雨漏りのトラブルに年中無休で対応!世田谷世田谷 雨漏り&外壁塗装 リフォーム隊

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

雨漏り対策ってどうすればいい?

雨漏り対策ってどうすればいい?自分で出来る方法やおすすめを教えます!

雨漏り対策は早急に業者に依頼したいところですが、すぐに業者を呼ぶことができない場合もあります。しかし放置してしまうと家の中に被害が及び、家具や寝具を濡らしてしまううえ、木材の腐食やシロアリが繁殖する原因になってしまいます。家の湿度が高くなって快適に過ごせなくなるだけでなく、家自体がボロボロになってしまうのです。

早めに何らかの方法で雨漏り対策をし、家を守ることが必要です。自分でできるおすすめの雨漏り対策をお伝えします。

雨漏りがする原因と雨漏りしやすい場所

雨漏りはどこかにできた隙間から雨水が入り込むことによって起こります。隙間は、地震で瓦が落ちたりズレたりして屋根にできたり、、台風などの強い風で棟瓦や棟板金がゆがんでできるたりします。

また、外壁は建材をシーリング材でつなぎ合わせていますが、シーリング材は時間が経つと劣化してひび割れ、隙間ができやすくなります。それ以外にも、外壁の塗装が古くなり塗装にヒビが入った結果防水できなくなるケースもあるのです。
さらに、窓や換気扇なども雨漏りしやすい場所です。外と繋がる部分なので周囲をシーリングで防水していますが、時間が経つとこの部分も劣化します。その結果隙間ができて雨水が入り込むことがあります。また、築年数が浅い家で窓や換気扇付近から雨漏りするという場合、施工不良が考えられるでしょう。

雨漏りが起こるのは屋根や壁からだけではありません。雨どいやドレンのつまりで雨漏りが起きることもあります。雨どいに枯れ葉が積もった結果、雨水が流れなくなって水が溢れる、ドレンをゴミが塞いで水が溢れて雨漏りしたという場合も少なくありません。雨漏りの原因と場所をしっかりチェックしたしたうえで雨漏り対策を行いましょう。

雨漏りする場所を特定しよう!

雨漏りしていることに気づいたら、どこを対策すればよいか場所を特定させることが必要です。
瓦が落ちて屋根に穴が開いているなど明らかにわかりやすい場合を除き、多くのケースでは、雨漏りの原因を探すのが大変です。
屋根にあがる場合は、ヘルメットを被り滑りにくい靴を着用するなど、十分に安全対策を行いましょう。はしごは屋根にかける上部、地面と接する下部、両方をロープなどで雨どいの支柱や柱に固定し、万が一にも倒れることがないようにします。
屋根をチェックするときは、瓦の割れやズレ、スレートのヒビに注意しましょう。棟板金や棟瓦がズレて隙間ができていないかもしっかり確認します。屋根にあがった際に、雨どいが詰まっていないかも見ておきましょう。

壁からの雨漏りが疑われる場合は、壁の建材を繋ぐシーリングにヒビが入っていないか、壁そのものに亀裂が出来ていないかを探します。壁のチェックもはしごに上る必要が出てくるため、安全対策を怠らないようにしましょう。

自分でできる、屋根や壁の雨漏り対策!

雨漏りの原因となる箇所がわかったら、雨漏り対策をしましょう。
自分で行う雨漏り対策の基本は「隙間をすべて埋める」ことです。隙間を埋めるために使う基本アイテムは、防水テープとシーリング材、瓦屋根の家なら漆喰が必要になる場合もあります。

屋根の雨漏り対策

瓦のヒビや割れは、防水テープまたはシーリングで補修するほか、同じ大きさと形の瓦を買ってきてまるごと交換してしまう方法があります。
防水テープやシーリングで補修する場合は。瓦のくっつける部分を、丁寧に雑巾で拭いて汚れを落としましょう。瓦に油分や水分が残っていると、くっつけてもすぐはがれてしまいます。
スレートのヒビもシーリングで補修できますが、いたるところにヒビが入っているような場合は全体が傷んでいます。一部をシーリングで補修しても、すぐに違う場所から雨漏りが起こる可能性が高く、全体の噴き直しや交換が必要です。この場合は業者に対応を依頼しましょう。

