雨漏りのトラブルに年中無休で対応!世田谷世田谷 雨漏り&外壁塗装 リフォーム隊

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

雨漏りの修理はDIYでできる?

雨漏りの修理は自分で出来るのか?DIYのメリット・デメリット

気づいたら雨漏りしていた、という事態に直面することがあります。雨漏りは建物を傷めてしまうだけでなく、家具や家電にもダメージを与えるため、早急に修理を行わなくてはいけません。
ところが雨漏りの修理を業者に依頼するとなると、それなりの予算が必要です。しかしDIYを自分で行い修理できれば、リーズナブルで家計が節約できます。

雨漏りの修理は自分でできるのか、やるとしたらどうやって修理をすれば良いのかをお伝えします。見過ごしてしまいがちな、自分で修理をすることのメリット・デメリットも考えてみましょう。

どんなところから雨漏りしてくるのかをチェック!

最初にどこから雨漏りしているのかを調べ、修理すべき箇所を特定しましょう。見える場所の瓦が剥がれていたり、壁に亀裂が入っていれば特定しやすいのですが、素人ではなかなかDIYで修理すべき箇所が見つけられないこともあります。

雨漏りの原因となるのは、屋根や壁、窓です。それぞれどんなところを注意してチェックすれば良いのでしょうか。

屋根は、どんな素材の屋根なのかによってチェックすべき場所が変わります。瓦屋根なら瓦が風や地震で落ちているところがないか、ズレているところがないかをチェックしましょう。また棟瓦のズレにも要注意です。棟瓦がズレていると、雨漏りだけでなく風が家の中に吹き込む原因にもなります。

スレート屋根は年月が経過すると浮いてきます。また、ひび割れが起こることもあります。これらが雨漏りの原因です。その他に、スレートの隙間を埋めているコーキングが剥がれていないか、棟板金に浮きやズレが出ていないかもチェックしましょう。

また、どんな屋根の家でも、雨どいは必ず見ておきましょう。雨どいに枯れ葉や詰まっていたり、鳥が巣を作っていて雨水が流れなくなっていたりするケースがあります。雨どいが詰まると、本来雨どいから流れるはずの雨水が行き場を失ってあふれて雨漏りにつながります。雨どいのつまりは丁寧にチェックしたい箇所です。

次に外壁からの雨漏り箇所を調べます。外壁の塗装は一定の周期で塗り直すと雨漏りを防げるのですが、塗り直しをしていない場合、経年劣化によりヒビが入り、そのヒビから雨水がしみ込んで雨漏りをしていることがあります。雨漏りをしている箇所周辺の外壁にヒビやコーキングの剥がれ・割れがないかを見てみましょう。

最後に、窓周辺のコーキングが傷んでいないか、剥がれていないかを調べましょう。窓だけでなく、換気扇の取付口など、隙間が出来そうな箇所はくまなく調べることをおすすめします。

雨漏り修理DIY、屋根編

瓦屋根を自分で修理

瓦が割れていたら、割れた瓦を外して補修します。瓦は防水テープまたはパテでくっつけることができます。どちらの方法を使う場合も、しっかりくっつくように、貼り付ける場所は丁寧に拭きあげましょう。防水テープやパテで瓦を貼り合わせたら、ついでに瓦を外した場所の下に敷いてある防水シートなどが傷んでいないかも確認しておくと安心です。瓦の下地に問題がなければ、修理した瓦を元の位置に戻して終了です。同じ大きさ・形の瓦を買ってきてまるごと交換する方法でも問題ありません。

棟瓦がズレていたらズレを直し、隙間は漆喰(しっくい)やコーキングで埋めましょう。

スレート屋根を自分で修理

スレートにヒビが入っている部分があれば、コーキングで修理します。ヒビが少しだけ、一部だけということであればコーキングの補修で問題ありません。しかしヒビや割れているところが多いという場合、スレートそのものが劣化しているため、全体の塗装もしくは葺き替えが必要になります。スレート屋根の塗装は素人が行うには難しいため、数か所のコーキングで対応できないようであればDIYではなく、業者に修理を依頼しましょう。

