雨漏りのトラブルに年中無休で対応!世田谷世田谷 雨漏り&外壁塗装 リフォーム隊

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

外壁塗装はDIYできるの!?やり方と注意点をレクチャーします

趣味にしている人も多いDIY(Do It Yourself)ですが、外壁塗装まで自分の手でやってみようと考える方はあまりいないでしょう。一見、専門家でないと行えないように感じられる外壁塗装ですが、実はDIYも不可能ではありません。

自分で考え、自分で作り、自分で使う……DIYの魅力はその名の通り、自分の手で物を生み出す喜びにあります。大切な自宅の壁を自分で塗り替えるなんて、なんだか夢がありますよね。さらには外壁塗装をDIYすることで、業者に依頼するよりも費用を格段に抑えることができるのです。

今回はそんな外壁塗装のDIY方法を、皆さんにレクチャーしたいと思います。

外壁塗装をDIYすれば、50万円以上も節約できる!?

外壁塗装をDIYする一番の魅力は、何と言っても費用の安さではないでしょうか。30坪の自宅の外壁塗装を業者に依頼した場合、50万円から、条件によっては100万円以上もの費用がかかります。しかしDIYすることにより、それを30万円~50万円という価格に抑えることができるのです。

それでは外壁塗装をDIYする際、どういった部分に費用がかかるのでしょうか。代表的な材料や用具の紹介をしつつ、それぞれの価格を見てみましょう。

<養生関係>

・ビニールシート

窓やメーターなどを覆い、塗料で汚れるのを防ぎます。

・マスキングテープ

壁や窓枠などのダメージが気になる場所にテープを貼る際は、粘着力の弱いマスキングテープを使用します。塗料のはみ出し防止にも。

・マスカー

テープとビニールシートが一緒になっているもので、ビニールをテープでとめる手間を軽減してくれます。

これら以外にもガムテープやブルーシートなど、状況や場所に合わせて道具をそろえていきましょう。金額は、全て合わせて1万円程度になります。

<洗浄関係>

・高圧洗浄機

汚れやコケなどの付着物によって、塗料が剥がれやすくなります。外壁塗装を施す前には、高圧洗浄機を使用してしっかり掃除を行いましょう。

・洗剤

中性洗剤やカビ取り用の洗剤を、汚れの度合いや種類に合わせて使用します。

・ブラシ

柔らかいブラシを選び、研磨剤入りの製品などは避けましょう。

総額で3万円程度をみておく必要がありますが、高圧洗浄機を購入しなくてもよい場合には安く抑えることができるでしょう。逆に、高圧洗浄機が高価なものになれば、これより高くなる可能性もあります。

<塗装関係>

・補修材、下塗りのための塗料

ひび割れなどは補修材を用いて処理しましょう。また、上に塗る塗料の密着性を高める、仕上がりを美しくするといった目的で、下塗り用塗料で塗装を行います。

・上塗りのための塗料

塗料によって価格や性能が違いますので、よく吟味して選びましょう。きれいに仕上げるために2度塗りを行うため、2回分購入しておく必要があります。

・ハケやローラー、バケツなど

主な塗装はローラーで行い、細かい部分をハケで塗る方法がおすすめです。

塗料関係の総額は、使用する塗料の種類や塗装面積によって大きく左右されます。10万~20万円程度と考えておくべきですが、それ以上になるケースもあるでしょう。それでも、業者に依頼した場合よりもかなり安く抑えることができます。しかしその反面、扱いが難しい高性能な塗料や、業者しか入手できない業務用の塗料は使用することができません。

これら以外にも作業服や安全ロープ、細かな作業用の道具や足場代などを加えると、外壁塗装のDIYに必要な費用は30万円~50万円といったところ。それなりの値段ですが、業者に頼むよりはかなりコストを抑えることができます。

外壁塗装のDIY、準備から完成までの流れって?

