雨漏りのトラブルに年中無休で対応!世田谷世田谷 雨漏り&外壁塗装 リフォーム隊

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

外壁塗装は種類によって全然違う!?自宅に合った塗料を見つけよう

外壁塗装を考えて情報収集を始めた時、塗料の種類に戸惑われる方も多いかもしれません。アクリル塗料にシリコン塗料、無機塗料など、外壁塗装に使用される塗料には実にさまざまな種類があります。外壁を自分の希望通りに塗装するためには、塗料選びが大変重要だととでしょう。

耐用年数や性能、さらには価格など、外壁塗装に使用される塗料にはそれぞれ大きな違いがあります。どういった建物に、どのような目的で使用するのかによってベストな塗料は違ってくるものです。今回は外壁塗装に使用される代表的な塗料の中から、価格や用途ごとのおすすめをご紹介しましょう。

外壁塗装の種類で迷ったらこれ! シリコン塗料!

外壁塗装に使用できる塗料にはさまざまな種類がありますが、現在一番メジャーなものが、この「シリコン塗料」です。

〈シリコン塗料〉
価格相場:2,000円~3,500円前後
耐用年数: 10年~15年前後
※価格は1平方メートルあたり

外壁塗装を行う際、以前はウレタン塗料を使用するのが一般的でした。ウレタン塗料の価格相場は、同じ条件で「1,500円~2,000円前後」ですので、シリコン塗料は少し割高に感じられますね。しかし塗料を選ぶ際には、単に値段だけを比べてはいけません。

数ある種類の中から外壁塗装用塗料を選ぶとなった際、値段と並んで重要になってくるのが「耐用年数」です。ウレタン塗料の耐用年数は6年~8年前後。値段で考えれば、1平方メートルあたり「1,000円~2,000円前後」のアクリル塗料もありますが、こちらも耐用年数は5年~8年と言われています。

それに対し、シリコン塗料の耐用年数は10年~15年。長い目で考えれば、シリコン塗料の方が得だと言えるでしょう。外壁塗装用の塗料を選ぶ際には、単純な価格ではなくコストパフォーマンスを考える必要があるのです。

また、シリコン塗料は耐久性に優れているだけではなく、汚れにくいという特徴があります。色落ちもしにくくカビや藻もつきにくいので、自宅の外観を美しく保つことができるでしょう。

ここで注意してほしいのが、シリコン塗料の種類です。シリコン塗料の中には水性のものと油性のものが存在しており、製品によってシリコン含有量にも差があります。製品ごとに耐久力や性能にも違いが生じますので、選ぶ際にはきちんと確認してください。

外壁塗装用塗料で迷った場合、シリコン塗料を選択しておけば大きな間違いはないと言えます。しかし、価格が安いからといってシリコン含有量が少ない塗料を選んでしまえば、シリコン塗料を選択する意味がありません。選ぶ際には、価格以外の面も注意深く確認しておきましょう。

ビルの外壁塗装なら、フッ素樹脂塗料がおすすめ!

外壁塗装を行う際は、建物の種類によって塗料を使い分けることも大切です。それでは、一般的な住宅ではなく、ビルなどの建築物にはどのような塗料が適しているのでしょうか。他の塗料に比べて高い耐久性を誇り、有名な高層ビルにも使用されているのが、「フッ素塗料」です。

〈フッ素塗料〉
価格相場:3,000円~5,500円前後
耐用年数:15年~20年前後
※価格は1平方メートルあたり

先ほどご紹介したシリコン塗料と比べると、価格は1.5倍~2倍程度。かなり割高に感じられるかもしれません。しかし、フッ素塗料の耐用年数は15年~20年前後と、耐久性に非常に優れています。ビルなどの建築物は頻繁な塗り替えが難しい場合がありますので、この耐用年数の長さは魅力的と言えるでしょう。

また、フッ素塗料には付着物を弾く効果もあり、雨が降れば汚れが洗い流されて清潔な外観をキープすることができます。紫外線に強く、防カビや防藻性能も高い塗料ですので、建物を長期間に渡って美しく保ってくれるのです