棟板金の浮きやズレはビスで固定するか、ホームセンターで防水性がある強力なテープを購入し、テープで屋根に固定することで応急処置できます。コーキングで埋められないくらいの隙間や浮きが発生しているようであれば、テープなどで貼り付けてもまた雨漏りしてしまう可能性が高いため、DIYではなく業者に対応を依頼したほうが良いでしょう。

雨漏り修理DIY、壁・ベランダ・窓編

壁の雨漏り修理

壁のヒビやコーキングの剥がれた場所から雨水が入ってくることが多いため、問題がある箇所をコーキングで埋めます。最初にすでに施されているコーキングをカッターで切り撤去します。次に埋めたい場所を雑巾やハケできれいにしてからコーキングします。玄関の近くや通りに面している壁など目立つところは、マスキングテープを使うと仕上がりがきれいです。よりしっかりとコーキング剤を密着させたい場合は、コーキング剤を使う前にプライマーという下地を塗るのがおすすめです。プライマーを使うか使わないかで、コーキングの長持ち度合いが変わります。

ベランダの雨漏り修理

ベランダの雨漏りは、ドレンが詰まって雨水が溢れたり、ベランダをコーティングしている防水層にヒビや割れが発生していたりするのが原因です。まずはドレンが詰まっていないかを確認し、きれいに掃除をしましょう。次にベランダのコーティング剤の劣化度合いを確認します。小さなヒビや塗装が少し剥がれているくらいなら、自分でトップコートを塗り直すDIYで対応できます。しかし塗装の下のシートや防水層が破れたり剥がれたりしている場合は、古いシートを剥がして張り替えをする必要があります。DIYで張り替えるのは難しいため、業者に依頼しましょう。

窓の雨漏り修理

窓からの雨漏りは、窓周辺のコーキング劣化と、壁内側の防水シートや透湿シートに原因があるケースあります。問題のある窓周辺をコーキングで補修する方法が思い浮かびますが、防水シートや透湿シートに問題がある場合、原因の解決になっていないのでまたすぐに雨漏りしてしまう可能性があります。DIYでシーリング補修するのは応急処置と考え、早めに業者を呼ぶことをおすすめします。

雨漏り修理をDIYするメリットとデメリットを考えてみよう

雨漏り修理を自分で行うメリットは、リーズナブルで、自分の好きなタイミングで修理できるという点でしょう。DIYが好きな人は作業自体が楽しく、趣味の延長のような感じで作業できます。

しかし、雨漏りの原因や雨漏り箇所は素人が簡単に見つけられるものだけではありません。プロでなければ見つけにくい雨漏り箇所もあります。また、屋根の上での作業となるため危険と隣り合わせです。2階、3階の屋根に上がり、万が一転落したら大惨事になりかねません。

さらに、多くの人が雨漏り修理のDIYに慣れていないため、仕上がりがプロの仕事と比べると甘くなりがちです。「雨漏り修理したのに、また雨漏りしてきた」ということになりかねません。状態によっては、そもそもDIYで対応できないくらい劣化していて、全体の交換や葺き替え・塗り直しが必要という場合もあります。

DIYでの雨漏り修理は安く済むし楽しいけれど、危険かつ雨漏りが再発する可能性があるのです。

雨漏りの修理はDIYでも出来るけれど、しっかり直したいなら業者に依頼

雨漏りの修理を業者に頼むと費用がかかるため、DIYで対応できるのが理想です。ちょっとした瓦の割れや外壁の小さなヒビならDIYでも対応できます。しかし傷んでいる箇所が広範囲だったり、雨漏り箇所の特定が難しかったりする場合は、DIYで修理をしてもすぐに修理箇所や他の部分から雨漏りが発生してしまう可能性が高いのです。その結果、何度も屋根に上がって修理を繰り返さなくてはいけなくなり、結果的にコストが高くなってしまったという結果になりかねません。また、高い場所での作業となるため、危険とも隣り合わせです。

簡単な修理や応急処置はDIYで対応し、しっかり本格的に修理したい場合は業者に修理を依頼するのがおすすめです。

Q&A一覧

「雨漏り」に関するQ&A

HOME

24時間スピード対応! 見積・相談無料

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせフォーム

~Q&A~

「雨漏り」に関するQ&A

Q&Aの一覧を見る