それではいよいよ、外壁塗装をDIYする際の流れをご紹介しましょう。1つひとつの工程を丁寧に行うことが、仕上がりの満足度につながりますよ。

STEP1.外壁の洗浄

最初に行うのは、外壁の洗浄です。汚れやコケ、カビなどをしっかり処理しておかないと、塗装が剥離する原因になってしまいます。高圧洗浄機で全体を掃除し、気になる箇所や汚れのひどい部分はブラシを使って洗いましょう。

STEP2.養生作業

窓や地面、塗りたくない部分などを、ビニールシートやテープを用いて保護します。この養生作業は仕上がりの美しさにつながりますので、しっかり行ってください。塗料が散ってしまう場合もありますので、車やメーターなど家屋以外の部分にも注意が必要です。

STEP3.下塗り作業

外壁にひび割れがある場合は、「シーリング材」で補修しましょう。タイルの隙間などの目地材が傷んでいる場合は、「コーキング材」を使用します。傷んだ目地はカッターで削ぎ落とし、マスキングテープでサイドを保護した上で行ってください。補修が済んだら、下塗り用の塗料を塗ります。

STEP4.上塗り作業

ローラーで広範囲を塗り、細かい部分はハケなどを使用しましょう。塗料や気候によって乾燥までの時間が変わってきますので、よく確認してから2度目の塗り作業に入って下さい。ムラにならないように、上塗り作業は特に気をつけて行いましょう。

以上が、外壁塗装をDIYする際の基本的な流れです。なんだかこうしてみると、出来そうな気がしてくるかもしれませんね。ただし、工程の中にはプロに頼んだ方がいい作業もあります。次は専門家に依頼した方がいい作業や、外壁塗装をDIYする時の注意点をご紹介しましょう。

これだけは気をつけたい、外壁塗装をDIYする際の注意点とは?

費用を抑えつつ、家作りの楽しみを体感することができる外壁塗装のDIY。しかし、油断すると大きな事故につながりかねません。外壁塗装をDIYする際には、一体どのようなことに注意するべきなのでしょうか。

<完成までの時間を確保する>

外壁塗装をDIYするとなった場合、おそらく作業のほとんどを1人で行うことになるでしょう。プロが複数人で行うケースに比べ、かなり時間がかかることになります。悪天候が続けば塗料が乾くまでの時間も長くなり、さらに工期が延びてしまうことも。完成までには30日から、長ければ3カ月近くかかってしまうかもしれません。

<頻繁な塗りなおしを覚悟する>

補修や塗装をしっかり行ったつもりでも、プロと素人では技術面で大きな差があります。塗料には種類ごとに「耐用年数」の目安がありますが、素人作業ではその年数よりもずっと早くトラブルが発生してしまうことがあるのです。業者に依頼した場合よりも、次の塗り替えまでの期間が短くなることを覚悟しておきましょう。

<足場は業者に頼む>

高所を塗装する場合、脚立やはしごを使用しての作業は危険が伴いますし、素人が組んだ不安定な足場も安全とは言えません。足場は高所作業時に命を預けるものですから、多少費用がかさんだとしても専門家に頼むのが一番です。命綱やヘルメットなども使用し、大きな事故につながらないように心がけましょう。

<塗料の取り扱いに気をつける>

塗料の種類や取り扱い方によっては、作業時に有毒なガスが発生することがあります。また、燃えやすい塗料が気化することで、火災につながってしまった事例も。素人が塗料を使用する際には説明をよく読み、細心の注意を払うようにしましょう。

以上のポイントの中でも、安全に関わることには特に注意しなくてはいけません。DIYは楽しく行うのが一番ですが、命を落としては元も子もありませんよね。事故につながるような無理はせず、慎重に行うようにしましょう。

「無理だ」と感じたら外壁塗装の専門業者に相談を

外壁塗装をDIYするメリットは費用の安さと、何と言ってもその面白さ。簡単な作業ではありませんが、もし完成すればこの上ない達成感を得ることができるでしょう。

しかし、「時間や手間がかかる」「早いサイクルでの塗りなおしが必要」など、デメリットが多いことも事実。何より危険が伴う作業もありますので、「難しいかも…」と感じるのであれば、無理せず塗装業者に依頼するのもひとつです。

「難しそうだけど、DIYはやってみたい!」という方は、足場などを組む必要がない門柱や、手すりなどから挑戦してみてはいかがでしょうか。ご自身に合った形で、外壁塗装のDIYにトライしてみてください。

HOME

24時間スピード対応! 見積・相談無料

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせフォーム

~Q&A~

「外壁塗装」に関するQ&A

Q&Aの一覧を見る