雨漏りのトラブルに年中無休で対応!世田谷世田谷 雨漏り&外壁塗装 リフォーム隊

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

外壁塗装にはいくらかかるの?気になる相場をご紹介します!

外壁塗装を業者へ依頼する時に何より気になることといえば、価格の相場ではないでしょうか。外壁塗装が初めてであれば、一体どの程度の費用がかかるのかあまりピンとこないかもしれません。

また以前、外壁塗装を行った経験があったとしても、「業者ごとの見積もりに差がある」「費用の内訳が分かりにくい」といった不満を抱いている方も少なくないかもしれません。外壁塗装の価格が適正であるかを判断するためには、しっかりと相場を把握しておくことが大切なのです。

外壁塗装の相場を、土地面積から割り出そう!

外壁塗装の価格は建物の状態や塗料、請け負う業者などによって大きな差があるため、まずは大体の相場を把握しておきましょう。建坪面積からざっくり割り出される相場は、以下のようになっています。

・20坪・・・40万円~80万円前後
・30坪・・・50万円~90万円前後
・40坪・・・60万円~100万円前後
・50坪・・・70万円~110万円前後
(屋根の塗装は含みません)

外壁塗装の実際の価格には、塗料や養生シートなどの材料費以外にも、足場代や人件費などさまざまな費用が含まれています。上記の相場では、どの坪数でも40万円前後の開きがあります。しかし、業者や条件、素材によっては、見積もりにこれ以上の差が出る場合も。

例えば、外壁塗装に必要不可欠な「足場」ですが、自社で所持している業者もあれば、レンタルしなくてはならないケースもあります。そうなるとレンタルしなくてもよい分、所持している業者の方が「足場代」を安く抑えることができるでしょう。

また、作業をする人数が多い方がもちろん人件費がかかりますし、ベテランの職人さんが多く携わることになればその分価格は上乗せされます。

業者の中には、アフターサービスに力を入れているところもあります。外壁塗装の保証期間は各業者によって違いがあり、1~2年の場合もあれば、10年という長期間に渡ってフォローしてくれるケースも。こうしたアフターフォローの期間や内容も価格に影響を与えるでしょう。

これら以外にもさまざまな条件から、外壁塗装の価格にはどうしても差が生じてしまうのです。建坪面積から割り出された価格相場はあくまで「大まかなもの」という点を忘れずに、塗装を検討する際に上手に参考にしていきましょう。

外壁塗装の相場は、塗料によっても全然違う!

外壁塗装の相場価格は各種の条件により開きが生じますが、その大きな理由の1つに「塗料の価格」があります。外壁塗装とひとくくりにしても、使用される塗料は実にさまざま。それでは、外壁塗装に使用される代表的な塗料の価格相場を見てみることにしましょう。

(1平方メートルあたりの価格相場)
・ウレタン塗料・・・1,500円~2,000円前後
・シリコン塗料・・・2,000円~3,500円前後
・フッ素塗料・・・・3,000円~5,500円前後
・無機塗料・・・・・3,500円~5,500円前後

ウレタン塗料と無機塗料の価格相場を比べてみると、場合によっては3倍以上の差があることが分かります。それではこれが「1平方メートル」ではなく、「実際に塗る面積」になるとどれほどの価格差になるのでしょうか。

同じ30坪の住宅でも、2階建と3階建では塗装を施す面積は大きく変わってくるでしょう。塗料代を割り出すには坪数ではなく「塗装面積」が重要になるのですが、実はこの塗装面積、専門家でなくとも以下の式で大まかに計算することができます。

・延べ床面積(平方メートル)×係数(1.1~1.7)
もしくは
・延べ坪面積(坪数)×3.3×係数(1.1~1.7)

係数は延べ床面積の広さによって数字の大きさを変える方が正確な数値が出ますが、多く使われているのは1.1~1.3の数字。一般的な住宅であれば、1.2で計算してみましょう。例えば延べ床面積が「135平方メートル」の場合、大体の塗装面積は以下のようになります。

・135×1.2=162平方メートル

仮に1平方メートルあたりの価格が3,000円のシリコン塗料を使用した場合、塗料の代金は「3,000円×162=48万6,000円」。これが5,500円のフッ素塗料になると「5,500円×162=89万1,000円」となり、実に40万5,000円もの価格差が生じることになるのです。

ただし、塗料には種類ごとに「耐用年数」があります。また、「汚れにくい」「断熱効果がある」といった、塗料ごとの特徴も見逃せません。安いものを使用することが必ず得であるとは限りませんので、塗料を選ぶ際には価格だけではなく、総合的に判断する必要があるのです。

外壁塗装を考えるなら、相場と見積もりを比べてみよう!

塗料以外にも、外壁塗装には使用する道具や工程ごとにおおよその相場が存在しています。こうした相場の詳細を知っておくと、塗装業者から受け取った見積もりを確認する際におおいに役に立つでしょう。

(1平方メートルあたりの価格相場)
・足場代・・・・・・600円~1,000円前後
・飛散防止ネット・・100円~200円前後
・養生シート・・・・300円~500円前後
・高圧洗浄作業・・・100円~300円前後

(1メートルあたりの価格相場)
シーリング(コーキング)
打ち増しの場合・・・500円~900円前後
打ち替えの場合・・・900円~1,200円前後

塗料と同じく、おおよその塗装面積が分かれば、こうした数字を使って工事内容ごとの予想価格を割り出すこともできます。

もちろん、専門の塗装業者は図面などを使用してより正確な塗装面積を計算します。ご自身で計算したものと見積もりでは、おそらく違う価格になるでしょう。しかしこうした知識を心得ておくことで、「面積があまりにも広く見積もられている」「足場の費用がずば抜けて高い」といった、相場価格から大きく外れた不当な請求を見抜くことができるのです。

また、業者によって見積もりの書き方にも違いがあります。きちんとした業者の場合、見積書には「足場代」「養生」「塗料」など、作業ごとに単価や合計金額が明記されているはず。

これがいい加減な業者になると、「塗装費用一式」や「工事一式」など、内訳が不透明になっている場合があります。このような業者は信頼できるとはいえませんし、確認を怠れば損につながるかもしれません。

外壁塗装は安すぎてもダメ!ベストな業者を見つけよう!

外壁塗装の価格相場を知ることは、損をしないためにも大変重要ですよね。しかし、「安さ」だけで選んでしまうのも考えもの。外壁塗装は家屋全体に関わる問題なだけに、「安物買いの銭失い」だけは避けなくてはいけません。

見積もりは複数の会社から出してもらい、しっかりと内容を確認してください。価格相場と照らし合わせ、高すぎても安すぎても業者にきちんと説明を求めましょう。説明に納得がいかない場合、その業者は避けた方が無難です。塗装業者を選ぶ際は価格や工事内容だけではなく、信頼できるかどうかも重要です。

皆さんも外壁塗装の価格相場を知ることで、ご自宅に合ったベストな業者を見つけてくださいね。

HOME

24時間スピード対応! 見積・相談無料

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせフォーム

~Q&A~

「外壁塗装」に関するQ&A

Q&Aの一覧を見る