雨漏りのトラブルに年中無休で対応!世田谷世田谷 雨漏り&外壁塗装 リフォーム隊

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

どんな雨漏り調査方法がある?素人でも可能?

雨漏りの調査、どんな方法がある?素人でも調査は可能?

雨漏りは屋根や壁、窓のすきまなど、いたるところから発生するおそれがあります。雨漏りの修理をする前に、どこから雨漏りしているかを突き止める雨漏りの調査が必要です。調査をして雨漏り箇所の特定ができれば、必要な場所に必要なだけの修理を施し、少ない手間と費用で雨漏りを食い止めることができます。

しかし、雨漏り調査といっても実際に調査しているところを見たことがあるという人は珍しく、どんな調査をするのかイメージが湧かないという人が多いのではないでしょうか。雨漏りの調査はどんな方法で行うのでしょうか。そして、自分でも調査することができるのでしょうか。

そんな気になる雨漏り調査の方法についてお伝えします。

雨漏りの原因

雨漏りは屋根から起こると思いがちですが、原因は他にもあります。壁や建材の継ぎ目部分(シーリング部分)から雨水が入ってくることも多いのです。

屋根の場合は屋根全体の劣化の他、強風によって瓦がズレたり割れたりしたことにより、雨水が入り込んで雨漏りすることがあります。スレート屋根の場合も、飛来物が当たり割れやヒビが発生するだけでなく、経年劣化によるダメージでヒビができます。さらに棟板金が強風で飛ばされたり、風で煽られて浮きが発生して隙間ができてしまったりというケースも珍しくありません。隙間ができるとそこから雨水が入り込むため、雨漏りの原因になります。

壁は建材や塗装で防水の役目を果たしていますが、建材や塗装自体の劣化により防水しきれずに雨水が入り込んでしまうことがあります。また、外壁の建材を合わせた部分を埋めるシーリングが劣化し、ヒビ割れた部分から水が入る他、壁自体に割れが出来て雨水が浸透することも少なくありません。

さらに雨どいやドレンが枯れ葉などで詰まり、水が流れにくくなったために発生する雨漏りもあります。雨漏りの原因を突き止めるには、屋根だけでなく、家全体をさまざまな方法で調べる必要があるのです。

プロが行う雨漏り調査は、どんな方法?

雨漏りの原因を突き止めるためには、まず「どこから雨漏りがしているのか」という具体的かつ詳細な調査を行わなくてはいけません。プロはいったい、どんな手法を使い雨漏り調査を行うのでしょうか。
雨漏りの調査方法は大きく分けて「目視での調査」「散水調査」「特殊な塗料を使った調査」「赤外線サーモグラフィー調査」の4種類です。

この中で比較的費用が安い雨漏り調査は、目視での調査と散水調査です。特に目視調査はそれほど費用もかかりません。「無料で雨漏り調査をします」などの営業を受けることがありますが、それはだいたいの場合、目視調査です。

目視での調査は専門家が屋根に上るなどして雨漏り箇所を探していく方法です。外側からだけチェックするわけではなく、家の中から屋根裏をのぞくなど、内側からも詳しくチェックします。目視調査は調査員の経験がものを言います。新人とベテランでは精度に差がつきやすいため、どんな人が調査するのかによって、調査結果の信頼度が変わってしまいます。また。目視調査だけでは原因が明らかにならないこともあるため、目視である程度原因となる箇所を特定したうえで、他の方法も組み合わせて調査を行うのが一般的です。

散水調査は雨漏りの原因ではないかと思われる場所に水をかけ、雨漏りするかどうかを確認する調査です。大掛かりな調査ですが「雨漏り箇所を特定しやすい」「いままで気づかなかった雨漏り箇所がわかることがある」など効果が高い調査方法です。雨漏り調査を依頼した側にとっても、雨漏りが再現されるために納得しやすいといえます。雨は一定方向から降るだけでなく、風によって吹き付ける向きが変わります。散水調査ならいろいろな角度から水を掛けることができるというメリットもあり、かなり高い確率で雨漏りの原因を見つけることができます。

目視調査は業者によっては無料で行ってくれます。散水調査は人件費および高圧洗浄機の代金として5万円前後、そのほか調査のための水道代がかかります。

驚きの雨漏り調査、サーモグラフィーと蛍光塗料!

