雨漏りのトラブルに年中無休で対応!世田谷世田谷 雨漏り&外壁塗装 リフォーム隊

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

外壁塗装の色選び、おすすめカラーや注意点、失敗談もご紹介!

外壁塗装を行う場合に皆さんが一番気にするポイントといえば、やはり「色」ではないでしょうか。世間にはさまざまな色の家が立ち並んでおり、中には個性的なものもありますよね。「こんな色にしたい!」という理想の配色がある方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ただ単に「好きな色だから」という理由で外壁塗装の色選びを進めてしまうと、後々後悔する可能性があります。今回は外壁塗装を行う際の色選びを、おすすめカラーや注意点などを交えてご紹介したいと思います。

外壁塗装での色選び、おすすめカラーとその理由とは!?

最初に、外壁塗装を行う際によく選ばれる人気の色をご紹介しましょう。

塗料の色で、特に人気があるのが「ベージュ」です。淡いベージュであれば優しく上品な外観になりますし、濃いベージュで塗装すれば、少しメルヘンな印象に仕上がります。また、こうした明るい色を選択すると家全体の外観を大きく見せることができるでしょう。

外壁塗装を淡いベージュで行う場合、ベランダや屋根などにこげ茶色を選択すると、シックにまとめることができます。また、外壁が濃い目のベージュであれば、アクセントに濃い赤茶色を使うのも可愛いですよ。

<ホワイト>

昨今ベージュと並んで人気の色が、「ホワイト」です。道を歩いていると、白を基調とした新築の家を多く見掛けますよね。清潔感があり他の色ともうまく調和するホワイトは、アクセントカラーで少し冒険したとしても失敗することは少ないでしょう。

ホワイトに合わせて屋根やベランダをブラックで塗れば、スタイリッシュで締まった印象。紺色なら少し柔らかい、涼やかなイメージに仕上がります。家のデザインによっては、ホワイトの外壁に朱色やレンガ色の屋根を合わせ、南欧風に仕上げても素敵ですよ。

<グレー>

クールでモダンな印象に仕上がる人気の色が、「グレー」です。サンプルで見るといまいちイメージが湧かないかもしれませんが、グレーは高級感のある、格好いい仕上がりが期待できます。また、多くの色の中でもグレーは汚れが目立ちにくいので、外観を綺麗に保ちたい方にもおすすめですよ。

サッシなどのアクセントカラーにホワイトを使用すれば、グレーが引き立ちながらも軽めの印象になります。反対にアクセントカラーにブラックを選べば、男性的で、クールなイメージに仕上がるでしょう。

これらは外壁塗装で人気の色ですが、ピンクやグリーン、オレンジといった少し個性的なカラーも魅力的です。塗料の色は少し明るさや鮮やかさが違うだけで全然違ったイメージになりますので、慎重に選ぶようにしてくださいね。

外壁塗装で色を選ぶ際には、こんなところに気をつけよう!

外壁塗装で色を選ぶ際、やはり気になるのが「汚れの目立ち具合」ですよね。色選びに気をつければ、家の外観を長期に渡って美しく保つこともできるでしょう。

土埃やカビ、コケなどの汚れを目立たなくさせてくれるのは、なんといってもグレーです。「グレーは暗い色だからイヤ」とお考えでしたら、ベージュなどの茶色系統の色はいかがでしょうか。土埃は茶色系統ですから、同じく茶色系の色を選択すれば汚れも目立たちにくくなります。

逆に汚れが目立ちやすい色が、ホワイトです。清潔感が魅力のホワイトの外壁ですが、汚れが付着すると途端に薄汚れた印象になってしまいます。

「それなら濃い色を選ぼう」とお考えの方もご注意ください。ホワイトとは逆に、ブラックもまた汚れが目立ちやすい色。車を想像すると分かりやすいと思いますが、黒は土埃などの汚れを白く浮き上がらせてしまうのです。外壁にホワイトやブラックを選びたい場合は、汚れが付着しにくい塗料を選択するのがおすすめですよ。

