降っている最中に屋根に上がることはたいへん危険です。この応急処置を行う場合は室内に水が滴ってかなり重症な雨漏りになっているケースなどにとどめましょう。重症な雨漏り中でも、風が強い日は自分自身の身の安全が確保できない恐れがあるため、屋根に上るのはやめましょう。

それほど風が強くなく、雨が降っている中に屋根に登るときは、ヘルメットを被り命綱をつける、はしごを下で家族に支えてもらうなど、安全には十分に注意して作業をします。
屋根に登る際ははしごを使用しますが、はしごの角度は75度前後が理想です。これより緩やかすぎたり傾き過ぎたりすると、はしごが倒れる可能性が高くなります。はしごの下部分・上部分ともにロープなどで建物に固定し、倒れることがないように気をつけましょう。
ブルーシートはできる限り大きく広げ、広い面積を覆うようにします。風でブルーシートがめくれたり飛んだりしないように紐でしっかり固定し、土嚢やウォーターバッグの重しを乗せましょう。土嚢やウォーターバッグは小さいものでもかなりの重さがあり、持ったまま屋根に上がるのは大変です。面倒でもまとめて屋根に運ぼうとはせず、1つずつ運ぶようにしましょう。

隙間があり雨水が入り込む箇所がはっきりとしている場合は、防水テープを貼って隙間を埋めることもできます。かなり有効な方法ですが、防水テープはテープを貼る場所が濡れていると剥がれやすいため、雨が降っている最中には応急処置しにくい方法です。雨が降っている間はブルーシートでこれ以上の水の侵入を防ぎ、雨が止んで屋根が完全に乾いたら防水テープで隙間を埋めるという方法がおすすめです。

天井から雨漏りしたらどうすればいい?応急処置を教えて!室内編

2階建てや3階建ての住宅の場合、雨が降っている最中に無理に屋根に上がるよりも室内の被害を最小限に食い止めることに力を注ぎましょう。

水が落ちてくる場所の下にバケツを置いて水を受け止めます。空っぽのバケツに高い位置から水が落ちてくると、バケツの底に当たって雫が跳ね上がります。水が跳ねると周辺に新たな被害が発生するため、バケツの下にビニールシートや新聞紙を広げておきましょう。さらに、バケツの中に古布や新聞紙を入れておくと水の飛び跳ね被害を減らすことができます。

水が落ちてくる場所の近くに、長く切ったビニールひもを画鋲などで刺して固定し、ひもの下部分をバケツの中に入れておくと、雨水をバケツに誘導できます。こうすると水の飛び跳ね被害が少なくなります。

押し入れの天袋の天井や、クローゼットの天井部分を押し上げると屋根裏をのぞける場合があります。もし屋根裏をのぞいて雨水が入ってくる場所がわかったのであれば、その部分にビニールシートとバケツを置いて応急処置しましょう。できるだけ天井に近い位置で水を受けとめることができれば、室内の被害がより少なく済みます。
壁紙が濡れている場合は、カビが生えやすくなります。壁に沿わせてある本棚や食器棚などを少し移動させて、壁と家具の間に隙間を作りましょう。

天井からの雨漏りはしっかり修理・補修しておくべし!

天井からの雨漏りで、水がポタポタと垂れてくるケースはかなり重症な雨漏りだといえます。放置せず、業者に修理を依頼してしっかり直しておきましょう。水が垂れてこなくても、壁紙のたわみやシミ、ふすまや障子の波うちは雨漏りが起きているサインです。放置してしまうと家全体が傷み、カビが生える・シロアリが発生しやすくなるなどたくさんの問題が誘導されやすくなります。ブルーシートや防水テープでの応急処置ではなく、早めにプロの手に任せ、根本から雨漏りの原因に対処することが大切です。

Q&A一覧

「雨漏り」に関するQ&A

HOME

24時間スピード対応! 見積・相談無料

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせフォーム

~Q&A~

「雨漏り」に関するQ&A

Q&Aの一覧を見る