目視調査・散水調査と比較すると調査費用が高くなるのですが、赤外線サーモグラフィーや蛍光塗料を使う雨漏り調査もあります。

建物は雨漏りする部分と雨漏りしていない部分では温度が変わります。その温度変化をサーモグラフィーで確かめれば、雨漏りをしている場所としていない場所がはっきりわかるという考えから生み出された方法がサーモグラフィーを使う調査方法です。

しかし、この方法はすべての住宅で行えるわけではありません。サーモグラフィーを使う調査はマンションやビルには有効ですが、木造や鉄骨造りの建物には向いていないのです。また、金属の建材を使った家にもこの調査方法は不向きです。さらに家から少し離れた場所にカメラを置いて撮影するため、建物に囲まれた家ではこの方法を用いること自体できません。道路沿い、角の家、隣が離れている立地に建つ、コンクリート造りの雨漏り調査には向いています。

また、この方法は単独で使うのではなく散水調査をした後に確認として用いられることもあります。費用は20万円~35万円ほどです。
金額は高いのですがカメラで撮影するだけなので、散水調査などと比べると建物に負担がかからないのがメリットです。

また、特殊な蛍光塗料を使った雨漏り調査もあります。蛍光塗料を混ぜた水を屋根や壁から流し、どこから雨漏りしているかを家の中から調べる方法です。この塗料は紫外線を当てると発光する性質があるため、屋根裏から紫外線ライトで照らすことで、「どこから入り込んだ水がどこから漏れているのか」という雨漏りルートも特定することができます。さらに蛍光塗料の色を変えることで、「ここから入った水はここへ漏れ、ここから入った水はこっちに漏れている」という調査をすることも可能です。雨漏り箇所が多い家で使うと便利な方法で、散水調査のあと補助的に使われることがあります。調査で使う蛍光塗料は家を傷めたり屋根や壁に色を付けたりしない染料を使用しており、何日か経てば発光しなくなります。

この方法では20万円前後の費用がかかります。

素人が雨漏り調査をするメリットとデメリット

雨漏り調査には複数の方法がありますが、目視での調査以外は特殊な機器を使用する調査となります。そのため素人が雨漏り調査を行うのは難しいというのが実情です。

目視の調査なら自分でできますし、気づいたときにいつでもできます。誰かに頼む必要もないので費用はまったくかからず、「知らない人が家を訪問する」というストレスもありません。

しかし、経験がなければ屋根や壁を見ても雨漏りの原因を見付けるのは困難です。プロならひと目でわかる雨漏りの原因も素人は見過ごしてしまうことがあります。さらに屋根に上がらなくてはいけないため、危険です。平屋ならともかく、2階・3階となると万が一落ちたときに重大な事故につながります。

自分で行う雨漏り調査は、メリットよりもデメリットのほうが大きいのです。

雨漏り調査はプロに頼んだほうが安心・安全

雨漏りの調査方法の主なものは、目視・散水・サーモグラフィー・蛍光塗料です。この中で自分でもすぐにできる調査方法は目視での調査です。

しかし目視調査は経験を積んだ人でないと難しく、素人では雨漏りしている箇所を見付けられない可能性があります。特に複数の箇所から雨漏りしている雨漏り調査においては、プロはサーモグラフィーや蛍光塗料を使った調査も併用し、高い精度でくまなく調べています。

また、素人が足場もないまま屋根に上るのは大変危険で、場合によっては命に関わります。

雨漏り調査はプロに依頼したほうが安全ですし、さまざまな機器を使うことで雨漏り箇所をしっかり特定できます。雨漏り調査はプロに依頼し、確実に雨漏りの原因を突き止めましょう。

Q&A一覧

「雨漏り」に関するQ&A

HOME

24時間スピード対応! 見積・相談無料

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせフォーム

~Q&A~

「雨漏り」に関するQ&A

Q&Aの一覧を見る