このように高い耐久性を誇るフッ素塗料は、外壁塗装以外の「ある業界」でも活躍しています。その「ある業界」とは、実は航空業界。強い雨風に常時さらされている飛行機の塗装には、丈夫なフッ素塗料が使用されているのです。

多くの種類がある外壁塗装用塗料の中でも、耐久性に優れ、高性能なフッ素塗料。いいことばかりに感じられますが、やはり価格の高さはデメリットのひとつ。その値段から、一般住宅の外壁塗装にフッ素塗料が使われることはなかなかありません。

しかし、ビルなどは頻繁な塗り替えが難しく、企業イメージのために美しい外観を保つ必要もあります。こういった場合、フッ素塗料は強い味方になってくれるでしょう。一般的な住宅でも外壁ではなく、「屋根だけをフッ素塗料で塗る」というケースが増えてきています。

種類によって性能さまざま!特殊な性能を持つ外壁塗装用塗料も!

シリコン塗料やフッ素塗料の他にも、外壁塗装用の塗料にはさまざまな種類があります。目的に合ったベストな塗料を見つけるためにも、その他の製品もチェックしておきましょう。

<ウレタン塗料>
価格相場:1,500円~2,000円前後
耐用年数:6年~8年前後
※価格は1平方メートルあたり

ウレタン塗料は、かつて外壁塗装業界で広く使われていた塗料です。シリコン塗料が広まってきたことにより、ウレタン塗料が外壁塗装に使用される機会は以前に比べて減ってきました。

しかし、「光沢のある仕上がり」や「ひび割れしにくい」という特徴から、現在もその人気は消えることがありません。木製部分や細部の塗装におすすめの塗料です。

<アクリル塗料>
価格相場:1,000円~2,000円前後
耐用年数:5年~8年前後

先ほど「安いけれど耐用年数が低い」とご紹介したアクリル塗料は、ウレタン塗料が一般的になるより以前、よく使用されていました。現在はその耐久性の低さから、ほとんど外壁塗装に使用されることはありません。

アクリル塗料は価格の安さや、色がハッキリと出るといった点が魅力です。頻繁に塗り替えが必要な場所に対してや、アクセントカラーとして利用するのがいいでしょう。

<断熱塗料>
価格相場・・・3,000円~5,500円前後
耐用年数・・・13年~15年前後
※価格は1平方メートルあたり

屋外の気温変化を屋内に伝えない、そんな特殊な性能を持つ塗料がこの断熱塗料です。塗料内に含まれたセラミックビーズが、熱が伝わるのを防ぎ、夏の暑さや冬の寒さから屋内を守ってくれます。

耐用年数が長く高性能な断熱塗料ですが、やはりネックはその値段。多少価格が高くとも、塗り替え回数を減らし、夏や冬を快適に過ごしたいという方は検討してみてください。

<無機塗料>
価格相場:4,500円~5,500円前後
耐用年数:20年~25年前後
※価格は1平方メートルあたり

無機塗料は高額ですが、抜群の耐久力と汚れにくさを誇り、さらには耐火性能も備えています。「無機塗料」と呼ばれているのは、材料にセラミックや鉱物などの「無機物」が使用されているから。含有されている無機物が、優れた耐久性を生み出しているんですね。

ただし、「塗料の品質に差がある」「塗装するには高い技術が必要」といったデメリットもありますので、無機塗料を検討する際には信頼できる業者を見つけることも重要です。

外壁塗装の種類は、値段や耐用年数から考えて選ぼう

外壁塗装用塗料は種類が豊富なため、何を基準に選んだらいいのか迷ってしまいますよね。塗料を選ぶ際には、まずは信頼できる業者を探し、塗料の品質をよく確認することが重要です。その上で値段と耐用年数を照らし合わせ、よりコストパフォーマンスが高い製品を選択するようにしましょう。

また、「寒い地域なので暖かく暮らしたい」「ひび割れを防ぎたい」といった具体的な希望がある場合には、しっかりと業者に伝えることも大切です。よく吟味し、ご自身の予算やニーズに合った塗料を選択してください。

HOME

24時間スピード対応! 見積・相談無料

電話でのお問い合わせ・ご相談

しつこい営業は一切しませんので、
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのご依頼・お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせフォーム

~Q&A~

「外壁塗装」に関するQ&A

Q&Aの一覧を見る