色選びの注意点としてもうひとつお伝えしたいのが、「サンプルと実物の違い」です。サンプルを吟味してしっかり選んだのに、実物を見ると「あれ?なんだかイメージと違う」…こうした失敗はよくあること。その原因は、サンプルと実際の外壁の「大きさの違い」です。

外壁塗装の色は基本的には色見本帳のサンプルから選ぶことになりますが、どうしても実際の外壁をイメージしにくいもの。そして、「サンプルよりも実際に仕上がった外壁の方が、色が明るく見える」という点にも注意が必要です。これは、小さな面積よりも大きな面積の方が色が明るく見える、「面積効果」が原因。日光の当たり具合も、外壁の印象に大きな影響を及ぼします。

サンプルから色を選ぶ際は、「理想の外壁よりも少し暗めの色を選ぶ」「大き目のサンプルを見せてもらう」そして「外で見て確認する」、こうしたことを心がけましょう。

サンプルを貸してもらえる場合は、実際に建っている家から気に入った色を探し、サンプルと照らし合わせてみるのもおすすめです。また、パソコンなどで確認する際には、パソコンごとに少しずつ色が違って見える点にも注意してくださいね。

こんな失敗したくない!外壁塗装での色選び失敗談とは!?

外壁塗装の色選びで一番多い失敗談が、「イメージと違う」というものです。先ほどご紹介したように、外壁塗装では面積効果を考えて色を選ばなくてはいけません。この点を見過ごしてしまうと、「クリーム色を選んだのに、出来上がりがほとんど白」「落ち着いたレンガ色に仕上がるはずが、実物は真っ赤」といった失敗につながります。

業者が面積効果を考えて濃くくすんだ色をすすめても、それを暗すぎると感じた施主が「もっと明るい塗料にして欲しい」と要求してしまう場合もあります。反対に、「意識して濃い色を選んだら濃すぎてしまった」という失敗談も。

個性的な色ではありますが、ブラックや、ブラックに近いグレーを選択する方も最近は増えてきました。黒は先ほど「汚れが目立ちやすい」とご紹介しましたが、実はそれ以外にも大きな落とし穴があります。それは、「部屋が暑くなる」ということ。黒は光を吸収してしまいますから、「カッコよく仕上げたのに、夏暑い!」という思わぬ失敗もあります。

仕上がりそのものには不満がなくても、「周囲の街並みから浮いてしまった」というケースも。「周囲の家はほとんどホワイトなのに、自分の家だけポツンとグレーで変に目立つ」といった失敗談もありますから、周囲との調和を大切にしたい方は、街並みをよく観察しておきましょう。

外壁塗装を行うなら、サッシやドアの色にも注意しよう!

外壁塗装を行う場合、塗装しない部分とのバランスを考えて色を選ぶことも重要です。塗装しない部分とは、サッシや玄関ドア、玄関タイルなどのこと。

こうした部分は基本的に塗装せず、色が変わりません。「外壁は理想の色に仕上がったけど、玄関ドアの色が合わない」といった失敗をしないよう、塗らない部分のことを考えて色を選ぶようにしてくださいね。

塗らない部分が白や黒の無彩色であれば、外壁塗装にどんな色の塗料を選んでも失敗は少ないでしょう。しかし「サッシがブロンズ」「玄関ドアが茶色」など、塗らない部分が有彩色の場合、それにマッチする色を選ぶ必要があります。

色選びは外壁塗装を行う際の、難しい過程のひとつ。ご自宅を理想の色に仕上げるためには、信頼できる業者を見つけることも重要です。親身に相談に乗ってくれ、質問に対してきちんと答えてくれる業者を選ぶようにしましょう。気に入った家を見つけたらよく観察し、ご自宅を理想の色に仕上げてください。

HOME

24時間スピード対応! 見積・相談無料

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせフォーム

~Q&A~

「外壁塗装」に関するQ&A

Q&Aの一覧を見る