雨漏りのトラブルに年中無休で対応!世田谷世田谷 雨漏り&外壁塗装 リフォーム隊

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

外壁塗装の時期を見極めるコツ・実施するタイミングは?

実際に外壁塗装を行う目安は「築10年」と言われていますが、すべての家屋がこれに当てはまるわけではありません。外壁の状況によっては10年よりも早くメンテナンスが必要になることもありますし、悪質業者の言われるままに外壁塗装を行ってしまう可能性もあります。

もちろん外壁塗装が本当に必要なのか、本来は専門家にしっかり見てもらうのがベスト。でも専門家や業者でなくても、外壁塗装の必要があるのかどうかを見分けるポイントがあります。ここでは、外壁塗装が本当に必要な時期に来ているのかどうかを見極めるコツ、さらには外壁塗装を実施するタイミングについてお伝えしましょう。

外壁塗装が必要な時期であるサインとは?

専門家や業者でなくても、家屋の外壁塗装が必要なのかどうかを知る目安があります。ご自身の家屋の外壁で以下の状態に当てはまる部分があるかどうか、チェックしてみましょう。

1.コケ・カビが繁殖している

色は緑色であればコケ、そのほかの色であればカビの可能性があります。コケ・カビは胞子によって増殖しますが、この胞子が風に乗って外壁に付着することで繁殖します。家屋のある場所が、水辺(川・池・水路・田んぼなど)や林・森の近くといった場合には注意が必要です。

さらに日当たりが悪い・風通しが悪い場所の外壁の表面は乾きにくく、湿気を好むコケ・カビにとっては繁殖しやすい環境です。そのため家屋の北側の外壁に現れるケースが多いのも特徴の1つです。

コケ・カビが生えている外壁は、外壁そのものの防水性が失われ、劣化しつつある証拠でもあります。外壁の色が変わって見た目が悪いだけでなく、大気汚染物質も付着しやすくなる点にも注意しましょう。

2.チョーキングが発生している

チョーキングとは、外壁にチョークの粉のようなものが噴き出ている状態です。これは外壁の着色に使われる塗料が紫外線などの影響で劣化することで発生します。そのため強い太陽光の当たる、ベランダ・西日の当たる場所に多く見られます。実際に手で触ってみて白い粉が大量につくようなら要注意です。逆に少量だったり、ホコリのようなものならまだ大丈夫です。

3.外壁・コーキングのひび割れがある

外壁のひび割れも外壁が劣化している証拠です。小さなひび割れは外壁の塗装部分の劣化ですが、小さな髪の毛ほどのひび割れでも、数が増えることで外壁の劣化を早めてしまいます。ひびの大きいものは外壁の下地に問題があり、より雨水などが浸透しやすい状態となっています。

また外壁が複数のパネルで構成されている場合、パネル同士のスキマに詰め物(コーキング)をして、外壁内部に水が浸み込まないようにしています。しかし劣化によってこの部分にひび割れが生じ、雨水が浸透しやすい状況になっています。

4.外壁がはがれている・ふくれ上がっている

外壁がはがれ落ちてしまう、ふくれてしまう原因としては以下の2つが考えられます。

・当初の外壁工事に問題があった場合(施工不良)

外壁は塗料を複数回にわたって塗装することで、耐久性のある美しい外壁が出来上がりますが、この工程のどこかで問題があると、施行から数年で外壁剥離やふくらみが発生するケースもあります。

・経年劣化などによる場合

サッシやひび割れなどから、外壁の内部に水が入ることで剥離やふくらみが起こります。またそもそもの家屋の構造や増改築などで、壁材にひび割れが生じている可能性もあります。

外壁塗装の時期によって工期が延びてしまう場合も…

もし外壁工事が必要だというサインを確認したら、すぐにでも外壁工事を依頼したいところでしょう。一般的な戸建ての外壁工事を行う場合、工期は最低でも10~14日間はかかります。

しかし外壁塗装には気温・湿度が密接に関係しています。実際にほとんどの塗料メーカーでは「気温は5℃以上・湿度は85%以下」と定めています。

気温が5度以上でないと塗料が乾燥するまでに時間がかかってしまいます。さらに湿度が85%以上の場合(雨天時)、雨水や結露によって外壁の品質にも影響し、工事後に外壁がはがれる原因にもなります。ですから外壁塗装を行うにあたり、気温の低い時を避け、雨天時は作業を中断せざるを得ません。

このように外壁塗装を行うためには気温・湿度が大きく関わっているため、工事を実施する時期によっては工期が延びてしまう可能性もあります。

天候不良による工期の延長によって、追加料金が発生しない業者・発生する業者があるので、業者に依頼する際にはその点の確認も行っておきましょう。

では、できる限り予定されている工期で外壁塗装をスムーズに進めるためには、いったいどのタイミングがいいのでしょうか?

外壁塗装で避けたい時期(季節)とは?

外壁塗装で避けたい時期としては、雨の多い・湿度の高くなる梅雨の時期でしょう。雨の影響を受けて作業が中断・工期が長くなるため、梅雨の時期は工期が延びやすいのが一番のデメリットです。窓・雨戸は締め切った状態が続き、さらに工事が延びた分だけ洗濯物を外に干せないといった不便さも増します。

デメリットばかりが注目されがちな梅雨の時期ですが、メリットとして安い金額で外壁工事が可能という点を忘れてはいけません。もし外壁塗装にかかる費用を少しでも安くしたいという人には、この時期の塗装がベストです。また梅雨の時期の外壁塗装を避ける人も多いため、繁忙期(春・秋)と比べて、予約が取りやすい点にも注目です。

また寒冷地であれば、当然ながら積雪の時期は外壁塗装ができません。さらに天候の変わりやすい春先、台風シーズンの9・10月も工期が延びやすい時期といえます。風が強い時には粉塵などが塗装面に付着し、外壁の品質に影響が出る可能性もあります。

外壁塗装をするのにベストな時期(季節)とは?

春・秋は他のシーズンと比べて天候が比較的安定しており、空気が乾燥しやすくなるので、外壁塗装にはベストシーズンです。さらに窓を閉め切っていても問題ないので、この時期に外壁塗装を行う人が多く、依頼が殺到して予約が取りにくいというデメリットもあります。また気温が下がる冬場は、霜の影響などを避けるために日中の作業時間が短くなるという点も注意しましょう。

塗料の乾燥も速い点においては、気温の高い夏もオススメです。塗料は高温になるほどしっかり塗れます。ただし職人さんたちにとっては熱中症リスクが伴うなど、一年の中でも最も体調管理に気を遣う時期。もちろん家の中でも窓を閉め切った状態でエアコンがフル稼働…という状況なので、このようなデメリットがあることも覚えておきましょう。

外壁塗装を行うタイミング・時期を決めるのはあなた次第!

外壁塗装が必要な時期なのかどうかを見極めるサインを知ることで、本当に外壁工事が必要なのかをある程度ご自身で判断できます。ある日突然やってきた飛び込み営業のリフォーム業者に言われるまま契約することのないよう、普段から自分の目で外壁などのチェックを行っておくのもいいかもしれません。

また、外壁塗装のベストシーズンは、あなたが外壁塗装で一番優先したい条件に、よりマッチする時期を選ぶことが大切です。一番不向きだとされている梅雨の時期でも、外壁塗装のコストを抑えたい人にはベストシーズンとなるからです。

HOME

24時間スピード対応! 見積・相談無料

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせフォーム

~Q&A~

「外壁塗装」に関するQ&A

Q&Aの一覧を見る