雨漏りのトラブルに年中無休で対応!世田谷世田谷 雨漏り&外壁塗装 リフォーム隊

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

外壁塗装の耐用年数は、ペンキや塗る人によって全然違うの!?

外壁塗装の塗料選びを行う際、値段と並んで重要になってくるのが「耐用年数」です。いくら値段が安い塗料を選んでも、耐用年数が短くてはすぐに塗り直しが必要になってしまいますよね。業者や色を選んだり足場を組んだり……外壁塗装には手間とお金がかかります。何度も塗り直しを行っていては、結果的に損をしてしまうかもしれません。

また、塗装の寿命については、耐用年数以外にもさまざまな要素が関わってきます。今回は塗料ごとの耐用年数を、その他の注意点も交えてご紹介しましょう。

外壁塗装の耐用年数、重要なのはなんといっても塗料の種類!

まずは基本として、外壁塗装によく使用される塗料の値段と、その耐用年数をご紹介します。塗装が長持ちするかどうかには塗料の種類以外にもさまざまな要素がありますが、まずはこれらの情報をベースに考えてみましょう。

(1平方メートルあたりの価格相場と耐用年数)

<アクリル塗料>

価格相場・・・1,000円~2,000円前後
耐用年数・・・5年~8年前後

<ウレタン塗料>

価格相場・・・1,500円~2,000円前後
耐用年数・・・6年~8年前後

<シリコン塗料>

価格相場・・・2,000円~3,500円前後
耐用年数・・・10年~15年前後

<フッ素塗料>

価格相場・・・3,000円~5,500円前後
耐用年数・・・15年~20年前後

<無機塗料>

価格相場・・・4,500円~5,500円前後
耐用年数・・・20年~25年前後

こうして見てみると、塗料によって耐用年数にかなり差がありますね。一般的な住宅に外壁塗装を施す場合、現在一番多く使用されている塗料はシリコン塗料。ウレタン塗料とシリコン塗料の耐用年数を比べてみると、場合によっては2倍以上も違います。

それでは次に、「一平方メートルあたり1500円のウレタン塗料を使用し、6年で塗り替えを行う」場合と、「一平方メートルあたり2000円のシリコン塗料を使用し、12年で塗り替えを行う」場合を比べてみましょう。

一度にかかる費用はウレタン塗料の方が安く済みますが、トータルで考えると高くついてしまいます。価格だけではなく、業者や色を選ぶ、実際に作業を行うといった手間も余分にかかってしまいますよね。

結果として損をしないためにも、塗料選びの際は値段だけではなく、耐用年数もきちんと確認しておくことが重要なのです。

外壁塗装の耐用年数は、塗る人や場所によっても変わる!?

外壁塗装に利用される塗料は、メーカーにより目安となる耐用年数が決められています。しかし、塗装の寿命を左右するのは耐用年数だけではありません。どのような壁に行うのか、どういった職人が行うのか、さらにはどのような環境にさらされるのかなど……さまざまな要素によってその寿命は変化するのです。

まず外壁塗装を行う外壁の状態を考えてみましょう。傷みの少ない壁やきちんと補修を行った壁に塗装を行えば、美しい外観を長く保つことができるでしょう。

しかし、反対に外壁のダメージが大きく補修も不十分であった場合には、目安とされている耐用年数をキープすることが難しくなってしまいます。補修をきちんと行い、丁寧な作業を行ってくれる業者や職人を選ぶことは、外壁塗装の寿命を考えるうえで大変重要であると言えるでしょう。

業者や職人選びにはもうひとつ大切なポイントがあります。それは、「希望する塗料の施工実績が十分にあること」です。例えば無機塗料は高価ですが、紫外線や熱、雨水などによる劣化を起こしにくく、優れた耐用年数が魅力の塗料。しかしこのような無機塗料の強みは、きちんと前処理をし、塗料を均一に塗らなくては発揮されないのです。

価格が高く、高機能な塗料ほど塗りムラになりやすい傾向があり、職人の腕が求められます。業者や職人を選ぶ際には、自分が塗りたい塗料の施工実績が十分にあるかをきちんと確認するようにしましょう。