棟板金が歪んでいる場合、歪んでできた隙間を防水テープやシーリングで埋めます。屋根に釘を打つのは避けましょう。防水テープやシーリングで埋められないような隙間が出来ている場合は、自分で無理に対応せずに業者を呼ぶことをおすすめします。

瓦屋根で漆喰がボロボロになっているときは、古い漆喰を剥がし、漆喰の下の葺き土の表面を平らにならしたうえで新しい漆喰を塗ります。漆喰を塗る前に霧吹きなどで噴き土の表面に水分を与えると、漆喰が馴染みやすくなるので、ひと手間かけることをおすすめします。

壁の雨漏り対策

雨漏りの原因となるシーリングの割れやヒビを見付けたら、カッターやペンチを使い古いシーリングを剥がします。このとき、できるだけ丁寧にきれいに剥がしましょう。シーリングを剥がし終えたら、雑巾やハケで剥がした部分の汚れを取り除いたうえで、シーリングの下地を塗ります。下地は必須ではありませんが、下地を塗ったほうがシーリングが長く持つため、できるだけ塗ることをおすすめします。下地を塗り終わったらシーリングで隙間を埋めていきます。このとき、マスキングテープを使うと美しく仕上がります。

シーリングではなく外壁にヒビや割れがある場合は、その箇所の汚れを雑巾で丁寧に取り除いたのち、シーリング材で隙間を埋めます。もしくは防水塗料を上から重ね塗りすることでも対処できます。

窓周辺の雨漏り対策

窓周辺から雨漏りする場合、とても簡単な方法で対策できる場合があります。一つ目は雨戸を閉めることです。雨戸を閉めてしまえば窓全体が雨から守られます。自分でDIYをして家を傷める心配もなく、高い成功率で窓からの雨漏りを防止できます。
次の方法として、引き違いの窓なら、網戸の位置を反対側に移しましょう。雨が入り込む原因としては、窓枠シーリングの劣化や隙間の他、雨が横から吹き付け、引き違い窓の重ね目から入り込んでしまったという場合もあるのです。この場合、網戸をずらすことで網戸の枠が雨の侵入を邪魔して、雨漏りが解決することがあります。

これでも解決しない場合は、窓周辺のシーリングを調べ、劣化した部分を覆うようにシーリングを打ち増しします。

おすすめ応急処置 雨漏りストップ剤を使う

天井から雨漏りしているようだけれど、自分で探しても雨漏りの原因がわからないということもあります。
目視での雨漏り調査は、経験を積んだプロでなければ判断が難しいものです。雨漏りしている箇所を特定するのは、プロでも補助的に赤外線や塗料を使うくらい大変な作業となります。
屋根をくまなく調べたけれど、雨漏りの原因がわからないときの応急処置として「雨漏りストップ剤」の利用がおすすめです。「雨漏りストップ剤」とは細かい粒です。雨漏りの原因となりそうな場所に撒いておき、そこへ雨が降ると、雨によって溶けたストップ剤が水と一緒に隙間に流れ、隙間を埋めて雨漏りを防止するという画期的な商品です。
ただし、雨が降らなければ溶けないため、撒くタイミングが大切です。雨の予報の前日に撒いて確実に雨で濡れて隙間に流れさせましょう。

2階・3階の屋根や本格的な雨漏り対策は業者に依頼しよう

雨漏り対策は自分でも行えますが、屋根やはしごに上らなくてはいけないため、危険と隣り合わせです。平屋の屋根でもそれなりの高さがありますが、2階建て・3階建てともなると屋根に上るのはとても危険です。また、屋根や壁全体が傷んでいてDIYでの対策では間に合わない場合や、どこから雨漏りしているのか原因がわからない場合もあります。
無理に全て自分で対策しようとするのではなく、状況に応じてプロに依頼することはとても大切です。自分で行う対策は安い値段できますが、またすぐに雨漏りしてしまう可能性もあります。
再び雨漏りしないよう、しっかりと対策をしたいのであれば、業者に依頼するのがおすすめです。

Q&A一覧

「雨漏り」に関するQ&A

HOME

24時間スピード対応! 見積・相談無料

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせフォーム

~Q&A~

「雨漏り」に関するQ&A

Q&Aの一覧を見る