塗装の寿命を左右するもうひとつの要因、それが「環境」です。私たちの身の回りに存在するものは、環境によりさまざまな影響を受けます。例えば、日差しの強い地域や、周囲に建物が少なく日当たりがよい場所の外壁は、紫外線によるダメージを受けやすいでしょう。

また、自宅が海の近くであれば潮風による塩害も考えられますし、交通量の多い道路や工場のそばであれば汚れるスピードも速くなります。こうした地域の外壁は、塗り直しまでの期間が短くなることを覚えておきましょう。

「耐用年数30年」そんな外壁塗装業者には要注意!

外壁塗装の勧誘で「耐用年数30年の塗料をすすめられ、データも見せられた」という話が、最近よく聞かれるようになってきました。もし本当に30年もつ塗料があるとしたら、塗り替え回数は少なくて済み、手間や費用が抑えられるように思えますよね。

しかし、先ほどご紹介した無機塗料ですら耐用年数は20年~25年。本当に耐用年数30年の塗料など存在するのでしょうか。

単刀直入に言うと、耐用年数が30年以上の塗料はないと考えた方がいいでしょう。有名塗料メーカーが発売している商品でも、耐用年数が30年のものはありません。耐用年数30年以上を主張する塗料の多くは、「自社開発」や「オリジナル」といったうたい文句で販売されていますが、性能が信頼できるかどうかは怪しいところです。

また、30年もつ塗料が万が一存在したとしても、いいことばかりではありません。まず、上塗り塗料の耐用年数が30年であったとしても、下塗り塗料が劣化しないとは言い切れませんよね。

最近の一般的な住宅の多くは「サイディング」という外壁材を使用していますが、継ぎ目にはコーキング(シーリング)材が使用されています。このコーキング材も、耐用年数30年のものは存在しないでしょう。

塗料自体が劣化しなくても、汚れが溜まり、足場を組んでの洗浄が必要になるかもしれません。そしてもうひとつ重要なのが、「建物の築年数」です。耐用年数30年の塗料を使用しても、建物自体が寿命を迎えてしまっては元も子もありませんよね。

このように、一般的な住宅に外壁塗装を施すのであれば、「耐用年数が長ければ長いほどいい」、というわけではないのです。

外壁塗装のタイミングは、耐用年数だけではなくサインも重要!

塗料の耐用年数は、外壁塗装のタイミングを計るうえで目安のひとつになるでしょう。しかし先ほどご紹介したように、実際の塗装の寿命は職人の腕や環境により大きく左右されます。外壁塗装のタイミングはメーカーが決めた耐用年数を基準にしつつも、自分の目でしっかりと見極めるようにしましょう。

塗装の劣化は、まず「色あせ」や「つやがなくなる」といったところから始まります。その状態で放置しておくと表面の劣化が進み、「チョーキング現象」というものがおこります。これは外壁に触れた時、塗料の粉が手につく現象のこと。

さらに劣化が進むと、「塗装が浮き上がって剥がれる」「クラック(ひび割れ)が入る」といった状態が目につくようになるでしょう。コーキング材の劣化や亀裂にも注意が必要です。

チョーキング現象やコーキングの亀裂が出てくると、建物の防水機能が低下し、雨水が侵入しやすくなってしまいます。雨水により建物内部にダメージが生じてしまうと、塗装費用以外にも補修費用がかかってしまう可能性も。余計な出費を抑えるためにも、外壁の劣化が始まったら早めに塗り替えを行うようにしましょう。

せっかく高い費用をかけて外壁塗装を行うのですから、美しい外観をできるだけキープしたいものですよね。まずは焦らず、信頼できる業者を探すようにしましょう。各塗料の耐用年数や仕事の実績などをきちんと説明してくれて、親身に相談に乗ってくれる業者を見つけてください。「塗料の耐用年数は長ければ長いほどいい」、というわけではないことも、どうぞお忘れなく。

HOME

24時間スピード対応! 見積・相談無料

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせフォーム

~Q&A~

「外壁塗装」に関するQ&A

Q&Aの一覧を見る